MBTIで相性チェック!あなたにぴったりのタイプはどのタイプ?

MBTIって知ってますか?
今SNSで話題になっている、16タイプに分類される性格診断テストのことです。

今回はそのMBTI診断を使って、相性のいいタイプをご紹介していきたいと思います。

まずはこちらから診断してみましょう。
https://www.16personalities.com/ja

タイプ別恋愛観

自分のタイプはわかりましたか?
では、自分のタイプがわかったところで、まずはタイプ別の恋愛観をご紹介していきましょう。

建築家(INTJ):恋愛については用心深く消極的でどちらかというと苦手なため理想の相手を見つけるのはなかなか大変。

論理学者(INTP):知性があり、少し消極的。でも気を許した相手や好きな相手には男女問わず心を開き天真爛漫な一面も。

指揮官(ENTJ):デートプランやアプローチ方法は計画的にしたいタイプ。
人間関係においても恋愛においてもリードして主導権を握りたい。

討論者(ENTP):アイデアを出したり、物事を進めることが得意で恋愛でも同様にアプローチ上手。ただし、熱しやすく冷めやすい。自分と似ているタイプとはぶつかりやすく要注意。

提唱者(INFJ):恋愛関係も友人関係も深く狭くのタイプ。
一途で遊びの恋は出来ず、本当に好きになった人しか付き合うことはない。
結婚相手に向いているが、このタイプの人は少ない。

仲介者(INFP):ゆっくりと愛を育んでいきたいタイプ。一般的にどんな性格の人とも仲良くなれる。見た目や地位、お金などの表面的なものではなく、内面重視。

主人公(ENFJ):かなりモテて一番恋愛上手なタイプ。妥協はしないで自分の理想をしっかり持っている。無駄な駆け引きはせず、好きになると積極的にアピール。

広報運動家(ENFP):恋愛に重きをおいていて、情熱的で温かく気さく。
結婚願望が強く、結婚についての理想や希望を持っている。
ただし恋愛にのめり込みやすく影響を受けやすいいので注意が必要。

管理者(ISTJ):まじめで誠実で家庭的。平凡な恋愛を好むタイプ。
ドラマなどで描かれるような平和な結婚生活を夢見ている。
日本人には一番このタイプが多い。

擁護者(ISFJ):愛情深いが、恋愛に対しては拒否されるのが怖くて自分からのアプローチは苦手。自分がリードをするよりもされる方が〇。

幹部(ESTJ):自分の意見がしっかりあるため、相手も優柔不断で自分の意見がはっきりしないタイプは苦手。 責任感が強く浮気はしない。

領事官(ESFJ):いつでも真剣で遊びの恋愛はしない。結婚願望が強い。
お互いに意見を尊重しあい高めあえる関係が理想。

巨匠(ISTP):精神的にも身体的にもパーソナルスペースは確保したいし、束縛は絶対×。クールで愛情表現は苦手だが、心を開くと意外と誠実。

冒険家(ISFP):ミステリアスで距離をつめるのが難しい。
長くつきあっていても「そんな一面があったのか」と思われることも。
長期的な計画は苦手なため、計画は相手に立ててほしいと思う。

起業家(ESTP):恋愛に対しては、安定よりも刺激をもとめがち。
アクティブな人が多く、相手も同じようにアクティブでいてほしい。

エンターテイナー(ESFP):社交的で自由奔放でエネルギッシュ。
恋愛にも変化や新鮮さをもとめる。恋愛には積極的で心から楽しんでいる。

相性の良いタイプはどのタイプ?

それぞれの恋愛観がわかったところで相性のいいタイプをご紹介していきましょう。

建築家(INTJ)×領事官(ESFJ)

どちらかといえば一人を好み、人付き合いが苦手な建築家タイプと相性がいいのは、社交的で思いやりが強く人に尽くすことが好きな領事官タイプ。

正反対の2タイプなのでお互いの自分にない部分を埋めながら、領事官タイプの広い心で建築家タイプのこころを包んでくれます。

論理学者(INTP)×エンターテイナー(ESFP)

人見知りで恋愛に対しては消極的な論理学者タイプと、恋愛に積極的で社交的なエンターテイナータイプ。
エンターテイナーの明るい社交性で論理学者の良い部分を引き出してくれます。

お互いの弱みをカバーしあえて尊敬しあえる関係になれます。

指揮官(ENTJ)×擁護者(ISFJ)

