ライバルと差をつけろ! モテる人を振り向かせる男女別テクニック教えます

学生のとき、みんなが一度は好きになるようなモテモテな人はいましたか?

容姿がいいのはもちろん、なんとなく親しみやすかったり爽やかだったり常に誰かは「あの人が好き」と言っているような。

そんなモテモテな人を好きになったとき、
あなたはどうしますか?

どうせ無理だ・・・とあきらめる?
それともアピールして頑張ってみる?

今回はモテる相手を振り向かせる方法を
男女別にご紹介します!

モテる人を振り向かせるのは難しい

モテる人って常に人が周りにいて、恋愛と関係なく男女ともに人気がある人が多いです。そのため、仲良くなるだけでもハードルが高め。

また、アプローチされたり褒められることに慣れているので、一般的に良しとされている恋愛テクニックが通用しません。

モテるということは、それだけライバルも多く、ライバルが多ければ多いほど、周りのレベルが高くなってしまいます。

そのため、モテる人を振り向かせるのはすごく難しいのです・・・。

モテる男性を振り向かせるには?

まずは、モテる男性向けの振り向かせる方法を
ご紹介していきましょう。

見た目を磨く

男性には見た目から入る人も多いので、
まずは自分の見た目を磨くこと。

とはいえ、よくいるモテ女子のような服装や髪形にする必要はありません。

ただでさえたくさん周りに人がいるのに、量産系女子と同じになったら個性が消えてさらに埋もれてしまいます。

ではどのように磨くのか?

例えば、肌がつやつやしていたり髪の毛がきれいな人って
ついつい目が行ってしまいませんか?

メイクに興味がなければ勉強してみたり、スキンケアやヘアケアをがんばってみるなど、自分らしく清潔感を出して女子力をあげることが大切です。

丁寧な言動を心がける

過度に気にする必要はありませんが、「まじ?」とか「うまい」など、男性的な乱暴な言葉を使わない、ティッシュやハンカチ持ち歩くなど、必要最低限な丁寧さを心がけましょう。

男性の前でだけ取り繕おうとするとふとしたタイミングに出てしまいます。
また、がさつだったり乱暴な言葉を使う人は友達でも下品に感じてしまうし、クセがつくと年齢を重ねたときにもふと出てしまうかも。

そのため、モテるためだけではなく、今後の自分のためにも丁寧な言動を心がけましょう。

ぶりっこをしたり無理にキャラを作らない

モテる女性をイメージしたとき、
どんな人を思い浮かべますか?

可愛い声で甘える女の子を想像する人もいるでしょう。

たしかに、ぶりっこなど女性らしい人が好きな人も多いですが、モテる人はやられ慣れているため、響かないことが多いです。

礼儀やあいさつ、思いやりなど基本的なことをきちんとまもっていれば、自分とかけ離れたキャラクターは変につくらず素の自分で接しましょう。

ちょっとした相談をする

男性は、頼るよりも頼られる方が好きな人が
多い傾向があります。

そのため、「あなたを信用しているよ」とアピールするためにも、仕事やプライベートのちょっとした相談をしてみましょう。

相談といっても「ちょっとした」という点がポイント!
あまりハードな内容は、「なんで俺に?」とプレッシャーを与えてしまったり、相手が重いと感じてしまいます。

かといって軽すぎても「わざわざ相談すること?」と思われてしまいます。

同僚であれば「仕事のこういうところをもっと効率よくするにはどうしたらいいかな?」など、現状をもっと良くするにはというようなポジティブな内容だとよりいいでしょう。

甘えてみる

先ほど「ぶりっこはダメ」とご紹介しましたが、
適度な甘えができる女性はやはり強い!

たとえば二人で出かけたりしたときに、「もう少し一緒にいたい」とか「また会ってくれる?」とか、好意があることを素直に伝えられる女性はかわいいですよね!嫌な気がする人はいないのではないでしょうか。

ただし、ぶりっこ同様、過度な甘えはNG。

また、モジモジするよりも、好意をつたえるときはさらっと伝えた方が相手も重く感じづらく、おすすめです。

モテる女性を振り向かせるには?

