告白のチャンスを見逃さない!3回目のデート心理と脈あり脈なしの見分け方を徹底解説

「3回目のデートで告白」が恋活&婚活のセオリー!統計的にも「3回目のデートに告白をすると成功率が高くなる」と言われているだけに、1回目、2回目と比べると重要度が段違いです。今回は男女別に3回目のデートの心理と脈あり脈なしの見分け方、3回目のデートで告白に至らなかった場合の対処方法などをご紹介します。

男性の3回目デートの心理とは?

多くの女性が3回目のデートで告白されたいと願っているように、男性側も「3回目デートでの告白」を意識してデートに挑みます。告白は何歳になっても緊張するものですよね。デート中は一体、どんなことを考えているのでしょうか。

1.自分に合うか見極めたい

相手が本当に自分に合う女性なのかを最終チェックしたい男性も多いようです。第一に、一緒にいて楽しいかどうか、会話は弾んでいるのか。さらに、相手の人柄や価値観、デート時の振る舞いなど。3回目のデートで判断がつかない場合、告白を次に持ち越すこともあります。

2.素の自分を出したい

1~2回目のデートでは遠慮がちで当たり障りのない行動になりがちですが、3回目ともなればお互い緊張感も解れてぎこちなさもなくなる頃。いつまでもカッコつけたままではいられないので「素の自分を出しても受け入れてもらえるかな?」と迷っていたりします。

3.告白を考えている

3回目のデートに来てくれた時点で、相手が「自分に対して悪い印象は持っていない」ことは分かるものの、脈ありの確信が持てるかまでは不透明。振られて傷つくのを避けるため、デート中の相手女性のしぐさや表情から脈あり脈なしを推測し、告白のタイミングを見計らっています。

4.関係を進めたい

男性にとっても3回目のデートは、相手の女性とより親密になるチャンス。告白をしてOKをもらったら、二人の関係を次の段階に進めたい男性も少なくありません。手を繋ぐ、肩を抱く、キスをする……など、何らかのスキンシップで愛情を確認したいと考えます。

5.脈がないなら終わりにしたい

相手が自分に恋愛感情を持っていなかったり友達以上に見てもらえないなら、早めに見切りをつけたいという心理が働きます。特にマッチングアプリでの出会いの場合、複数の女性を候補にしているケースも珍しくないので、脈なしなら諦めて、次の相手を誘うつもりでいます。

6.友達として誘っている

特別な恋愛感情はないものの「気の合う女友達ができた!」と思っているパターンもあります。純粋に友達として話をしたり遊んだりするのが楽しいからと誘っている男性は、それ以上の関係になるつもりはないので告白をすることはありません。

女性の3回目のデートの心理とは?

男性に引き続き、女性の3回目のデートの心理をご紹介します。女性はどんなことを考えて3回目のデートに来ているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

1.告白を期待している

女性も3回目のデートが持つ意味合いを理解しているので、次は告白されるのでは?と考えていることが多いです。2回目のデートが好感触だった場合は、3回目のデートへの期待が高まります。そのような状態で告白されなかった場合、もしかして付き合う気はないのかも……と落ち込んでしまうことも。

2.自分から告白したい

男性が草食気味で女性が肉食タイプだと、女性側が「自分から告白しよう」と考えているパターンもあります。なにも男性が告白するべき!と決まっているわけではありませんからね。誘った側が女性でデートプランも女性主導の場合はこの可能性が大です。

3.態度をはっきりしてほしい

デートも3回目ともなれば、脈ありなのか脈なしなのか態度をはっきりして欲しいと考える女性は少なくありません。脈なしの男性とだらだらデートを繰り返すのは時間の無駄!特に恋愛に焦っていたり結婚願望が強い女性ほど、脈がないなら次の相手を見つけたいと考えます。

4.まだ結論が出せない

相手に好意を持っていても、過去のデートで「価値観が合うかな」「浮気が心配」など不安な部分が見えてしまうと、もう少し見極めたいと思うもの。また、相手に対する気持ちが恋愛感情なのか友達としての好きなのか分からない場合も同様です。恋愛に対して慎重派な女性ほど、結論を急がずお互いを良く知ってから判断する傾向にあります。

5.純粋にデートが楽しい

「一緒にいると楽しいから」との理由でデートに来ている女性や「ヒマだったから何となく」「奢ってもらえるから」と軽い気持ちで足を運ぶタイプも!男女で遊んだからといって、必ずしもそこに恋愛感情があるとは限りません。友達としか見ていなかったり、遊ぶのは楽しいけど恋人になる気はさらさらない場合もあります。

3回目のデートは1回目、2回目のデートと何が違う?

