30代の4人に1人はフリー? 今、女性の草食化が止まらない!!

みなさんは、以前草食男子という言葉が流行っていたのを覚えていますか?
しかし、昨今は女性、特に30代以降の方の草食化が進んでいるそうなんです。

その原因はどこにあるのでしょうか?またその解決策は?
今回はそんな女性の草食化についてまとめて行こうと思います。

恋愛に関心のない女性が増えている!

少し前までは男性がどんどん草食化していき、それとは逆に女性が肉食化していっている状態でした。

しかし、先にご紹介したように現在は女性の草食化、つまり結婚・恋愛への関心がなくなってきているとのこと。

なんと、ある大学の研究によると30代の4人に1人が独身で恋人もいないそう!

その原因はどこにあるのでしょうか。

男性も草食化しているから

草食系の中には、「自分からはいけないけれどアピールしてくれる人がいれば恋愛はしたい」という人もいます。

そのため、男女どちらかが草食でも、もう片方が肉食であればある程度恋も生まれるかもしれません。
しかし、男女ともに草食化が進んでしまうと、どちらからもアピールがないため、なかなか進展しなくなってしまうのです。

恋愛以外で充実している

30代になると、ある程度仕事だったり趣味だったり、恋愛以外のことが充実していきます。
また、若いころは恋愛の話題が豊富にあったと思いますが、周りの友人たちに既婚者が多くなると、恋愛の話題はだんだん無くなってきたと感じる人もいるのでは?

恋愛以外でも自分の視野が広くなり、興味がわくこともたくさん現れるため、恋愛に固執しなくなっていくようです。

恋愛が面倒に感じる

草食女性の中には、そもそも恋愛したいという願望すらない、絶食系の人も。

出会いがあってもお互いの話をいちから話して距離を縮めデートを繰り返し・・・。

付き合ってからも、楽しいことも多いですが、それとは逆にケンカしたりすれ違ったり面倒なことも恋愛にはつきもの。

そういったやりとりがもう面倒くさい・・・という人も多いのです。

現代の社会背景も草食化に拍車をかけているかも?

女性の草食化には、女性自身の変化だけではなく現在の社会もその一員になっているかもしれません。

次は社会的要因を考えていきたいと思います。

女性の社会進出が進んできた

一昔前は、女性は結婚適齢期に結婚して専業主婦になり、子供を育てるという人が大半でした。

しかし、現在は女性だから男性だからと仕事の区別もなくなってきています。

まだまだ格差はあるものの、以前と比べてキャリア志向で役職についていたり、起業したりする女性も増えてきています。

そういった点も結婚や恋愛から遠ざかる要因になっているのかもしれません。

結婚はデメリットも多い

先ほど「女性の社会進出が進んでいる」と記載しましたが、それはあくまで「以前に比べて」ということ。

まだまだ男性社会の業種も多いし、会社によっては、結婚して妊娠したら迷惑がられる、産休や育休がとりにくい、時短勤務なんてできないという人もいるのでは?

会社は協力してくれたとしても、子供が生まれた場合、仕事復帰の際に保育園に入れるのも一苦労。

もちろん子供を持たない選択肢の方もたくさんいますが、家事だけをみてもまだまだ女性の負担の方が大きく、結婚しても働き続けるうえ、収入が増えたわけでもないのに、ただただ家事などの負担が増えるだけになってしまいます。

男性の意識もなんとなく家事は女性が基本で自分は手伝う程度という認識の人がいるのも事実。
お金のことも女性まかせという人もいます。

そういったことを考えても、結婚や恋愛のメリットとデメリットを考えると、デメリットばかりに目が行きがち。
一人で自分のことだけをする方が楽だと考えても仕方ないですね。

コロナも影響しているかも

今年は世界中でコロナウイルスの影響が出ています。
日本ももちろん大打撃をうけていますよね。

仕事を失ったり、減ってしまったり、とても恋愛どころじゃない!という人もたくさんいらっしゃるでしょう。

また、コロナで人恋しくなり、恋愛に興味が出てきたという人も多いですが、その一方で一人の快適さを再認識して、やっぱり一人がいい!という人も多いようです。

まとめ

いかがでしたか?

女性の草食化にはさまざまな要因があります。

そのため、今すぐ解消するというのはなかなか難しいところ・・・。
もちろん、必ず結婚しなければいけない、恋愛しないといけないということはありません。

たとえ恋愛に発展しなくても友達から始まる出会いもたくさんあります。

結婚したくてもしなくても、それぞれの人が自分で自由に選択できる社会だといいですね!

×