結婚適齢期を過ぎても結婚はできる!婚活を成功させるポイント

結婚適齢期を過ぎても結婚はできる!婚活を成功させるポイント

今までは仕事やプライベートを大切にしていたけれど、気がついたら結婚適齢期を過ぎるような年齢になっていたからそろそろ婚活を始めようかな?と思った方や、婚活を頑張っていたけど相手を選んでいるうちに結婚適齢期を過ぎてしまった・・・という方は多くいらっしゃいますよね。

そこで今回ラブサーチマガジンでは、結婚適齢期を過ぎてしまってから婚活を成功させるためのポイントをご紹介。

確かに結婚適齢期をすぎてしまうと、婚活を成功させるためのハードルが上がってしまって、厳しい・難しいという婚活経験者の声があることは事実ですが、しっかりその状況を把握した上で行動に移せば、婚活を成功させることはできますので、婚活を始める前に読んでみてくださいね!

結婚適齢期の年齢を知ろう

そもそも、結婚適齢期の年齢を過ぎたというのは、何歳くらいのことを言うのでしょうか?

自分では結婚適齢期をすぎていないと思っていても、婚活をしていてなぜか上手くいかないなぁと感じていた・・・ということや、結婚適齢期が過ぎたと思って対策をしていたけど実は過ぎていなかった・・・ということがないように、まずは結婚適齢期を過ぎるというのは何歳くらいのことを言うのか確認しておきましょう。

みなさんもご存知の通り、性別によって結婚適齢期の年齢が異なってくるので、男性・女性ごとに結婚適齢期がいくつくらいの年齢を指すのかということをご紹介していきたいと思います。

男性の結婚適齢期の年齢は?

男性の結婚適齢期の年齢は? - 結婚適齢期を過ぎたとは

男性の結婚適齢期の年齢は30〜35歳というイメージを持っていらっしゃる方が多いようです。

ということは、35歳を過ぎてしまうと相手の条件に当てはまりにくくなってしまって、婚活をするのが難しくなったり厳しい婚活の現実に直面してしまうことになりますよね。

ただし、30歳を過ぎたばかりだからと、安心をしてしまって婚活を後回しにしてしまって、仕事に熱中しすぎてしまったり、遊んでばかりいるといつのまにか結婚適齢期をすぎて、婚活が厳しくなってしまった・・・ということにならないようにしてくださいね。

女性の結婚適齢期の年齢は?

女性の結婚適齢期の年齢は23〜28歳と、男性よりも年齢が若いイメージを持っていらっしゃる方が多いようです。

もちろん、28歳を超えても婚活を成功させている女性はたくさんいらっしゃいますが、仕事を頑張っている女性で将来的には結婚をしたいと考えられているのであれば、周りの男性の同僚が婚活をしないで、仕事や遊びに時間を使っていると安心をしてしまうのは危険ですよ!

性別なんか関係ない!と思っていたとしても、世の中の人達が持っているイメージは男性よりも女性の結婚適齢期は早く過ぎてしまうというものなので、それをしっかり把握した上で婚活をスタートさせる時期を考えてみるのも大切です。

結婚適齢期を過ぎた方の婚活成功ポイント

結婚適齢期を過ぎてからの婚活は、厳しい・難しいという現実はありますが、適齢期を過ぎると絶対に婚活が成功しないというわけでもありませんので、結婚を諦める必要はありませんよ。

ただし、結婚適齢期を過ぎてからの婚活では、やみくもに行動をするのではなく、色々な準備や成功のポイントを知ることが必要になります。

ここからは結婚適齢期を過ぎた方の婚活成功ポイントをご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね!

婚活に活かせるあなたの魅力を知ろう

婚活に活かせるあなたの魅力を知ろう - 結婚適齢期を過ぎた婚活のために

年齢に関係ないことではありますが、婚活をする上でメリット・プラスに働いてくれるあなた自身の魅力を知ることが、結婚適齢期を過ぎてからの婚活にはとっても大切になります。

これは、年齢というハンデを背負いながらも、相手に興味を持ってもらいやすくするためにも、自分をどんな風にアピールするかを知らなければいけないからです。

とは言ってもなかなか自分の魅力を自分だけで考えるのは難しいことと思いますので、お友達や会社の同僚・家族などに協力をしてもらってアピールポイントを把握するのに役立てましょう。

結婚相手探しを工夫しよう

結婚適齢期を過ぎる前には、自分の思うような相手に出会うことはそんなに難しいことではないのですが、適齢期を過ぎてしまうと思うように理想の異性に出会うことができなくなってしまうことがあります。

これは、結婚相談所やネット婚活を利用しているとリアルに感じることができるかと思うのですが、年齢を条件として絞って婚活をされている方が多く、あなたのことを知ってしまうチャンスが一気に減ってしまうんです。

そのため、他の魅力で条件に引っかかってくるように、先程考えたあなたの魅力を相手に伝えられるようにしておくことが大切です。

また、結婚適齢期を逃してしまった場合には、こちらから積極的にアプローチをすることも重要な婚活成功のポイントとなるので意識するようにしてみましょう。

適齢期を逃して婚活をする時の注意点は?

ここまでは婚活を成功するためのポイントをご紹介してきましたが、結婚適齢期を逃してからの婚活では、すべきことだけでなく、してはいけないこともあるんです。

ここからは、結婚適齢期を過ぎてしまってから婚活をする時に注意をしておきたいポイントを紹介していきますので、参考になさってみてくださいね!

焦って婚活をしてはいけない

焦って婚活をしてはいけない - 結婚適齢期を過ぎた婚活での注意点

結婚適齢期を過ぎた時の婚活で最も大切にしなければいけないポイントの一つが、焦りすぎてはいけないということ。

婚活を始める前にイメージしていたことと違って、思うようにいかないことが多く、早く結婚相手を見つけなければと自分にプレッシャーをかけてしまうこともよくあることなんです。

そうなってしまうと、せっかく出会った人に焦っていることが伝わってしまい、もっと婚活の成功への道が遠くなってしまうことに繋がりますので、焦りそうになった時には一旦他のことをしてリフレッシュするなど、焦る気持ちを持った状態で婚活をしないことを心掛けるといいでしょう。

厳しい現実を避けないことが大切

結婚適齢期が過ぎてしまったことを考えすぎて焦ることの逆パターンも要注意です。

婚活が厳しいことから目をそむけて、結婚適齢期が過ぎてからの対策をせずで行動に移してしまっていては、婚活成功から遠のいてしまいます。

そのため、しっかりと婚活が厳しいということを理解した上で、その厳しい現実と向き合いどう乗り越えていくのかを考えて行動に移されるのがおすすめですよ!

まとめ

今回は、仕事やプライベートで忙しくて婚活や恋愛を後回しにしてきてしまい、結婚適齢期が過ぎてしまった方に向けて、婚活を成功させるためのポイントや注意点をご紹介してきました。

結婚適齢期が過ぎてからの婚活では、なかなか思うようにいかず厳しい・難しいという現実を知ってしまうと、もう結婚は諦めようかな・・・と思ってしまうこともあるかもしれませんが、必要なことをしっかりすれば必ず理想の結婚相手に巡り合うことができますので、今回ご紹介した内容を参考に、楽しく幸せになるための行動をしてみてくださいね!

また、ラブサーチマガジンでは、婚活をするのに役立つ情報をご紹介していますので、そちらも合わせて参考になさってみてくださいね!