お花見デート成功術!気をつけたいポイントとは?

お花見デートを成功させるポイント

暖かくなってきて、もうすぐ桜の季節ですね!

彼氏・彼女、気になっているあの人と、お花見デートをしたい!そう思っている人も多いですよね。綺麗な風景を二人で眺めるのは、ロマンチックで憧れます。

桜の季節は一年に一度だけですから、しっかりと楽しんでいい思い出にしたいものです。でも、お花見ってどこもとても混んでいて、いいデートにするにはなかなか大変なことも。

今回は、まだまだ寒い春に、楽しくお花見デートをするために気をつけたいこと、相手にいい印象をもってもらうポイントをまとめてみました。

お花見デートはいろいろ大変

桜は雨や風ですぐ散ることもありますし、特に満開の時期は短いので、お花見スポットはどこも人で大混雑していますよね。穴場と聞いて出かけたのに、意外と人がいっぱいということだってありますので、注意が必要です。

女性なら「お弁当を作って、彼に家庭的なところを見せたい!」という人もいるでしょう。食事をしながらのんびりお花見をしたいなら、尚更準備や気をつけておかなくてはいけないこともいっぱいありますよね。

桜並木をちょっと眺めにいこうというだけでも、道が人で一杯でなかなか前に進めないなど、長時間外に居続けることになることもありますので、やっぱりいろいろと用意していくことが必要です。

せっかくのお花見デートを楽しみたいのなら、持ち物や計画等、しっかりと準備をしていきましょう!

お花見シーズン以外でも、夏の花火やお祭り等にも使える情報もありますので、人の多い屋外でのデートを考えている方は、ぜひ、今回の記事を読んで、参考にしてみて下さいね。

お花見デートはしっかりと計画を立てるのが重要

お花見デートはしっかりと計画を立てるのが重要

お花見の季節は短いです。風や雨で桜が思ったよりも早く散ってしまうこともあります。また、この時期は天気が崩れやすく、せっかく出かけていったのに、雨が降って台無しになってしまうことも考えられますので、注意が必要です。

お花見デートは早めに誘おう

行こう行こうと思っているうちに、気がついたらお花見のシーズンが終わって梅雨の時期に入ってしまっていた・・・なんてことになったらせっかくのデートのチャンスを逃してしまいますし、一年に一度の花見に行けなくてとても悲しいですよね。

気になるお花見会場を早めに調べて、開花予想をしっかりチェックしておきましょう。

ある程度の日にちを決めたら、早めにデートに誘うのが吉!何部咲きぐらいになってきたら、なんて考えていると、せっかくの機会を逃してしまうかもしれません。

「お花見に行きましょう」とだけ伝えて、なかなか日付が決まらないとなるとお互いに気疲れしてしまいますので、いくつかお花見スポットを決めて、日付は指定してしまった方が印象がいいです。

カップル・恋人同士で話し合えるようなら、数日、花見のために日付を空けておいてもらうと、良い花見のタイミングを逃さずにいいですよ。

雨天のための別のプランも用意して出かけよう

雨天のための別プラン

春の天気は移ろいやすいです。晴れていたのに急に雨が降ってくることもあります。そんな時の為に、花見デート以外の別のプランも用意しておくほうがいいですよ。

急に天候が悪くなってしまい、他のプランをその場で悩んでいるうちに時間が経ってしまって、せっかく一緒にお出かけをすることができたのに、がっかり・・・なんてことがないように、デート当日までに計画を立てておきましょう。

男性の場合は特に、急な天候の変化に合わせてスマートに別の楽しいデートプランを出せると、「エスコートしてくれる素敵な男性」という、いい印象を与えることができますからね!

雨が降り始めてきてしまったら、花見会場の近くの施設には、同じように雨宿りにきている人たちで混雑することが考えられます。お花見は諦めて、映画を見に行くなど、別のデートプランに切り替えることをお相手に提案してみましょう。

ただ、せっかくのお花見気分を台無しにはしたくない!という場合には、桜のスイーツ等が食べられるお店等を見つけておくのもおすすめ。もし、雨が降らなかったとしても、次回のデートの約束を取り付けるいい口実になるので損はないですよ。

当日の計画は共有しておこう

当日の計画は共有しておこう

お花見はいろんなタイプのものがありますよね。お祭りのような出店や催し物があるものやレジャーシートを敷いてゆっくりと楽しむもの、遊歩道を歩くようなもの等、様々です。

特に女性はお弁当を作っていくか?等、気をまわすことが多いので、どんなタイプの花見会場なのか、その場でお昼を食べるのかレストラン等へ行くのか、その場で食べるのなら用意してくるのか出店等で買うのか、などなど、計画はしっかり決めて、お相手に伝えておいた方が、お互いに間違いがなくていいですよ。

トイレの場所は必ずチェック

屋外でのデートならば、気をつけておきたいことの定番なのがトイレの場所のチェックですね。特にお花見では、ジュースやお酒を飲む人が多いですから、トイレに長蛇の列ということもありますし、遊歩道などでは近くにトイレがない場合もあります。

会場のトイレだけではなく、近くにトイレが借りられるコンビニやお店、施設がないかも、しっかりチェックしておきましょう。

カフェやレストランなど休憩できる場所もチェックしておこう

ちょっと歩くつもりが思ったよりも時間がかかってしまったり、お花見会場では食べ物や飲み物の匂い、人ごみで酔ってしまうことも考えられます。

疲れてしまったときのことも考えて、少し休憩することができるようなカフェやレストランをお花見会場近くで見つけておくと、いざという時に助かることも。

お花見にあると便利なアイテムは?

