年下彼氏のデメリット – 年下彼氏と上手に付き合う方法もご紹介

年下彼氏のデメリット - 年下彼氏と上手に付き合う方法もご紹介

年下の男性から気に入ってもらえて、告白をされたりデートに誘われるなどアプローチをされているけど、どういう結論を出そうか迷ってしまう・・・という女性も多いのではないでしょうか。

また、職場や友達の紹介、婚活をしていて年下の男性と出会うことがあり、気になる存在になったけど、将来のことを考えると年下の男性を彼氏にするのには不安がある。という女性もいるでしょう。

そこで今回、ラブサーチマガジンでは年下彼氏を持つことにどんなデメリットがあるのか?を考えていきたいと思います。

デメリットだけでなく、付き合う前にすべきことや、年下彼氏とうまく付き合える女性のタイプについてもご紹介をしていますので、年下の男性を彼氏にするかどうか迷っている方は、参考になさってみてくださいね。

年下彼氏のデメリットは?

さっそくではありますが、年下彼氏を持つこと・付き合うことのデメリットとしてどんなものが挙げられるか?を具体的にご紹介をさせて頂きたいと思います。

年上男性のような包容力が感じられない

年上男性のような包容力が感じられない - 年下彼氏のデメリット

女性が男性に求めることの定番である包容力。

男性に甘えることができたり、リラックスをして一緒にいられるようにしてくれる要因の一つですが、自分より若い男性からはその包容力を感じられないという女性が多いようです。

男性が女性に甘えすぎてしまうというパターンもありますが、女性が自分が年上だからしっかりしなくては!と自分自身にプレッシャーをかけてしまうことで、頼りにしたり甘えることができなくなってしまうケースもあるんです。

若い女性の方がいいのでは?と不安になる

20代であれば、自分にオトナの魅力があるという風に、年上であることをプラスに捉えることもできますが、年齢を重ねるにつれて、彼には若い女性の方がいいのでは?と不安になってしまうことも。

あなた自身が年齢差についてマイナスに捉えはじめてしまうと、年下の女性に対して嫉妬心がうまれてしまったり、若くいなくては!と無理をしてしまうことに繋がり、うまく付き合うことができない原因となってしまうこともあるんです。

将来設計などのギャップを感じてしまう

将来設計などのギャップを感じてしまう - 年下彼氏のデメリット

年齢差が近ければ大きな問題にはなりませんが、年齢差が5歳以上離れている場合には将来設計について2人の間でのギャップを感じてしまうことも多いようです。

特にアナタに結婚願望や子どもがほしいという希望があるけれど、彼にその気持ちがない場合ということも多く、付き合いたてのころには良くても、付き合う期間が長くなってきてそのギャップ埋まっていかなければ別れの原因となったり悩みのタネになる場合もあります。

デートでの支払いをどうするか迷う

年齢差があったり、彼が働きはじめてからあまり期間が経っていなくて、自分の方がお金に余裕がると、彼にデート代を払ってもらうのが悪いなぁと感じてしまったり、高級なレストランにいったりするのに気が引けてしまうこともありますよね。

逆に、彼はお金を出させたくないかも?と考えてしまい、お金のかかりそうなことは遠慮をしたり、一緒に行くことを諦めたりしてしまうことも考えられます。

年下扱いをしてケンカの原因に

年下扱いをしてケンカの原因に - 年下彼氏と上手に付き合う方法

彼に対して年下扱いをしすぎてしまうと、ケンカの原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

特に男性としてのプライドを傷つけてしまうと、最悪別れにつながってしまうので、付き合うことになった時には、年齢差に関係なく相手を尊敬する気持ちを大切にして、対等な立場で付き合っていくことがポイントとなるでしょう。

年下男性と付き合う前にすべきこと

ここまでは、年下の男性と付き合うこと・年下彼氏を持つことのデメリットをご紹介させていただきました。

ここからは、そんな年下彼氏とデメリットを感じることなく上手に付き合っていくために、付き合う前にできることをご紹介をさせて頂きます。

告白された彼に返事をしたり、年下の男性にアプローチをする前にチェックをしておきましょう。

準備期間をしっかり置こう

準備期間をしっかり置こう - 年下彼氏と上手に付き合うために

先程、年下彼氏のデメリットでご紹介した、包容力を感じられるか?や将来設計について、デートの支払いをどうするか?ということは、長く付き合っていくための大きなポイントになることですよね。

