女性が見せる脈ありサインとは?恋愛を成功に導く脈ありサインの見分け方

女性が見せる脈ありサインとは?恋愛を成功に導く脈ありサインの見分け方

好きな女性、気になっている女性がいるのなら、相手が自分のことをどう思っているのか知りたいですよね?

本気になっていいのか、デートに誘っても断られないか、相手の気持ちがもう少し分かれば、もっと勇気が出せるのにということもありますよね。

どんな相手にも愛想がいい女性もいますから、「あれ、俺のこと好きなのかも?」と思ってみても、何となく不安で一歩が踏み出しにくいときもあるでしょう。

確かに、愛想が良く、誰にでも優しい女性も多いので、脈ありか脈なしか判断するのは難しく感じるでしょう。しかし、女性は実は気になる男性に対しては、他とは違う、とてもわかりやすいサインを出します。

今回は女性が好意を持っている男性に見せる脈ありサインについて紹介していきます。

女性は好きな相手に特別を見せる

女性は好きな相手には「特別に思っているよ」「好意を持って見ているよ」ということを見せたい・伝えたいところがあるんです。

そのため、好きな相手に対してはとてもわかり易いアプローチをすることが多いです。

誰にでもなるべく愛想良くしようとする女性は多いですし、誰にでも優しい女性は多いので、勘違いすることも多いかもしれませんが、本当に好きな相手にはわかり易いアピールをすることが多いので、脈ありサインは実はとてもわかり易いんですよ。

特に女性は相手からデートに誘って欲しい、相手から告白して欲しいという気持ちが強いです。自分からは恥ずかしいということもありますし、男性にリードしてもらうことに憧れていることもその理由でしょう。

そのため、気付いてもらうためにわかり易いアピールになるのかもしれませんね。

女性の脈ありサインとは?

女性が見せる脈ありサインとはどんな物があるのか、紹介していきたいと思います。

脈ありサイン・女性からの好意をしっかり見極められるようになって、恋愛を楽しみながら成功させられるように、参考にしてみてくださいね。

趣味や好きな物について質問する

趣味や好きな物について質問する

気になる女性が趣味や好きなもの、好きな食べ物や普段の生活などのプライベートなことなどをたくさん質問をしてくるのなら、脈ありと見ても良いでしょう。

相手は貴方に興味があり、よく知りたいと考えています。

趣味や好きなものを聞くことで、盛り上がれる話題を探したり、デートに誘ってもらえそうなきっかけを探したりしているのです。好きな人のことを良く知りたいと思うのは、男女共通して持つ感情ですよね。

男性は相手のことを知ろうとするのと同時に、自分のことをよく知ってもらおうとするところがありますが、女性は特に好きな相手のことを徹底的に知りたいと考えます。

そのため、好きな相手がいると相手のことをよく知ろうと相手の趣味や好みについて質問が多くなるんです。自分の好きな物を話しているときでも「貴方はどう?」と聞くことが多いでしょう。

逆にそういった質問が全くなく、こちらの話を聞いているだけだったり、自分たちに関係ない話が多いのなら、脈はないかもしれません。

共感を示してくれる

貴方の趣味や好きな物、ちょっとした感想などに「私も好き!」「私も同じこと思ったよ!」と大きく共感を示して喜んでくれるのなら、彼女は貴方に好感を持っていると考えて大丈夫です。

女性は好きな相手と自分の共通点を探すことが好きですし、一緒だということをアピールしたい気持ちがあります。同じだということで、自分に興味を持ってもらったり、自分に好感を持ってもらいたいと考えているんです。

また、食事や飲み物のメニューや持ち物など、同じものにしたがったりするのなら、好きな男性だからおなじにしたいと考えている可能性が大きいです。

貴方に気付いて欲しいと思っていることもあるので、「同じだね」と声をかけてみると良いかもしれません。

ファッションや顔や体のパーツを褒める

ファッションや顔や体のパーツを褒める - 女性が見せる脈ありサイン

身につけている物や髪型など、ファッションについて褒めてくれるということは、貴方のことを細かいところまでよく見ているということです。

また、顔や体のパーツについてとりあげて、「かっこいいよね」「好きな形」といった形で褒めてくる場合、相手は貴方に男性としての魅力を感じているということになります。

女性はあまり男性の体などを見ることはありません。特に好きではない男性のことを細かく見ることはないでしょう。そういった部分に目がいくということは貴方を異性としてとても興味を持って見ているということです。

女性はファッションや自分の見た目などを褒められることが好きです。そのため、同じように自分も好きな人の細かいところを見て、素敵だといってあげたいと思うのかもしれませんね。