3回目のデートは1回目、2回目のデートを経て、少しずつお互いのことを理解できるようになり、2人の距離も少しずつ縮まってきている状態にあります。デートを重ねるたびに気持ちや関係性がステップアップしていかなければ、何度も会う意味がありません。

ここでは1回目、2回目、3回目それぞれのデートが持つ意味を考えてみましょう。

1回目のデート?

初めてのデートは、お互いの観察の場。誘った側も誘われた側も「どんな感じの人だろう」「自分と相性は合うかな」など探りを入れつつ一緒の時間を過ごします。服装や身だしなみ、会話の内容、デート時の態度などチェック項目も様々。お互いを知る第一歩が1回目のデートです。

2回目のデート

第一印象が良ければ次のデートに繋がります。2回目のデートは1回目よりも2人の距離を縮めたいと思うもの。恋愛感や将来に対する考え方、家族の話など、前回よりももう少し踏み込んで話すことができます。また、緊張感が緩んで分、本質が見えてくるのもこの頃。告白への試金石となるのが2回目のデートです。

3回目のデート

1回目、2回目のデートとの大きな違いは「告白」へのドキドキ感でしょう。3回目のデートは「恋人同士になれるかも」「もっと親密な関係になれるかも」というお互いの期待値が高まった状態でのデートになります。告白する側もされる側も、相手に対して好意を持っていれば、それなりの準備をして3回目のデートに足を運びます。

1回目のデートでお互いを観察し、2回目で相手の本質を理解する……。この2つのハードルを乗り越えて挑む3回目は結論を出すことが最大のテーマとなるので、1回目、2回目のデートとは目的が大きく異なるのです。

3回目のデートでの脈あり脈なしの見分け方


デートに誘われた女性が「そろそろかな?」と期待する一方で、告白する側の男性としては、玉砕して傷つくのを避けたいと心が揺れ動きます。何らかの確証が得られれば、告白の決心もつきますよね。

ここでは、3回目のデートにおける脈あり脈なしの見分け方をご紹介します。告白の意思を固める参考にしてください。

3回目のデートに至るまでの経緯

脈ありか脈なしかを見極めるには、まず3回目のデートに至るまでの経緯を考えてみてください。誘ったのはどちらからなのか、また誘ったときの相手の反応などです。

相手から3回目のデートに誘ってくれたのなら、また会いたいと思ってくれている証拠なので脈ありの可能性が高いです。誘ったのが自分からだとしても、相手が嬉しそうに誘いに応じてくれたのなら脈ありと思っても大丈夫でしょう。

2回目のデートから連絡が途絶えがちだったり、3回目のデートに誘ってもはぐらかされてしまう、スケジュール変更を希望されたりドタキャンの場合は残念ながら脈なしと思ったほうがよさそうです。

3回目のデートを約束した後の行動

3回目のデートの位置づけは2人にとって特別なので、デートの約束をした後の行動も重要となります。

デートプランを考えるのに、相手の行きたいところや好みをさらにリサーチしたいところですから、誘った側の男性からの電話やメール、LINEの頻度も多くなります。女性もLINEのやりとりの中で「もうすぐだね!すごく楽しみ」などの発言が増えて、お互いのテンションも高まります。

3回目のデートの約束をした後に、このような状況になっていれば脈あり間違いないでしょう。

逆に、約束をした以降も連絡の頻度が増えない場合や、淡々としたやりとりに終始している場合は脈なしかもしれません。3回目のデートを「特別な日」として捉えていない可能性があります。