そのため、付き合うという結論をスグに出すのではなく、付き合っていくための準備期間をしっかり作ることがとっても重要。

その期間の中で、彼になら年下でも甘えることができそうか?やデートの時の支払いについて2人で決まりごとをつくってみたり、将来設計について重くならずに話し合うことができそうな関係作りをしていけるようにしましょう。

この期間を設けて、年下彼氏でも一緒にいたい!と思うことができれば、デメリットを2人で乗り越えて長く付き合っていくことができるはずです。

年上の女性と付き合ったことがあるか確認する

年下彼氏と付き合った経験があるか・年上女性と付き合った経験があるか?というのを確認することも大切です。

もちろん、過去に付き合った人と比較するようなことはしてはいけませんが、その経験があればどうすればうまくいくのか?を考える手助けにもなりますし、経験がなければどうすれば長く仲良く付き合っていけるか?を2人で一緒に考えるきっかけづくりにもなるでしょう。

年下の男性とうまく付き合えるか確認する

年下の男性とうまく付き合えるか確認する - 年下彼氏との恋愛ノウハウ

また、アナタが性格的に年下の男性とうまく付き合えそうか考えるのもおすすめの一つです。

彼と長く付き合うことをイメージしながら、自分自身が年下の彼と上手につきあっていけそうか?を確認してみましょう。

年下男性とうまく付き合えるのはこんな女性

ここからは、どのようなタイプの女性が年下の男性と上手に付き合っていけるのか?をご紹介していきます。

今回ご紹介するタイプに当てはまっていないから、付き合うのはやめよう!という結論を出すのではなく、こういうことを意識すれば、年下の男性とうまく付き合えるのか!という目線で参考にしていってくださいね。

嫉妬をしにくい女性

嫉妬しにくい女性 - 年下彼氏と上手に付きあえる女性

年下彼氏のデメリットでもご紹介をした通り、長く付き合っていくと、彼には若い女性の方がいいのでは?ということが一瞬でも頭をよぎってしまうことが少なくはありません。

また、嫉妬をしすぎてしまったり相手を束縛しがちな女性ですと、そのような不安が大きくなってしまい、長続きしない原因の一つになってしまうことも。

そのため、年齢差をあまり考えすぎなかったり、年齢を重ねていることに対してオトナな魅力があるんだと自信を持てるように心がけることが大切です。

男性を上手にリードできる女性

年上の女性に魅力を感じやすい男性のタイプには、甘えられることを理由にしている方が多いのも事実です。

そのため、年下の男性を上手にリードすることができる女性であれば、年下彼氏と長い間うまく付き合っていくことができるでしょう。

あまり男性をリードした経験がない・・・という場合には、デートプランを考える時などに、積極的に自分のしたいことを伝えられるようになる練習をしてみるのがおすすめ。

ただし、リードする=わがままになるということではないので、相手の意見も尊重できるように心がけてみてくださいね!

男性を立てるのが上手な女性

男性を立てるのが上手な女性 - 年下男性と上手に恋愛できる女性のタイプ

年下彼氏のデメリットでも、年下扱いをしてしまってケンカの原因となってしまうことがあるとご紹介しましたが、年下であっても相手を立てることを忘れないようにしましょう。

男性を立てるといっても何をすればいいのか分からない・・・という場合には、相手のいいところをしっかりと見るようにして、感謝の気持ちを伝えることや、相手を素直に褒められるようにすることから始めてみてはいかがですか?

感謝を伝えたり褒めることが習慣化していけば、自然に男性を立てるのが上手な女性になりますし、年下に限らず男性と長く付き合っていくことができるようにもなるはずです。

まとめ

今回は、年下の男性と付き合う・年下彼氏を持つことのデメリットについてご紹介をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

年上の彼や同年代の彼と付き合うことと比較してしまうと、デメリットとなることもありますが、その分楽しいことやメリットとなることもありますので、この記事を参考にして長く恋愛を楽しむことができるようにしてみてくださいね!

また、ラブサーチマガジンでは、年下彼氏と付き合うメリットや恋愛を長続きさせる方法についてもご紹介をしていますので、合わせてご覧になってみてください。