モテる男の部屋づくり!おうちデートで女性ウケするテクニック

モテる男の部屋づくり!おうちデートで女性ウケするテクニック

おうちデートってワクワクしますよね!おしゃべりしたり、映画を見たり、いつもよりリラックスした空気は二人の距離をグッと近づけてくれます。

もっとカッコいい部屋にして彼女をビックリさせたい!そう思って模様替えをガンバる男性は多いのではないでしょうか。

だけど、部屋づくりって意外とムズカシイですよね。家具の選び方や小物の使い方に悩んでしまい、いつまでたってもおうちデートに誘えない・・・そんな経験はありませんか?

そこで、今回はモテる部屋づくりのためのテクニックをご紹介します。あなたのセンスとこだわりを活かした部屋で、彼女にアピールしちゃいましょう!

まず部屋を掃除しよう!

まず部屋を掃除しよう!

あなたの部屋はキレイですか?イヤな匂いがしませんか?どんなにインテリアが決まっていても、洗濯物が落ちていたり、生ゴミのニオイが漂っていれば女性はゲンメツしてしまいます。

部屋を見回して、気になるところがあればお掃除スタート!キレイな部屋で彼女を迎えましょう。

イヤな匂いはしない?

玄関のドアを開けたらイヤな匂いが漂ってきませんか?部屋に入ってまず最初に気になるのが匂いです。いい匂いのする部屋なら彼女もリラックスできて、楽しいおうちデートになりそうと期待してもらえますよね。

生ゴミはちゃんと捨ててあるか、洗濯機の中に脱いだものがたまっていないか、匂いの元になりそうなポイントはしっかりチェックしましょう。部屋の空気がこもっていたら、時どき窓を開けて換気することも必要です。

毎日同じ場所で生活していると、自分では慣れてしまってなかなか匂いに気づくことができません。女性は男性よりも匂いに敏感ですから、こまめに掃除する習慣をつけて匂いの発生を防ぎましょう。

水回りはキレイ?

水回りはキレイ?

掃除で見落としがちなのが、キッチンやお風呂場などの水回りです。特に夏場はカビが発生しやすいので注意しましょう。

洗い物が済んだら飛び散った水を拭いておく、入浴後は換気しておくなど、毎日のちょっとした注意で汚れは防げます。

女性は細かいところまでチェックしているので、水回りもきちんと掃除しておきましょう。

洗濯物が干しっぱなしになってない?

ベランダに洗濯物が干しっぱなしになっていませんか?

数が少なければまだいいのですが、あまりにもたくさんの洗濯物が干してあるのを見られたら、こまめに洗濯できないルーズな人なんだと思われてしまうことも。

大事なおうちデートの前には、洗濯を済ませておいた方がいいかもしれませんね。

男女で居心地がいいと感じる部屋は違うの?

男女で居心地がいいと感じる部屋は違うの?

女性は男性の部屋からセンスの良さを判断することが多いので、好感度がアップするようなステキな部屋をつくりたいですよね。ここでチェックしておきたいのは、男性と女性では居心地がいいと感じる部屋に違いがあるということ。

男性はオモチャやスニーカーなど、何かを集めたり、コレクションしたアイテムを飾るのが好きですよね。そのため「自分の好きなものに囲まれた部屋」に居心地の良さを感じます。女性はどうかというと、アロマのいい香りがするなど「リラックスできる落ち着いた部屋」に居心地の良さを感じるんです。

このことを忘れて部屋づくりをしてしまうと、あなたは部屋の仕上がりに満足していても、彼女の方ではリラックスできずに落ち着かない・・・なんてことになってしまうかも。

おうちデートを成功させるためには、あらかじめ彼女の好きなものや趣味を聞いておき、それを部屋づくりに取り入れてもいいかもしれません。彼女の好きなアロマを用意しておくなどの気づかいを見せれば、あなたのやさしさに感動して、二人の仲も急接近するかもしれませんよ。

モテる部屋づくりのテクニック

部屋の掃除が終わったら、さっそく部屋をつくっていきましょう!清潔感やリラックスできる雰囲気を出すためのコツなど、モテる部屋づくりのためのポイントをまとめました。

清潔感を出そう

清潔感は女性にモテるための基本ですよね。それはファッションだけでなく部屋づくりでも同じです。女性ウケする清潔感のある部屋をつくるには、カーテンやラグなどの色を爽やかなブルーやグリーンに変えてみましょう。

ブルーやグリーンといった色は、心をリラックスさせる効果を持っています。初めてあなたの部屋に入った彼女は、おうちデートが上手くいくか緊張しているかもしれませんよね。爽やかな配色に彩られた部屋は、そんな彼女の心の緊張をほぐしてくれる効果もあります。

彼女が緊張しがちなタイプのときは、爽やかなカラーを上手に使ってなごませてあげましょう。

部屋の色に統一感を出そう

部屋の色に統一感を出そう

オシャレなテーブルやソファ、ひとつひとつのインテリアはカッコいいはずなのに、組み合わせてみると何だか印象がボヤけてしまう・・・その原因は、もしかしたらインテリアの色がバラバラだからかもしれません。

