社内恋愛のメリット!職場でドキドキの恋愛を楽しむポイント

社内恋愛のメリット

社会人になって、出会いが減ってしまったと感じる人もたくさんいるかと思います。社会人に取っては、職場も大切な出会いの場ですよね。

ドラマの中で描かれる、「職場内の秘密の恋」に、憧れる人も多いはず!その半面、社内恋愛って難しそう!そんな風に思う人も多いのではないでしょうか。
確かに、同じ職場ということで気を使うことも多くなりますし、何より社内では付き合っていることを秘密にしたいという人も多く、大変なイメージもあるでしょう。

でも、職場内で恋愛をするのって、メリットもとても多いんです。今回は出会いを探している社会人の方に向けて、社内恋愛のメリットや職場の方との恋愛をする上での注意点・ポイントをご紹介していきたいと思います。

社内恋愛・職場恋愛のメリットは?

先程もご紹介した通り、社内恋愛・職場恋愛では周りの目が気になったりと、心配事がつきものではありますが、逆に大きなメリットもたくさんあります。

アプローチがしやすい

アプローチがしやすい - 社内恋愛のメリット

社内恋愛のメリットは、お付き合いをする前にもあります。

素敵な人との出会いがあっても、なかなか会えずにそれっきりだったり、いいアピール方法がなくて知り合い止まり、なんてこともありますよね。でも、社内恋愛なら毎日職場で会うことができるので、どんどんアプローチすることができます!

仕事中はもちろん、休み時間や飲み会など、話す機会がいっぱいあります。話す機会がいっぱいあるというのは、親しくなる機会がいっぱいあるということ。仕事という共通の話題も多いですから、話も弾みやすいです。

また、仕事を通して、自分の良いところをアピールすることもできます。仕事のできる人、気配りができる人、というのは、男女ともに憧れますし、人として魅力的に映ります。

そのため、目の前で仕事の様子を見せることができるのは大きなメリットになるでしょう。

でも、気になる人だけに話しかけすぎたり、気を使いすぎたりして、周りに好きなことがばれないように気をつけましょうね。噂になってしまったり、社内で必要以上に近づきすぎることで、相手を困らせたりすることは避けましょう。

社内恋愛には安心感がある

社会人の出会いといえば、合コンや婚活パーティなどがありますよね。でも、そういったところで出会った人が相手だと「仕事や収入で嘘をつかれていた!」「既婚なのにだまされていた!」なんて問題が起こることもあります。でも、同じ職場の人間なら、そんな心配もないですよね。

仕事を通して、人となりもわかっていますし、きちんと相手のことを知って、好きになってから付き合いを始められるので、安心です。

毎日様子を見ているので、忙しいときなども、状況をみて見守ることもできますし、気を使ってあげることもできるので、余計な気を回したり、探ってみたり、と言ったことも必要がなく、安心できます。

また、残業、飲み会などと嘘をついて別の人と会っていたというのは、よくある浮気のパターンですが、同じ職場なら、全て筒抜けですので、そういった浮気の心配がないのも安心できるところです。

仕事がより楽しくなる

仕事が楽しくなる - 社内恋愛

出勤すれば、彼・彼女に会える!と思えば、毎日の仕事も楽しくなります。

相手に良いところを見せたい!と張り切ったり、頑張ってみたり、そんな風に仕事をするのが楽しくなれば、とても良いですよね!

同じチームやプロジェクトを担当していれば、一緒に力を合わせて仕事をすることもあるでしょう。気持ちの通じ合った恋人同士なら、そんなときもお互いの気持ちがわかりやすく、仕事の結果も良い方向に向かうかもしれません。

苦しい仕事でも、一緒に乗り越えようと思うと頑張れる気がしますよね。同じ仕事をこなすことで、信頼関係も強くなります。

恋人でもあり、仕事の良きパートナーでもあるなんて、素敵ですし、憧れますよね。

恋人と毎日会える

アプローチのしやすさでも言いましたが、付き合ってからも、職場で毎日会えるのはメリットです。何より、好きな人に毎日会えるって幸せですよね!

