自然消滅したくない!恋愛を自然消滅で終わらせないためにできること

自然消滅したくない!恋愛を自然消滅で終わらせないためにできること

「相手から連絡がないと思っていたら別れたことになっていた」
「忙しくて連絡していないうちに相手に別の相手ができていた」

そんな風に恋愛が自然消滅で終わるということは珍しい話ではありません。大好きな人と自然消滅しないためにはどうしたら良いのでしょうか?

自然消滅とは?

自然消滅とは、付き合っていた二人が別れの言葉を伝えることなく交際を終えることです。

少しずつ、もしくはいきなり連絡が取れなくなって、そのまま時間がすぎ、別れたといわざる終えない場合がほとんどです。

そのため、1ヶ月連絡なしで別れたと思っている人もいれば、3か月連絡していなくてもまだ別れているつもりじゃなかったという人もいるようです。

お互いに別れの意思を確認しないままなので、次の恋愛にいきづらいですし、場合によってはなぜ別れたのかがわからないため、モヤモヤが残ったりもする人もいるでしょう。

自然消滅になる原因・理由は?

自然消滅の原因・理由は?

自然消滅する理由はどんなものがあるでしょうか?

基本的に、どちらか一方もしくは両方が別れ話をするのが嫌だった場合に、自然消滅は起こりやすいです。

振ったり振られたりして相手を傷つけたり自分が傷つくのが嫌な場合、相手に「別れない」といわれたら困ると考えている場合、相手と話し合ったりするのが面倒と感じている場合、相手と話すこと自体が嫌だと感じている場合もあるでしょう。

そのようなときに相手と別れ話をしなくて済むように、音信不通の状態にして自然消滅を狙います。

それ以外にも、どちらかが振られた、別れたと勘違いしていて起こるのも自然消滅の特徴でしょう。大きな喧嘩をしたあとや気まずい思いをしたあとに、失敗したから振られてしまったんだと片方が思い込んで恋を終わらせることもあります。

自然消滅は後悔する可能性が高い

相手や自分が傷つくことが苦手な人や別れ話が面倒な人にとって、自然消滅は簡単に別れる良い手段かもしれません。決定的な言葉をもらわないで済んだ分、傷つくことも少ないかもしれませんね。

しかし、自然消滅はデメリットも多いです。特に相手が自然消滅を狙っている場合は避けた方がいいでしょう。

自然消滅は、はっきりとした言葉がないためにいつまでも気持ちを引きずってしまうことがあります。決定的な言葉がないので、別れたのか別れなかったのかわからないまま、無駄な月日を過ごすことにはなりたくはないですよね。

また、何が悪かったのか、何もわからないまま傷ついて、その気持ちが今後の恋愛にも影響することがあります。

相手を振る場合も、話し合いをせずに自然消滅を謀るのが当たり前になってしまうと、自然消滅したくない場合もどのように相手と思いをぶつければ良いのかわからないようになってしまうかもしれません。

自然消滅しやすいのはどんなとき?

自然消滅しやすいのはどんなとき?

気まずくなりたくなかったりめんどくさくなったりで、自ら自然消滅を狙う人もいれば、別れたくはないけれど相手に何と連絡を取れば良いのかわからないうちに自然消滅したことになっていたという人もいるでしょう。

それでは、自然消滅はどんなときに起こりやすいのでしょうか?

気まずい思いをしたあと

デートが上手くいかなかったり、失態をおかしてしまったりしたあと、気まずくて連絡が取れなくなってしまったという人は少なくありません。どう話しかけていいか悩んでいるうちに面倒になってしまったり、時間が過ぎてしまって、自然消滅してしまうのです。

特に付き合い始めだと、恋人関係になったことが「なかったこと」になってしまうこともあります。別れたくないと考えているのなら、気まずい思いを放っておかないようにする必要があるでしょう。

遠距離恋愛中

遠距離恋愛は良くある自然消滅してしまうパターンですね。近くにいないと相手のことがわからないため、お互いに不安になって面倒になってしまったり、好きな気持ちがだんだん薄れてきたりしやすいものです。

初めのうちは連絡を取っていてもなれてくるとなかなか、用事もないのに連絡を取ろうという気持ちもなくなってきたりします。しばらく連絡しないでいて、久しぶりに連絡したらもう別れたと勘違いされていたというのも良くある話です。

用事がなくても連絡したり、お互いの思いを確認する時間を取った方がいいですね。

大げんかをした後

大げんかした後 - 自然消滅しやすいのはどんな時?