指揮官タイプはその名のとおり計画を立てたりリードする方が好きです。

そのため、恋愛に関しては少し消極的でリードされたい擁護者タイプとの相性が〇。二人での旅行やデートプランを決めるときも、揉めづらくスムーズにいきやすいです。

討論者(ENTP)×冒険家(ISFP)

討論者タイプは、自分と反対のタイプやちょっと変わった人に惹かれがち。
冒険家タイプはミステリアスで一筋縄ではないところがあります。
そういった部分に、討論者タイプは魅力を感じ惹かれやすいです。

提唱者(INFJ)×幹部(ESTJ)

どちらのタイプもしっかりと芯があり、まじめで誠実です。
大人数でわいわい騒ぐというよりもゆったり落ち着いた関係を望むため、2人のペースで落ち着いた恋愛を楽しめそうです。

仲介者(INFP)×起業家(ESTP)

ゆっくり関係を育んでいきたい仲介者タイプと安定より刺激がすきな起業家タイプ。

一見正反対の2つのタイプですが、刺激的な起業家タイプと一緒にいることで恋愛面でもその他の部分でも仲介者タイプの人の才能が開花しやすく新しい視野を広げることができそうです。

主人公(ENFJ)×管理者(ISTJ)

主人公タイプはその名のとおり、輪の中心にいて社交的です。

管理者タイプはまじめで責任感が強いため、自分にはない部分を持っている主人公タイプに惹かれやすいです。

どちらも人にあわせることができるので安定した関係を築いていけます。

広報運動家(ENFP)×巨匠(ISTP)

どちらのタイプも相手に束縛されたり、依存されるのが苦手なため、お互いにとってちょうどいい距離感で過ごすことが出来ます。

また、お気楽タイプの広報活動家を巨匠タイプがほどよいセーブ役になってくれるでしょう。

相性イマイチなタイプは?

次は、相性イマイチなタイプもご紹介していきましょう。

建築家(INTJ)×エンターテイナー(ESFP)

一人が好きで消極的な建築家と自由でエネルギッシュなエンターテイナーはお互いが理解できず、衝突する可能性が。お互いの良いところを消してしまいます。

指揮官(ENTJ)×冒険家(ISFP)

指揮官タイプは気まぐれだったり感情の読めない人が苦手です。

冒険家タイプは型にハマらず何を考えているかわからない部分があるため指揮官タイプは苦手なのです。

主人公(ENFJ)×巨匠(ISTP)

明るくみんなで仲良く過ごしたい主人公タイプとマイペースに自由に過ごしたい巨匠タイプ。
巨匠タイプは協調性をもとめられるのが嫌いなので、主人公タイプには付いていけないことが多いです。

提唱者(INFJ)×起業家(ESTP)

空気を読んで周りに合わせる提唱者タイプにとって、あえて空気を読まず人目を一切気にしない起業家タイプはとても苦手なタイプです。
もうちょっとみんなに合わせようよと思ってしまいます。

幹部(ESTJ)×仲介者(INFP)

幹部タイプは恋愛においてもはっきり意見を言い合える関係が理想で繊細すぎる人が苦手です。そのてん、仲介者タイプは奥手でシャイ。
意見をはきはき伝えるタイプではなく繊細な部分が多いため幹部との相性はあまり良くないでしょう。

領事館(ESFJ)×論理学者(INTP)

どちらのタイプも支配されたり理詰めされるのが嫌いです。
しかし、この2つのタイプは似ていて論理的なところがあるため、
お互いにイライラしてしまうかもしれません。

擁護者(ISFJ)×討論者(ENTP)

討論者タイプは変わった人が多く、ふざけあったりするのが好きで落ち着きがないタイプ。一方、擁護者タイプは受け身で落ち着いた人が多く、平和主義です。

しっかり者を好むため、討論者タイプは擁護者タイプの理想と反対のタイプのため相性は×。

管理者(ISTJ)×広報活動家(ENFP)

まじめで知的なタイプの管理者タイプに比べて、
無邪気で子供っぽく好奇心旺盛な広報運動家タイプ。

管理者タイプにとって、広報運動家の天真爛漫な自由人の部分がいらいらしてしまいもっと落ち着いた大人の関係を築きたいと感じてしまいそう。

いかがでしたか?当たっている部分はありましたか?

相性イマイチなタイプも見方を変えれば自分に足りない点を補えたり、
事前に価値観が違う部分を共有できれば上手くいく可能性も高まります。

あくまで心理テストなので、当てはまらない部分もあるかもしれませんが、
今後の恋愛の参考にしてみてはいかかでしょうか。

また、気になる人がいれば一緒に診断して盛り上がってみてください!

×