テーブルの色はブラウンで、ソファはイエロー、ラグはレッド・・・それぞれの色に統一感がないと、インテリアの数が少なくてもまとまりのない部屋に見えてしまいます。部屋に統一感を出すには、家具の色数を3〜4色まで絞ってみましょう。

落ち着いた大人な雰囲気の部屋にしたければ、ブラウン・ブラック・レッドの中から色を組み合わせる、爽やかで解放感のある部屋にしたければ、ブルー・グリーン・ホワイトの中から選んでみるなど、限られた色数でインテリアを合わせてみましょう。

他にも、最初に部屋のメインになるインテリアを決めて、それに合わせて周りの色を決めていく方法もおすすめです。ブラウンのテーブルを部屋の主役に決めたら、周りのソファやラグは、テーブルを引き立てるためにグリーン系のものを選べば統一感が出てオシャレに見えますよ。

部屋を広く見せよう

限られたスペースでも、アイデア次第で部屋を広く見せることができますよ。縦のストライプ柄の服は体型をスリムに見せるという目の錯覚がありますが、この効果はインテリアにも応用することができます。カーテンや壁紙を縦のストライプ柄に変えることで、天井が高く見える効果が生まれるんです。

同じように、背の低い家具を使えば天井が高く見えるようになり、二つの方法を組みわせることで効果もアップします。

他にも、大きめのサイズの鏡を置くことで、部屋の様子が広く写ることで奥行きが生まれたように感じ、部屋が大きくなったように見えます。

部屋のサイズを変えることはできませんが、目の錯覚を上手に使うことで、広々と見せることができるんんです。

生活感を程よく隠そう

オシャレな部屋をつくるには、生活感を消すことがポイントです。箱ティッシュにオシャレなケースをつける、インテリアの数を減らして部屋をスッキリと見せるなど、適度に生活感を消すのは大切ですが、やりすぎはNGですよ。

あまりにも生活感のない部屋は、オシャレ感よりも、殺風景、冷たい部屋といったイメージを与えてしまうんです。

大事なのは「気持ちのいい散らかり具合」。あまりにも片付いた部屋は彼女に圧迫感を感じさせてしまいます。ところどころで隙をつくり、ゆったりとくつろげるようにしてあげましょう。

間接照明を使おう

間接照明を使おう

あたたかな暖色系の光と適度な部屋の薄暗さは、人間の緊張を解き、心地よくリラックスさせてくれます。間接照明が彩る不思議な空間の中では、なんだか素直になって、いつもよりたくさんおしゃべりしてしまうという女性は多いんです。

お手軽にいいムードをつくることのできる間接照明で、彼女との距離を近づけましょう。

「しまう」のではなく「見せる」収納を!

オシャレな写真集や自慢の自転車などがあれば、ただ片付けてしまうだけではもったいないですよね。せっかくですからオシャレにディスプレイして、彼女に自慢のアイテムを見てもらいましょう。

写真集は壁掛けのシェルフを使って飾ることで、あなたがどんな写真に興味があるのか彼女に知ってもらうことができますよ。収納スペースの節約になるだけでなく、好奇心が豊かで知的な男性という印象を彼女に持ってもらえます。

自転車は壁掛けしてディスプレイすることで、使わないときでもオシャレなインテリアとして活躍することができます。アクティブな快活なイメージを彼女に持ってもらうことができ、あなたの個性をアピールできるきっかけになりますよね。

せっかくのお気に入りのコレクションなのですから、ただしまうのではなく、積極的に見せていきましょう。あなたの好きなものを彼女にも知ってもらい、お互いを理解するきっかけづくりになるとステキですよね。

植物を置いてさわやかに!

植物を置いてさわやかに!

色とりどりのグリーンは部屋のアクセントになり、オシャレで明るい雰囲気をつくってくれます。植物にはリラックス効果があり、人の気持ちをなごやかにしてくれるので、彼女の緊張をほぐすアイテムとしてもおすすめです。

最近では100円ショップでもいろいろな観葉植物が置いてあるので、自分のお気に入りのものを探すのも楽しいですよ。いそがしくて植物の世話ができないという方には、水やりの回数が少なくてすむエアプランツがおすすめです。育てるのに土が必要ないというめずらしさから、恋人との話題も弾むかもしれません。

今度は二人で部屋をつくってみよう

誰にもジャマされない二人っきりのおうちデートは、とても幸せで楽しい時間ですよね。あなたの部屋で過ごすひと時は、きっと二人の気持ちを強く結びつけてくれるはず。

部屋づくりに自信がついたら、今度は彼女を買い物に誘ってみましょう。彼女と一緒に選んだお気に入りのインテリアが増えれば、二人のおうちデートはもっと楽しくなるはずです。