大げんかをした後も自然消滅しやすいので、注意が必要です。

「相手が謝ってくるのを待っていたら振ったことになっていた」
「ほとぼりが冷めるまでと思って連絡しなかったら別れたことになっていた」
「どう謝って良いのかわからずにそのまま自然消滅ということにしてしまった」

そんな風に喧嘩を放っておいてそのまま別れてしまいます。

喧嘩について話し合いをしないまま自然消滅してしまうので、後味の悪さを感じることも多いでしょう。

喧嘩をしたら早めに仲直りのための手段をとらないと自然消滅になって、後悔することになるかもしれません。

忙しいとき

忙しくてなかなか会えず、連絡もできていなかったら自然消滅してしまったというのも良くある話ですね。相手が忙しいといっていたからあまり連絡しないようにしていたら、別れたと思われていたというのもあるようです。

忙しいとつい連絡を忘れてしまうという人は気をつけた方がいいでしょう。「忙しいということは伝えてある」と思っていても、ずっと連絡がなければ相手は不安になるものです。

会えない間に不満が募ったり、疑いを持ってしまったりしまいやすいです。「忙しいからと連絡をくれないのは、自分のことをそんなに好きではないからかも?」「自分のことを大切にしてくれていない証拠かも」といった風にマイナスにとらえられてしまい、そのまま心が離れてしまうことは少なくはないでしょう。

自然消滅が起こらないようにするには?

自然消滅が起こらないようにするには?

不安なことはきちんと話す

「失敗してしまった」「怒らせてしまった」そんな風にあなたが気にしていても相手は気にしていないときもあります。気まずい思いをして話ができなくなっているのはあなただけかもしれません。

「嫌われたかもしれない」「別れたいと思われたかも」なんて悩む前に不安な気持ちは相手に伝えるようにしましょう。

小さなことでも相手に伝えるようにすることで、問題が起こったときにも気持ちを伝えることができるようになります。

そうすれば、ちょっとしたことがきっかけで自然消滅へと向かってしまうことも防げるでしょう。

普段から話し合うようにする

普段から思ったことを話すようにして、何かあったら話し合うという形が取れるようにしておきましょう。

二人の間にきちんと話し合うという癖がついていれば、何かあったときも黙ってはなれたり、気まずくて連絡できないということもおこらないでしょう。

二人の仲を深めていくためにも、お互いの気持ちを伝えたり、話し合ったり、小さな喧嘩をするといった経験をしていった方がいいですよ。

忙しいときは連絡するタイミングを決めておく

忙しいときは連絡するタイミングを決めておく - 自然消滅の防止策

忙しくてあまり会えない、連絡も難しいとなったときは、あらかじめ、次に会える日を決めておいたり、○日には必ず一度連絡すると決めて伝えるようにしましょう。そして、その日には必ず連絡すること。会うのは難しくても、「会えない」という連絡もしっかりするようにしましょう。

忙しいときは時が経つのがあっという間です。気がついたら一ヶ月経っていたとならないように気をつけなければいけません。用がなくても連絡する日を決めておけば安心ですね。

忙しい相手を待つ方も同じく、相手の負担にならないような期間を考えた上で、「しばらく連絡は控えるけど、○日には一度メールするね」と伝えておくようにしましょう。

まとめ

自然消滅を避けるためには、お互いの気持ちをきちんと伝え合う努力をしておくことが大事です。

不安な気持ちや気になることをいつでも気軽に話すようにしておけば、誤解を生むことはなくなるので、「気づかないうちに別れたことになっていた」「連絡を怠っていたら自然消滅と思われていた」となることは少なくなるでしょう。

ときには話し合いや小さな喧嘩も大切です。もちろん、そういったことを面倒だと考える相手もいるかもしれないので、注意は必要です。しかし、お互いの気持ちをきちんとぶつけ合える関係性が気付けないのなら、それはそこまでの相手なのかもしれませんね。