また素敵な恋がしたい! 50代、最後の恋の始め方。

仕事や子育てに忙しく、気付いたら50代に。

やっと自分の時間が出来たとき、ふと、また恋愛をしたいと思っている人は少なくないのでは?

でも、今さら恋愛なんて・・・と消極的になっていたり、恋の仕方を忘れてしまったと感じている人も。

大人になった今だからこそ、若いころとは違う恋愛を楽しむことができます。
ぜひ、この記事を読んで、人生で一番素敵な最後の恋を始めてみませんか?

20代と50代の恋愛観

若いころは、友人たちと集まると彼氏や彼女の話、結婚についてなど、恋愛話に花を咲かせていましたよね。

それが50代になると、周りは既婚者が多く、独身だったとしても年齢的に恋愛について会話するのが少し恥ずかしく感じだり・・・。

そもそも、10代や20代のころと50代での恋愛はどのような違いがあるのでしょうか。

刺激よりも落ち着き

10代、20代の特に前半のころは、落ち着いた恋愛よりも一緒にいるときのドキドキやトキめきがある方がよかったり、できるだけ一緒にいたい、連絡もたくさんほしいと束縛気味になったり、ああしてほしい、こうしてほしいと恋愛相手に求める要求が多くなることも。

しかし、大人になると、ドキドキ感よりも落ち着いた恋愛を求める人が多いです。

一通りのことは自分でできるし、精神的や金銭的にも自立しているので、恋愛に依存しにくいという特徴もあります。

恋愛を純粋に楽しめる

20代や30代では、恋愛の先に結婚を考える人も多いでしょう。

ただの恋人ではなく、将来の結婚を考えている場合、恋人であれば許せることも結婚となると仕事のことやお互いの家族のこと、お金や生活のことなど、いろいろと考慮しなければいけません。

しかし、50代になると一度結婚を経験していたり、結婚よりも自分の人生を楽しんでいるけれどプラスして恋愛も楽しみたいと必ずしも結婚がしたいという人ばかりではありません。

結婚を考えていなければ、いろいろな条件を考えずに純粋に恋愛を楽しむことができます。

また、子供がいる場合でも、子供も成人して親元を離れている人も多い年齢です。そのため、家族の事もあまり深く考えずに自分の恋愛に集中できます。

もちろん、落ち着いた恋愛で関係を進める中で結婚が選択肢に出てきたら入籍も可能なので、若い頃よりもリラックスして柔軟に恋愛を楽しむことができます。

相手を見る目が養われている

50代になると、恋愛に限らず人生の酸いも甘いも経験しています。

そのため、若い頃には気付けなかった自分の性格に気付けたり、人間を見極める目や生活においてのライフハックを学んでいます。

恋愛に慎重になる分、冷静に相手を見極めることができるのではないでしょうか。

50代からの恋愛のデメリット

50代だからこその、若いころには感じにくかった恋愛においてのデメリットもあります。

次はそんなデメリットをご紹介していきます。

一歩を踏み出しにくい

先ほど見る目が養われると記載しましたが、その一方で見る目が養われているからこそ、恋愛に対して一歩を踏み出すハードルが若い頃よりも高くなっています。

この年齢から恋愛なんて・・・とひけめに感じることもその要因に。
しかし、何事も最初の一歩を踏み出さなければ何もはじまりません。

恋愛がしたいと感じたら、自分の気持ちを大切にして思い切って一歩を踏み出してみてください。

出会いが少ない

やはり年齢が上がれば上がるほど、出会いは少なくなります。
そのため、恋愛したいと思ったなら自分から積極的に出会いにいかなければなかなか恋愛を始めることが難しいです。

騙される危険も

いつの時代も恋心を利用する悪い奴がたくさんいます。

特に恋愛から離れている時間が長いと、優しくされたりたくさん褒められると嬉しくてついつい相手を信用してしまうことも。

必要以上に疑心暗鬼になる必要はないですが、何事も甘い話には裏があります。

特にお金関連の話をされたら要注意!
詐欺の可能性が高いので、一度立ち止まって周りに相談することも大切です。

恋愛の始め方

いろいろとご紹介してきましたが、50代のミドルエイジからの恋愛の始め方はどうしたらいいのでしょうか。

出会いを探す

50代に限らず、恋愛をするには相手がいないとはじまりません。

先ほど記載したように50代になると、恋愛相手と出会う機会はかなり少なくなります。

自然に出会い、自然に恋愛に落ちるのもとても素敵ですが、現実はなかなか難しい・・・。

そのため、マッチングアプリや、パーティーなど、どんどん参加していきましょう。

ハードルが高いと思うかもしれませんが、実際に参加する勇気がなくてもとりあえず登録するだけでもOK!
自分が思っているよりも、恋愛したいと思っている人が多いことが実感できるのではないでしょうか。

また、素敵な相手がいたら自分から積極的にアプローチを!

同年代の場合、お互いに恋愛に消極的になっている可能性があります。
待っていては恋愛ははじまりません。どんどん声をかけていきましょう!

お互いの価値観や時間を大切に

若いときは、いつでも一緒にいたい!とか好きな人の色に染まりたい、自分にあわせてほしいと思う人も多いです。

しかし、50代からの恋愛で求めているのは、穏やかな時間だったり一緒にいるときの安心感です。

価値観を合わせたり、一緒にいる時間を無理に増やすというよりも、お互いの価値観や趣味、別々の時間を大切にすることが重要。

50代になれば、ずっと独身であったとしても結婚歴があったとしてもそれぞれ自分の生活のペースや自分のルールなどもあります。
そこを無理に合わせようとすると疲れてしまって、やっぱり一人の方が楽だと思ってしまいます。

必ず恋愛することが幸せではありませんが、せっかく恋愛したいと思ったなら楽しい恋愛がしたいですよね。

お互いに情熱を持った熱い恋愛もいいですが、50代の場合、恋愛は自分の人生をより豊かにするものと考えて、ベースの生活はあまり崩さず、無理のないお付き合いがおすすめです。

今までの恋愛観を捨てる

先ほど「人を見る目が養われている」と記載していて矛盾のように聞こえますが、思い切って今までの恋愛観、人生観を捨てて考え方をフラットにすることも大切です。

ミドルエイジになると、自己肯定感が下がる人がいる一方で、過去の経験から「これはこうだ」と決めつけて、自分の好みはこういうタイプとか金銭面でもバブルの時の感覚のままだったりと固定概念が強い人もいます。

では、若いころに好きだった、上手くいったタイプと付き合ったらまたうまくいくのでしょうか?

そんなことはありません。

なぜなら、若いころの自分と今の自分は違うから。

自分が違えば恋愛がうまくいくタイプも求める人も違います。
今までなら知り合う前から恋愛対象から外していた相手でも、向き合ってみると意外と今の自分にはピッタリだったということもたくさんあります。

そのため、一度自分をリセットして広い目で見てみることがとても大切なのです。

いかがでしたか?

この記事を読んで、少しは恋愛に対するハードルが下がっていたら嬉しいです。

記事内にも書きましたが、まずはマッチングアプリなどに登録するだけでもOKです。特に女性の場合は、アプローチの数も多いので「私ってまだまだこんなにモテるんだ」と自信につながるかもしれませんよ。

ぜひラブサーチに登録してその恋愛のお手伝いをさせてください!
ご利用をお待ちしています!

×