内面を褒めてくれる

基本的に女性は、誰にでも愛想は良くすることはあっても、好きではない相手に気を持たせる様なことは言わないようにします。また、好きな相手のことはよく見るようになりますし、褒めて喜んでもらいたいと考えます。

貴方の良いところを伝えたい、きちんと見ていることを知ってもらいたいと感じるのです。

そのため、「優しい」「かっこいい」と貴方の内面を褒める言葉を言ってくれるのなら、それは本心と受けとって良いでしょう。

特に自分にされた行為に対して「今のは嬉しかった」「優しいところがあるよね」「かっこいいと思った」といってくれるのなら、貴方に対して好意があると考えても大丈夫です。

例えば、あとからわざわざ「さっきのかっこ良かったよ」「優しいなと思って嬉しかった」と言ってくれるようなら、貴方のことを意識していて、「気持ちを伝えたい」「気持ちに気付いて欲しい」と思っている可能性は大きいでしょう。

褒めてくれて嬉しいと伝えれば、喜んでくれるはずです。

LINEやメールの頻度が多く・長い

LINEやメールの頻度が多く・長い - 女性が見せる脈ありサイン

気になる相手かLINEやメールなどが良くくるようなら、貴方に気がある証拠です。

女性はLINEやメールが好きですが、好きではない男性にわざわざ個人的にラインをしたりはしません。

特に日常のたわいもない出来事を話してきたり、「今なにしてた?」といった深い意味のない質問をしてくるようなら、貴方とできるだけ話したいと考えていたり、自分が好きだということに気がついて欲しくて連絡をしているんです。

貴方からメールをした際も、いつも返信が長かったり、質問など次に繋がるような内容を送ってくるようなら、「たくさん話がしたい」「もっと話がしたい」というアピールです。

女性からの内容があまりないメールや「暇だったから」といった内容のメールは、本当は何か誘って欲しかったり、気持ちに気付いて欲しくてメールしてきていると考えても大丈夫ですよ。脈があると考えて、相手からのアピールに気付いて声をかけてあげると良いでしょう。

気になるイベントや場所に着いて話す

二人で話しているときに、花見やお祭りなどのイベントの話や気になっているカフェやレストラン、施設の話などを相手がしてきた場合、脈ありかもしれないと思って話を聞いた方がいいですよ。

貴方とデートがしたくて誘ってもらう為に話題にしたのだったり、貴方が他の女性とでかける用事があったりしないかを探る為だったり、貴方の趣味や好みを把握する為に話を出したのだったりする可能性は大きいです。

基本的に女性は好きじゃない相手に誘われたら困ると考える為、相手が誘いやすいような話をわざわざしたりはしません。

友達として見ている、グループで遊びに行きたいという可能性もありますが「○○とか興味ある?」「○○は行く?」「○○とか好き?」といった形で、貴方に対する質問が多いのならば、貴方自身に興味があリ、一緒に行きたいと考えていると見ていいでしょう。

二人きりで話しているときに気になる場所やイベントの話をしていて「誰か一緒に行ってくれないかな」というのなら、その誰かは間違いなく貴方のことです。「一緒に行く?」と誘ってあげればきっと喜んでくれますよ。

デートを断るときに別の日を提案してくる

デートや食事などに誘った時に断られても、すぐに脈なしかもと考える必要はありません。もし彼女からの断りが「○日は駄目だけど○日だったら良いよ」「来月にまた誘って?」といった風に次の誘いを促すようだった場合、脈ありと考えても大丈夫です。ぜひ、次も誘ってみましょう。

女性は何とも思っていない人と二人きりで出かけるのはできるだけ避けます。もし、何とも思っていないのなら「また誘ってね」「忙しいからごめんね」といった断りのみで、代わりの日を提案したり、いつ頃なら大丈夫といった話はしません。

具体的に日付を出してきたり、いつなら大丈夫そうという話をしてくるようなら、本当はデートがしたい!と考えているので、また誘っても大丈夫です。

すぐに「何日に」と言えないときでも、「また絶対に誘うね」と話しておけば喜んでくれるでしょう。

脈ありサインに気付けば恋愛は上手くいく

女性の脈ありサインは、相手に気付いて欲しくてしている物が多いです。好きな人には勇気を出してアピールしているので、それに気付いてあげると恋愛は上手くいきます。

サインに気付いて声をかけてあげれば、女性は「自分の気持ちに気付いてくれた」「思いが通じた」ということをとても嬉しく感じます。

脈ありサインに気付いて、優しくしたり、デートに誘ってあげたりすれば、女性は嬉しくて貴方のことをもっと好きになるでしょう。

女性からの脈ありサインに気がついて、恋愛を上手く進めていきましょう。