お花見にあると便利なアイテムは?

お花見に、持っていくと便利なアイテムを紹介します。きちんと準備をしておいて当日忘れてしまった!ということがないようにして、お花見デートを満喫できるようにしておきましょう。

デート中の色々な場面で活躍するウエットティッシュ

ハンカチ・ティッシュはもちろん、ウエットティッシュを用意しておくと便利ですし、気が利く人として、印象アップですよ。

ウエットティッシュは、お弁当を食べるなら必ず用意しておきたいですし、出店等で売っている物を食べたくなったときなどにも使うことができます。

食事の前後に手を拭くのはもちろん、口を軽く拭ったりなど、普通のティッシュではなくて、ウエットティッシュの方がいいですよね。特に出店などで売っているものを食べるときは手が汚れやすいので、注意が必要です。

他にも、外にいる訳ですから、手が汚れることもあるかもしれません。そんなときにちょっと手を洗いたいなと思っても、手洗い場がとても混んでいて、並ばないと洗えないこともあるでしょう。そんなときにウエットティッシュがあると便利ですよ。

ゴミを入れられるビニール袋

花見会場はゴミ箱が用意されていないこともあります。広いお花見会場ではゴミ箱を探すのにも一苦労しますし、出店などで買って食べたもののゴミをずっと手に持ったまま移動、というのも嫌ですよね。

そんなときのために、ビニール袋等をゴミ袋代わりに持っていきましょう。

ブランケットやホッカイロ

ブランケット

お花見の時期は、春とはいえまだまだ寒い季節で、寒暖差もあります。

せっかくの楽しいお花見デートも寒いと台無しになってしまいますから、しっかりと防寒対策をしていきましょう。

暑くなってしまうことも考えられますので、着込んでいくというよりは、マフラーやストール、ブランケットやホッカイロ等、寒いときにちょっと使えるものを持っていくと便利です。

カフェインレスの暖かい飲み物

ホットドリンク

食べ物は現地のテイクアウトのお店や出店で買うのも楽しみですが、お茶ぐらいの簡単な飲み物は、家から持っていく方が安心です。

花見会場や付近のコンビニ等は花見客で一杯なので、飲み物を買うだけでも並んで一苦労です。

せっかく花見にきたのに飲み物のためだけに長時間並んで時間をつぶすのはいやですよね。食事は別でとるとしても、人ごみの中を長時間歩くので、飲み物があると気持ちも落ち着いて安心ですよ。

まだまだ寒い春ですから、暖かいものを用意すると便利です。保温性がある、軽めのステンレスボトル等で用意するといいでしょう。お弁当を用意してゆっくりするつもりなら、紙コップも用意しておきましょう。

女性ならば、ちょっとしたスープ等を用意するのも好印象ですよね。

ただ、先程もご紹介していますが、お花見会場のトイレは長蛇の列ができていることが多く、何度もお手洗いに行きたくなると大変ですので、麦茶やルイボスティ等、カフェインレスのものがおすすめです。

2人で使えるサイズのレジャーシート

お花見会場は、同じように花見にきた人で一杯です。公園でもベンチが空いていない可能性がありますし、空いていても直に座るにはちょっと・・・ということも。

お弁当を作ってくる等、その場でゆっくり食事をするときはもちろん、ちょっと歩き疲れたときの休憩にレジャーシートがあると便利です。

食事もするなら、食べ物や飲み物、バッグ等をおけるように大きめなものがいいですが、休憩にちょっと座って桜を眺める程度ならば、2人用の小さいものがバックの中でかさばらずに便利ですよ。

急な雨にも対応できる折り畳み傘

春の天気は移ろいやすく、天気予報で晴れと言っていても通り雨が降ることもあります。いざという時のために、鞄には折り畳み傘を用意しておきましょう。

通り雨程度ならば、相合い傘でそのまま雨のお花見デートもロマンチックでいいかもしれません。

桜の花びらは傘につくと取れにくいため、家に帰ったら早めにきれいにしておくようにしましょうね。

一番大事なのは楽しむ気持ち

最後に、お花見デートで一番気をつけたいことは、「楽しむ気持ち」です。

「混んでて大変」「疲れた」など、人混みの中に長時間いると、ついつい、不満などマイナスの言葉が出てしまいがちです。でも、それは一番相手をがっかりさせてしまいますよね。

マイナスな言葉を言わなくて済むように、しっかり事前の準備をして、ぜひ、お花見デートを楽しんできて下さい。

また、ラブサーチマガジンでは、女性からのデートの誘い方など気になる異性へのアプローチ方法についても紹介していますので、合わせてチェックをしてみてくださいね!