次はモテる女性を振り向かせる方法をご紹介。

外見のちょっとした変化に気付く

たとえば、相手がいつもと違うテイストの服を着ていたりメイクが違っていたり、いつもならスルーしがちなちょっとした変化に気付いて、言葉で伝えてあげましょう。

褒めるときは「いつもと違うね」「かわいいね」ではなく、「いつもより大人っぽくて素敵だね」や「その色秋っぽくて似合うしかわいいね」など、具体的に褒めるのがポイント。

仕事への姿勢など内面や行動を褒める

モテる女性は、男性同様「かわいい」「キレイ」など外見はさんざん褒められ慣れています。

そのため、親しい人しかわからないような内面を褒めると効果的。

たとえば、会社の同僚の場合
「このまえここを掃除してくれてありがとう」
「○○さんっていつも仕事が丁寧だね」とか、

友達の場合
「○○は明るいから一緒にいると元気になる」
「この前○○してくれたよね?気遣いができて素敵だね」など、その人のちょっとした行動や内面を褒めると効果的です。

ちょっとした努力を認めてもらえるとうれしいし、細かな気遣いを見てくれている人がいるだけでもモチベーションがあがります。

接触を増やす

女性は押しに弱く、追いかけるより追いかけられる方が嬉しいという人も多いです。

第一歩として、まずは存在を認識してもらうために、まめに話しかけたり連絡をしたり、相手との接触を増やしましょう。

存在を認識してもらえたら、さりげなく好意をアピールしてみましょう。好意を持たれて嫌な人はいませんよね。

あまり反応がなくても、相手に嫌がられない程度にアピールし続けることが大切です。

焦らない

早くアピールしないと他の人に取られてしまう!と焦ってしまうと逆効果。

焦ってアピールしても本気度が伝わらずに「見た目しか見てないのな」とか「本気の付き合いではなくただの遊びかも」と警戒心を持たれてしまいます。

また、一度遊び人の認定をされてしまうとそこを払拭するのは大変です。

本当に大切な人なのであれば、「恋愛は関係なくあなたの人柄が好きだから仲良くしたい」と感じてもらう方が効果的です。

警戒心や不信感をといたあとに、徐々に恋愛へとアピールするようにした方が安全です。

男女ともに大切なポイント

一番大切なことは素直になること!

モテる人は、駆け引きはされ飽きたという人が多いです。
むしろめんどくさいと感じる人も。

素直でない人は、いくら見た目がよかったりお金があったりその他が魅力的でも一緒にいると疲れてしまいます。

また、最初から諦めてしまったり、周りも遠慮してしまって、意外とモテる相手にストレートにアプローチする人が少ないことも。

そのため、変に恋の駆け引きをするのではなく、
ストレートにデートに誘ったり好意を伝えられる人は相手に響く可能性が高いです。あれこれ深く考えずにストレートに接してみましょう。

また、自分に自信を持つこともとても大切です。

どんなに素敵な人でも、自分のことが好きでなかったり自信がない人は魅力的に感じません。

そんなのもったいない!
モテる人相手に弱腰になってしまいがちですが、自分に自信を持って接してみてください。

マッチングアプリでも応用できる!

マッチングアプリ内にも「いいね!」をたくさんもらっていたり、外見の写真やプロフィールがステキで「モテそうだな」という人がいますよね。そんな異性を振り向かせるにはどうしたら良いのでしょうか?

上記に記載したテクニックは実生活だけでなく、マッチングアプリでも応用可能です。

もちろん、マッチングアプリ内では相手とリアルに接触するわけではないので、実生活とまったく同じように……というわけにはいきませんが、基本的な方法は変わりません。逆にマッチングアプリだからこそ心掛けたいこともあります。

最も重要なのは、文字でのやりとりが主体になるため、丁寧な言葉遣いや紳士淑女な大人の対応をすること。具体的には下記のとおりです。

1.自己紹介文を丁寧にしっかりと作成する
2.最初から呼び捨てや「ちゃん」付けではなく
「さん」付けにする

3.タメ口ではなく敬語で3.
4.いきなり質問攻めや
プライベートな内容を深堀することをしない

5.何枚も写真を要求しない
6.焦ってすぐに会おうと迫らない

「モテる人を振り向かせる以前に、そんなことは当たり前じゃないの?」と思うかも知れませんが、アプリ内だから開放的になるのか面倒くさいのか意外にできていない人って多いんですよね。それだけに、この6項目が実行できるだけでも随分好印象になります。

マッチングしない!メッセージが続かないという人は、ライバルより一歩先に行くためにもぜひ参考にしてみてください!

以上、モテる人を振り向かせるためのポイントをいくつかご紹介してきましたがいかがでしたか?振り向いてもらうためのコツを掴んでほんの少しの勇気を出すだけで、好きな人との距離が1歩も2歩も近づきます。

好きな人があなたの魅力に気が付いて振り向いてくれますように。

×