【要注意】女性から「いいね!」がもらえないプロフィールとは?

マッチングアプリはとにもかくにも、お互いに「いいね!」を送り合っているマッチングが成立した状態にさせることが何よりも大切です。
プロフィール項目は全て入力してプロフィール写真も載せているのに、一向に女性から「いいね!」がもらえないという悩みを抱えている男性が少なくありませんが、それにはきちんと原因があります。

女性が敬遠するNG写真とNGプロフィールを紹介していきますので、自分のプロフィールが当てはまってないか確認をしてみてくださいね。

女性に見向きもされないNG写真とは?

検索一覧やもらったいいね一覧に表示されてまず目に入るもの、それはプロフィール写真です。ここでつまづくとどんなに良い内容のプロフィールでも詳細を見てもらうまでにいたりません。

どうせイケメンじゃないし…と勝手に諦めていませんか?
女性だって男性と同じく出会いを求めてマッチングサービスに登録をしています。相手の顔だけを見て選んでいるわけではありません。
自分の希望する条件に当てはまるお相手のことは詳しく知りたいに決まっています。言ってしまえば「この人のプロフィールは見なくていいや」と思わせない写真であれば、それで良いのです。

プロフィール写真を選ぶコツは、プロフィール写真は「初対面の人と会う瞬間」だということだけ意識できればOKです。そんなに難しいことではないはずです。

「ハンサムだからプロフィールを見てみよう!」と思うのは当たり前ですが、普通の写真さえ載せていればプロフィールは必ず見てもらえます。
普通の写真を載せているつもりなのに「いいね!」がもらえないということは下記に挙げることが原因だと考えられます。
もし自分のプロフィールが当てはまっていたらプロフィール写真の変更をオススメいたします。

自撮り

自撮りは慣れていない人が撮ると大抵の場合はロクな写真になりません。やめましょう。
顔が近すぎる、影になっていて暗い、変な角度、真顔、など好印象とは程遠い仕上がりになります。できれば明るい場所で他人に撮ってもらった写真が望ましいです。
趣味の活動を楽しんでいる様子や、旅行先で撮った写真など自分のイメージが伝わりやすい写真だと100点です。
自然な笑顔の表情のものであれば120点です!

自撮りに慣れていて、自分の良い角度や光の当て具合がわかっている人は問題ありません。テクニックを駆使して盛っていきましょう!
ただし、盛り過ぎてまるで別人のように写っている写真を載せるのはNGです。

普段着過ぎる

プロフィール写真は「初めまして」の場です。ボサボサの髪でジャージの姿が素敵だと思われるはずがありません。
お見合い写真とまではいかなくても良いんです。清潔感のある服装と髪型で撮影に臨みましょう。具体的には、オフィスカジュアルくらいの服装であれば間違いありません。

背景が汚い

自撮り写真にも共通して言えるのですが女性は写真に写っている人物の背景も見ています。何もない壁の前ならまだしもゴチャゴチャとした部屋がわかるような写真は印象が良くありません。
また、トイレの鏡だとわかるような写真も女性から嫌われる傾向があります。大きな鏡を使えば自撮りをしやすいのはわかりますが、初めましての挨拶がトイレというのはどうでしょうか?無しですよね。

上半身裸

筋肉自慢の男性に多いのが上半身が裸の写真です。リアルで初対面の人に会うときに上半身裸になりますか?
服を着ていた方が常識のある人間だと思われます。ムキムキマッチョは生理的に無理と感じる女性も少なくないのでプロフィール写真には使わない方が無難です。
自己紹介欄に「趣味は筋トレです」など添えておく程度で良いでしょう。

頑張りすぎも逆効果!?NGプロフィールとは?


プロフィール写真という第一関門を突破したら、次はプロフィールの内容です。ここでお相手に悪い印象を与えてしまうと「いいね!」がもらえず永久にマッチング成立とはなりません。

まずは大前提としてサイトやアプリで用意されている全ての項目を入力しましょう。入力項目が少ないと真剣さが欠ける印象になってしまい、お相手に良い印象を与えることが出来ません。

そして一番重要なのが自由に入力することの出来る自己紹介欄です。
自己紹介の書き方も注意すべきポイントは写真と一緒です。自己紹介欄は「初めましての挨拶の場」だということを意識して作成していますか?

プロフィール項目はすべて入力して自己紹介もきちんと書いているのにも関わらず「いいね!」がもらえない場合は書かれている内容に問題があるのかもしれません。
女性に敬遠されがちな自己紹介文を紹介しますので当てはまっていたら要注意です。

短すぎる

挨拶や簡単な自己紹介のみのプロフィールだと真剣に活動をしていないと判断されてしまいがちです。恋愛観や趣味、大まかな仕事の内容などの情報を記載しておくとお相手に安心感や親しみを与えることができます。
短すぎる自己紹介は、リアルで会ったときにずっと無口でいるのと一緒だと考えてください。

長すぎる

逆に、長々と続く自分語りは読む気になりません。自分のことをお相手に知ってもらいたいという気持ちはわかりますが読んでもらえないのでは意味がありません。

①あいさつ
②住んでいる場所、仕事の内容、趣味や休日の過ごし方など
※個人の特定に繋がりそうな情報は記載しない
③恋活・婚活に対する思い

この三点を出来るだけ簡潔にまとめましょう!
スマートフォンでスクロールせずに読むことが出来る、300文字程度が読みやすい長さです。

詳しい話はマッチング成立をさせた後、メッセージで伝えていければいいですね。

ネガティブ

自分に好印象を持ってもらえるような文章を意識しましょう。
謙遜をしたつもりなのかもしれませんが「自分に自信がなく」「見た目に自信ありません」などといったネガティブな文章は見る人を良い気持ちにはさせません。
例え実際にそうだとしても、自己紹介欄にわざわざマイナス要素は書く必要はありません。

女性は一緒に過ごしていて楽しいと思える人が好きです

おじさん構文

最近なにかとネットで話題になりがちな「おじさん構文」を知っていますか?
ガラケー時代の名残がふんだんに残った下記のような独特のスタイルの文章です。

●ウケ狙い
●セルフつっこみ
●(笑)や絵文字の乱用
●自慢話・武勇伝語り

1つでも当てはまるものがあればおじさん構文になっている可能性は大です。その部分は即刻削除してください。
特に勘違いしている男性が多いのですが、自己アピール=自慢話ではありません。
女性に対して良い恰好をしたいという気持ちはわかりますが、自慢話をされても感想は「知らんがな」の一言です。自慢話をすればするほどマッチング成立は遠ざかります。

嫌われないプロフィールでマッチング率アップを目指そう

どうでしたか?当てはまる部分はありませんでしたか?

インターネットやアプリでの出会いだと、どうしても「相手がいる」という実感が薄くなりがちです。
妙に馴れ馴れしくなってしまったり適当にしてしまいがちですが、自分のプロフィールを見る人は初めて会う女性だということを意識することが大切です。

マッチングが成立してもそこはスタートでありゴールではありません。やっとスタートラインです。
メッセージのやり取りをしてみても会うまでにいたらなかったり、実際に会ってデートをしてみたけど交際するまで発展はしなかったなんてことも十分ありえます。

出来るだけマッチング率を上げて、出会いのチャンスの数を底上げしていきましょう!

×