長続きするカップルって?恋人といつまでもうまくいく方法

長続きするカップルって?恋人といつまでもうまくいく方法

好きな人とはずっと一緒にいたいということは誰でも考えることでしょう。

そんな風に思っているのに、大好きな人とせっかく付き合うことができても、あまり長続きすることがなく、スグに別れることになってしまう・・・という恋愛の悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、恋人と長続きする方法についてご紹介していきます。

恋人と長続きするには?

どんなことに気をつけていれば、いつまでも幸せな長続きするカップルになれるのでしょうか?

愛情表現をしっかりする

愛情表現をしっかりする - 恋人と長続きする方法

抱きしめ合ったり、「好き」「愛している」などの言葉を伝えるなど、愛情表現をお互いにしっかりとする様にしましょう。お互いの気持ちを伝え合うことが一番大事なことです。

きちんと愛情表現をして言葉を交わしていれば、相手の気持ちに不安になったりすることもありません。

また、気持ちをいつでも伝えてお互いの気持ちを確認し合うことで、いつでも新鮮な気持ちで相手のことを思うことができます。

普段から「好き」と伝える、言われたら「嬉しい」と気持ちを伝えて、自分も好きだと返す。そうして、お互い気持ちを伝え合うことを忘れない様にしましょう。

感謝の言葉を伝える

感謝の気持ちを伝える - 恋人と長続きする方法

感謝の気持ちはきちんと言葉にして伝える様にしましょう。お互いへの感謝の気持ちを忘れないカップルは長続きします。

一緒にいる時間が長くなったり、仲良くなればなるほど、いろいろなことが当たり前になって感謝の言葉を言うことが減っていってしまいます。

ちょっとしたことでも、当たり前だと思っているようなことでも「ありがとう」と伝えることを忘れない様にしましょう。

「メールをくれてありがとう」「会ってくれてありがとう」「好きでいてくれてありがとう」そんな風に感謝の気持ちや嬉しい気持ち、幸せだという気持ちを恋人に伝える様にしましょう。

感謝の気持ちを伝える様にすると、「恋人が自分のことを好きでいてくれて一緒にいてくれる」「自分のことを理解してくれている」それが特別なことだと普段から感じることができ、恋人の存在をより大切に思うことができます。

感謝を伝えることで、相手を大事にしていることも相手にきちんと伝わって、お互いを自然と信頼することができる様になります。

価値観の違いを受け入れる

考え方や金銭感覚など、お互いの違いを受け入れることは大事なことです。どちらか一方の考えを押しつけたり、否定したりするのではなく、違う生き方や考え方もあるということをきちんと受け止めて、相手の考えも尊重する様にしましょう。

お互いの意見が食い違ったときには、相手の考えをしっかり聞いて受け止めることはもちろん、自分の気持ちも隠したりせずにしっかりと伝えることが大事です。

自分の気持ちに共感が得られないということはショックな事もあるかもしれません。しかし、育った環境等によって価値観は違うのは当たり前のことです。

価値観が違うと、誤解が起こりやすくなります。相手がどうしてそんな行動をするのか、自分が何を考えているのか、お互いに考えたり、伝え合う様にして、お互いの価値観の違いを受け入れたり、譲り合える様になりましょう。

不安なことは話す

不安なことを話す - 恋人と長続きする方法

恋愛をしているとお互いの気持ちに不安になることがあります。そんなときは自分の中にため込んだりせずに相手にきちんと話しましょう。

相手を疑っていると思われたくない、嫌がられるかもしれないという気持ちもあるでしょう。

しかし、不安なことがある時には素直に不安に思っていることを伝えてしまった方が、誤解も起こらずに安心できます。相手を疑わずに済む様に、不安に思ったことはまだ小さいうちさり気なく言ってしまいましょう。

不安は溜め込んでいると、ストレスになり、相手に対する不満に変わっていきます。小さなことでもすぐに相手に伝える様にして、不安なままにしないことが大事です。

お互いの生活を尊重する

仕事や趣味、家族や友人関係など、恋人と会う以外の時間も充実しているカップルは長続きします。

いつも相手と一緒にいたい、一緒にいないと不安、そんな風になっていませんか?相手を束縛せずに、お互いの時間を大事にしましょう。

長続きするカップルは、お互いに一緒にいない時間も充実しています。そして、お互いの生活に理解があって、相手の気持ちを尊重することができます。

お互いへの依存が強いとちょっとしたことでも不安になったり、悩んだりしやすくなります。

充実した生活をするように心がけて、相手に依存しすぎないようにしましょう。

相手の忙しさや楽しみなどを理解し、相手と会えない時は別の楽しみを持つようにしましょう。相手の大事にしているものを理解して、お互い別の時間も大事にできる様にしましょう。

相手が忙しい時には、距離を置いたり、気遣ったり、相手を思いやる気持ちが大事です。

言いたいことは貯めない

嫌だと思うことがあったり、許せないことがあったりしたときも、我慢したりせずにはっきり相手に伝える様にしましょう。

ストレスを溜めているといいことはありません。

思ったことを伝えないままストレスを貯めていると、少しずつ嫌な気持ちが貯まっていきます。嫌な気持ちがたまってくると、ちょっとしたことでも、「また」と思ってしまって腹が立つ様になります。

ストレスがたまっていけば、いつか限界を超える時もくるはずです。そうなったときには相手のことを絶対に許せなくなっているかもしれません。

相手も突然今までのことを言われても困ってしまうので、お互いに冷静に話し合いをすることができなくなってしまいます。

言いたいことはため込まずにその都度、まだ小さいうちにしっかり伝える様にしましょう。

まとめ

恋人と長続きする方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

やはり大事なのは、どんなことでも素直に伝えることです。

常日頃から会話が多く、何でも話すことができるカップルは、お互いのことをよく理解しています。

その為、別れるような大きな喧嘩もなく、長続きすることができるのではないでしょうか。