職場が別だと「週に一度、休日に会えればいい方」「今月は一度もデートの機会がなかった」となってしまうこともあり得ますが、同じ職場なら毎日顔を合わせるので、恋人とはいつも一緒にいたいタイプの人には職場恋愛はおすすめです。

一緒に通勤したり、一緒にお昼休憩を取る、退社後にデート・・・など、特別にデートの時間などを取らなくても、ちょっとした時間を一緒に過ごすことがいつでもできます。そのため、変に寂しくなったり、会っていないうちに心変わりが、なんてことを心配する必要もありません。

お互いの生活リズムがわかる

同じ職場で働いていれば、出社時刻は一緒ですし、残業などの様子もわかります。

繁忙期などもわかるので、今は忙しいから仕事に集中しよう!お家デートやリフレッシュできるデートにしよう!など、お互いの仕事に合わせた付き合い方がしやすいのも魅力です。

職場が違うと休みが違って、なかなか旅行などの遠出ができないということも多く、休みを合わせるのに必死になってしまったりもします。

でも、同じ職場なら、休日や長期休暇も同じ時期になるので、旅行やデートなどの予定が立てやすいですよね。

付き合う前や付き合い初めの頃などは、休みが合わずデートもなかなかできないうちに自然消滅!なんてこともありますから、休みが一緒というのは安心できるポイントです。

共通の話題が多い

共通の話題が多い - 社内恋愛のメリット

同じ仕事をしている訳ですから、もちろん共通の話題も自然と多くなりますよね。

付き合い初めのデートのときなど、普通なら会話が途切れがちのときも、職場が一緒なら話題に困りません。

仕事の話はもちろん、飲み会での話や職場で流行っているものの話など、楽しく話せる共通の話題が多くなるのは、職場恋愛のいいところです。

人は同じ体験をした人、同じ思いを共有した人と親しくなりやすいです。同じ職場なら、同じ仕事をすることもありますし、仕事上の苦労も同じで、より共感しあえ、仲が深まるかもしれません。

仕事の相談ができる

同じ仕事をしている仲間だからこそ、仕事の相談や人間関係の相談がしやすいというのもメリットの一つです。

特に女性は男性に悩みなど相談事をしたくなるものですが、仕事が違えば、仕事の悩みも人間関係も違うもの。一生懸命説明するだけでも時間がかかりますし、相談しても「わかってもらえない!」とお互い嫌な思いをすることもあります。

その点、同じ職場なら、仕事の内容も上司や同僚などの人間関係もお互いよくわかっているので、話がしやすいです。お互い同じような思いを持っていて、悩みをわかりあえることも多いでしょう。

悩みを相談できる人が近くにいれば、ずっと悩みを抱えなくて済みますし、相手の役に立ってあげることもできるので、お互いにいい気持ちで過ごせます。

普段の姿がわかる

デートのときなど二人きりで会うときとは違う、同僚などと話す姿や、仕事に対する姿勢など、普段の素の様子が見えるのも、社内恋愛のいいところです。

仕事をする中で、普段の人となりが見えてくるので、相手のことをよりよく知ることができます。

相手のだめなところや頑張っている所など、素の様子が見えるため、よりお互いのことがわかり、もっと仲が深まることもあるでしょう。

結婚も考えているのなら、普段の様子を知っているというのは、とても安心できますよね。

社内恋愛のポイント

どうでしたでしょうか。社内恋愛ってメリットがたくさんありますよね。

でも、もちろん良いことだけではありません。デメリットもたくさんあります。良い恋愛をするために、社内恋愛をする上でのポイントを確認しておきましょう。

社内恋愛は秘密にしよう

社内恋愛のポイント - 秘密にする

社内に恋人同士だということがばれてしまうと、からかいややっかみ、嫉妬などに合うことになるかもしれません。「人の目が気になって、別れてしまう」なんてこともありますから、やっぱり社内恋愛は秘密にした方が良いでしょう。

秘密にする場合は、しっかりルールを決めておきましょう。お互い話をあわせられるようにしっかり決めておかないと、あとから喧嘩になることもあるので注意が必要です。

仕事とプライベートをしっかり分ける

仕事は仕事、プライベートはプライベートときっちり線引きをすることが大事です。

仕事場で必要以上に話したりふれあったりするのは、マナー違反ですし、見ていて気持ちのいいものではありません。公私混同は職場の仲間にはもちろん、恋人にもいやがられてしまいます。浮かれすぎないように注意しましょう。

また、プライベートに仕事を持ち込みすぎるのも厳禁です。仕事の話や相談ができることは社内恋愛のメリットでもありますが、恋人といるときは仕事から離れて癒されたいという人もいます。相談できる、わかってくれるからと言って、仕事の話ばかりしないように注意しましょう。

社内に味方を作ろう

社内に一人、心を許せる人に関係を打ち明けて、味方になってもらいましょう。バレそうなときにごまかしてもらったり、自分では気づけないような失敗を指摘してもらったり、助けてくれる人がいると心強いです。

最高のパートナーを手に入れよう

社内恋愛のメリットとポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

社内恋愛は大変なこともありますが、秘密にして上手い距離感で過ごせば、仕事のこともわかりあえる最高のパートナーを手に入れることができます。

職場に気になる人がいるという方は、ぜひこの記事を参考にして、素敵な社内恋愛をして下さいね!