婚活が失敗するのはなぜ?婚活が上手くいかない10のポイント

婚活失敗のポイント

婚活を始めたけれど、「いつも失敗してしまう」「なかなか上手くいかない」「いい人に出会えない」そんな風に悩んでいませんか?

長い期間頑張っているのに上手くいっていないのなら、何か原因があるのかもしれません。

婚活をしてもなかなか上手くいかずに悩んでいる、いい人がいても次に繋がらず失敗ばかり、そんな人が気をつけるべき、婚活が上手くいかないポイントとその対処法を紹介していきます。

相手への条件が厳しい

婚活失敗のポイント - 条件が厳しい

なかなか理想の相手が見つからないと思っているのなら、結婚相手に求める条件が厳しすぎるのかもしれません。

貴方が提示している条件は現実的なものでしょうか?

学歴や年収、年齢や家族関係など、条件に無理な要素が入っていないか、今一度考え直してみましょう。

また、自分とつり合うかどうかも大事です。年収が低い男性が、お相手の女性に求める条件が「結婚したら仕事を辞めて専業主婦になり、子供は三人は欲しい」というのは、ちょっと現実的ではありませんよね?

あれもこれもと条件を多く出して、全てが当てはまるお相手を探していませんか?

全ての条件に当てはまるお相手はなかなか見つかりません。

譲れない条件をしぼる

これだけは絶対に譲れないという条件を3つだけ出して、他の条件に当てはまっていなくてもとりあえず話をしてみるということをしてみましょう。

全ての条件に当てはまらないけれど、この人とだったら結婚したいという相手が見つかるかもしれません。

相手を条件のみで見てしまう

お相手を条件に合っているかどうかのみで判断し、性格や趣味などの人間性を見ることをおろそかにしていませんか?

それでは、条件にあった人がいるからと会ってみたり、実際に付き合ってみても上手くいくはずがありません。

婚活はお相手の条件によって今後の結婚生活が決まります。そのため、つい自分の求める条件に合っているかどうかだけをみてしまう人がいます。

お相手は、恋人となり、いずれ家族となって一緒に生活する事になる人です。いくら条件が良い人でも、性格が合わない、価値観が違う人と一緒に生活する事は難しいですよね?

条件のみで相手を見るのではなく、内面やその他の面もしっかりと見て、一緒にいて居心地の良さそうな相手を選ぶ事が大事です。

条件より先に性格や趣味などでお相手探しをする

条件を最優先しやすい人は、条件ではなく、性格や趣味が合う人をまずは探してみるようにしましょう。

まずは、条件はいったんおいておいて、性格の合いそうな人を見つけて、その人たちとお話をしてみるのです。そして、いい人がいた際に、他の条件が自分の求めるものとどれくらい違うのかを考えてみるようにしましょう。

そうすれば、条件だけで見たときよりも、「ここは条件と違うけれど、この人なら条件が違ってもいい」と言った風に、お相手を条件だけで見たときとは違い、条件が少し違ってでも一緒にいたい人、条件よりも大事な要素をもっていると思える人に出会えるでしょう。

婚活サイトを利用した婚活は、特にそういった検索ができる為、条件のみにとらわれて、内面を見る事が苦手な人には向いているかもしれません。

人見知りをしてしまう

婚活失敗のポイント - 人見知り

人見知りをしてしまう人は、なかなか婚活が思う様にいかないかもしれません。

特に婚活パーティなどでは、自分から話しかけにいかなくてはいけませんから、人見知りだと、誰とも話さないうちに終わってしまったなんて事もあるかもしれません。

人見知りせずに初めからフレンドリーにいければ良いですが、なかなか難しいですよね。

笑顔で目を合わせる

人見知りをしてしまうのなら、なるべく笑顔でいる様にしましょう。ニコニコしていると話しかけやすそうに見えますし、それだけでお相手は居心地の良さを感じます。まずは笑顔を大事にしましょう。

目があわない、きょろきょろしている人もお相手を不安にさせてしまいます。じっと見すぎてもいけない為、相手の首元に目線をおきつつ、話の切れ間や相づちをするときなどに、さり気なく目を会わせる様にするといいですよ。

常に受け身の姿勢

自分から動かず受け身でいる人は、男女ともに、なかなか婚活が上手くいかないでしょう。

男性なら特に頼りなくも見えてしまってマイナスでしょうし、女性でも付き合いづらい人と受け取られてしまいます。

相手からアプローチを受けても、こちらから何もなければ、お相手は自分に興味がないのかもしれないと思ってしまいます。

自分からも積極的にお相手の事を知ろう、仲良くしようとする姿勢がなければ、相手が逃げていってしまう事になるかもしれません。

自分から質問をする

受け身の人はどう話しかけていいのかわからない、自分の事を話すのが苦手という人が多いようです。まずは、自分からどんどん質問してみましょう。

貴方「趣味はなんですか?」
相手「読書です。ミステリー小説が好きなんです。○○とか、○○とか、読んだ事ありますか?」
貴方「読んだ事ないですね。面白いんですか?」
相手「私はすごく好きで新刊が出ると必ず買ってます。好きな本はいつも持ち歩いているんです。○○さんは読書はしますか?」
貴方「あまりしないんです。オススメの本はありますか?」