3回目のデートの内容

デート内容も脈あり脈なしの判断材料になります。

誘った側が相手のことを真剣に考えているなら、3回目のデートはお店の予約を含めてしっかり下準備をするはずです。告白する場所やシチュエーションも重要ですよね。夜景がきれいな場所を選ぶのか、いつもより奮発してオシャレなレストランの個室も女性は喜んでくれそうだし、遊園地デートなら観覧車もありでしょう。ロマンチックな場所を選べば気分も盛り上がるというものです。

3回目のデートなのに軽くお茶をするだけだったり、ファミレスでランチなど、お金や時間をかけようとしないのは脈なしかも。デートに友達を誘ってくるようなら問題外です。

3回目のデートの会話

脈ありの場合、3回目のデートでは会話の中にも「好き」サインが見え隠れしています。

「もし付き合ったら」とか「一緒に○○したいね」といった話題や次回のデートの提案も脈ありと言えるでしょう。これらは2人で一緒に過ごす未来を連想させる言葉だからです。

また「好きなタイプは?」「過去にどんな人と付き合っていたの?」などの質問にも要注目!過去の恋愛話を振ってくるのは、相手の恋愛傾向と自分の合致度を確認して脈ありかどうかの判断したがっている証拠でもあります。

同じ恋愛話をするにしても、聞いていないのに元カレや元カノのことを積極的に話してくる場合は脈なしサインなので気を付けて。

3回目のデートでの相手の態度

脈ありかどうかは仕草や表情、態度に自然と表れるので、デート中は相手の様子を良く観察するのがおすすめ。

デートの最中、ずっと楽しそうにしていたり相手の話をニコニコ聞いてくれているかどうか。また、相手からの視線を感じて目が合う回数が多いなら「好き」サインが出ているといっても良さそうです。

並んで歩いているとき、自然に手や肩が触れあったりすることもあるかと思います。歩いていて何度か手が触れた後も相手が避けないようなら「人混みではぐれちゃったら困るから」「こっちに行こうか」「段差があるから気を付けて」など理由をつけて手を繋いでみましょう。

脈なしの場合、不用意に身体が触れあわないように一定の距離を置かれるものです。

デート中にスマホばかり気にしたり、つまらなさそうな表情をする。他の異性を目で追う……などの行為が見られたら完全に脈なしでしょう。

3回目のデートで進展がなかったら脈なしなの?

3回目のデート時の雰囲気や緊張感で、告白しそびれるケースも多いと思います。また、当日の相手の態度を見て「もう少し様子をみようかな」と考えが変わる場合もあるでしょう。

「3回目のデートで告白」はあくまでも統計的な話なので、このタイミングで男性が告白をしなければ交際に発展しないというわけでもないので、諦める必要はありません。

3回目デートで男性が告白できない理由は下記の5つが考えられます。

●緊張しすぎて告白のタイミングを逃してしまった
●デートプランのミスで告白の雰囲気が作れなかった
●告白してOKをもらえるか不安になってしまった
●もっと相手女性のことを知りたいと感じた
●そもそも友達としてしか見ていない

「友達として見ている」場合は別として、相手女性との関係を真剣に考えているからこそ、不安にも慎重にもなるわけです。また、男性の恋愛経験が少ないとこういったことも発生しがちなので、女性が告白を待っている状態であれば、脈ありサインを分かりやすく出してみましょう。男性の背中を押してあげると次のデートで告白してくれるかも知れません。

もちろん、女性から告白するのもありです!

まずは、次のデートの約束を取り付けるべく、デートから帰ったらすぐに電話やLINEで連絡をすることから始めましょう。3回目のデートが楽しかったことやお礼はもちろん忘れずに!次回デート日は、3回目のデートからあまり間隔を空けてしまわないのがベストです。

告白を先延ばしにすればするほどお互いの熱が冷めていってしまうので、4回目のデートではアクションを起こすことが必要です。「この人と付き合いたい!」と思うなら、勇気を出して行動に移してみてくださいね。

×