この様に、こちらの返事が素っ気なくなってしまったとしても、相手の返答に質問で返すようにしていけば、相手は自分に興味を持ってくれていると感じるので好感を持ってもらう事ができます。

自分に自信がない

婚活失敗のポイント - 自分に自信がない

自分に自信のない人は、消極的になりがちですし、発言がネガティブなりがちです。

特に婚活の場では、自信のなさがよけいに出てきて、自分を好きになってくれる人がいるだろうかという気持ちから、興味を持ってくれたお相手にネガティブな発言をしてしまう人もいます。

ネガティブな発言は聞いていて気持ちのいいものではないですから、あまり多く発していると、相手をうんざりさせてしまいます。

自分磨きをしてみよう

自分に自信がないのなら、自信をつける為に、自分磨きをしてみましょう。婚活をしているのですから、自分磨きの内容はいかせるものが良いですね。身だしなみやファッションセンス、料理、コミュニケーションスキルなど、自分に自信を持てるものを増やしていきましょう。

自分も選ばれる側という意識が低い

自分の事ばかりで、自分を選ぶお相手側の気持ちを考えていない人は、婚活に失敗しやすいです。

結婚相手を選びにきているのは、自分だけではなく相手も同じ事。自分も選ばれる側だという事を意識しましょう。

きちんと自分の事をアピールしていかなければ、貴方を見つけてもらう事もできません。

自分の事を相手に伝える努力、相手に好きになってもらう為の努力が足りなければ、良いと思った人に出会っても、相手に好きになってもらえません。

婚活における自分のウリを考えてみよう

例えば、若い、人気の職種、年収が多い、料理が得意、子供好きなどなど、相手にアピールできる自分のウリはなんなのかを考えてみましょう。

一般的に受けの良いウリがなくても問題ありません。特別な趣味を持っていれば、同じ趣味の人から見れば良いお相手という事になりますよね。

気軽に付き合うことができない

アプローチしてくれる人がいても、本気で好きではないからとお断りしていませんか?

こういった状況には真面目すぎる人ほど陥りやすいです。

婚活に真剣になりすぎて、付き合った人と必ず結婚しなければならないと思い込んでしまっているかもしれません。

例えば、マッチングして連絡先を交換したからと言って、必ず恋人同士にならなくては行けないわけではないですし、なれるわけでもありません。

重く受け取りすぎて尻込みをしないように気をつけましょう。

また、素敵なお相手と出会っても、趣味や職業についての質問や、結婚観や価値観の擦り合わせを優先してしまって、楽しくおしゃべりをして打ち解けると言った事をおろそかにしていませんか?

まずは、お相手の事をもっと知る為に、自分の事をもっと知ってもらう為に、お互いの相性が良いものかを知る為に仲良くなる為の行動しましょう。

まずは楽しくデートをしてみる

絶対に付き合わなくては行けない、良い結婚相手を見つけなくては行けない、と堅くならずに、まずは良いなと思った人、アプローチを受けた人と付き合う前にデートをしてみましょう。

大事なのは、デート自体を楽しむ事。一緒に過ごす事を楽しんで、おしゃべりを楽しみながら、話の流れでお相手の事を聞くぐらいが良いでしょう。

数回デートをして、いい人だなと思ったら、お付き合いをすれば良いのです。

利用する婚活サービスを間違えている

婚活失敗のポイント - 婚活サービス選びを間違えている

自分に合った婚活サービスをきちんと選べていないと、婚活に失敗しやすくなります。

例えば、人見知りをする、コミュニケーションが苦手、容姿にあまり自信がないという人が婚活パーティに行っても、アピールできずに終わってしまいますよね。

いつも忙しくてなかなか時間が取れないのに結婚相談所の登録をしてしまうと、毎月の費用はかかっているのに、なかなか営業所に赴けずにお金ばかりか買ってしまうという事になります。

メールでのやりとりが苦手だったり、自分の事がよくわかっていないのに婚活サイトに登録しても、お相手からのアプローチはいつまでたってもありません。

自分の性格や生活を考えた婚活方法を選ばなくては、いつまでたっても良いお相手との出会いはないままになってしまいます。

自分に合った婚活方法を調べよう

「自分の結婚への意欲や緊急性について考えてみる」「性格から挑戦できそうな方法を考えてみる」「自分のウリはなんなのかを考えてみる」そういった事をして、自分を見つめ直し、自分に合った正しい婚活方法を見つけてみましょう。

自分に合った婚活方法については、婚活サービスの選び方を紹介している別の記事もございますので、参考にしてみて下さい。

まとめ

今回は婚活で失敗してしまいがちなポイントをいくつかご紹介していきましたが、いかがでしょうか?

婚活が上手くいっていない原因はこれに限ったものではないでしょうが、当てはまるものが合ったら、まずはここから改善していってみて下さい。きっと何か変わるはずです。