マッチングアプリで知り合った人と初デートの会計はどうするべき?割り勘か男性が払うか問題

マッチングアプリで初デートにこぎ着けた!けれども、悩むのがデート時の会計ですよね。

男性が払わないと今後の関係に結びつかないのでは?女性は奢られないと脈無しなんじゃないか?など不安に思うことはたくさんあるでしょう。

今回は、そんな初デートの会計問題について解説します!

初デート時の男性心理

30代をすぎると男性は収入的にも安定してくる人が多く居るため、次に繋がる関係だと判断すれば会計は男性側が支払ってくれることも多々あります。

しかし、合理主義的な男性は割り勘が当然と考える人も少なくありません。

また収入面に自信のない男性は、「正直、割り勘にしてくれたほうが助かるし、今後の付き合いにおいて金銭面でずっと依存される心配がない」といった考えの人も居ます。

初デート時の女性心理

多くの女性は恋愛において本能的に「男性に守られたい」という心理が働きます。そのため、金銭面においても男性側が支払ってくれると、今後を期待して安心するのです。

ですが、そんな女性ばかりでもありません。「まだ付き合うかどうか今後が分からない関係において借りは作らない!」といった考えの女性も居るからです。

なので、女性が全員奢られたがっているかと言えば、そうではないというのが現状です。

予算はどれくらいがいいの?

30代以上の大人の男女は経済的に余裕があり、10代・20代の頃とは違うワンランク上のデートがしたいと思っている人も少なくありません。

2人併せた食事代は少なくとも5,000円、多くて10,000円前後が一般的です。

そこにデート先の施設、例えばリラックスシートなど少し贅沢なプランの映画館の利用料金をプラスすると、約10,000円~15,000円前後となります。

もちろん、あくまでも一般的な額ですので、お互いの経済状況や趣味趣向にあった予算を立てることを前提としてください。

男性が支払うべきか


男性がデート代を全額支払うべきなのか、とても悩むところですよね。

注意していただきたいのは、絶対に無理をしてはいけないということです。

なぜならば、今後も継続していけるわけでもない気遣いはすぐにボロが出て女性側に良くない印象を与えてしまいます。

今後も付き合いをしていきたいから…といって最初のうちは頑張って男性が奢っていたとしましょう。

女性側もいつも奢ってくれる人という考えになってしまっている時に、いきなり「じゃあ今回から割り勘で」と言うにはとても勇気がいりますし、破談になってしまう率も高いのです。

もちろん、経済力には自信があり、相手の女性を今後も支えていけると確信が持てる男性の場合は別ですが、「奢られないとダメ」という女性ばかりではありませんから、ご自身の経済レベルに合わせて素直に「割り勘でお願いしていい?」と申し出るようにしましょう。

よっぽどのことがない限り、割り勘の申し出を断る女性は居ないものです。

割り勘は脈無し?

「初デートの会計が割り勘だった…」と気を落としてしまうことはありません。

男性側にも様々な事情があり、奢れる経済力がない場合もあれば、貸し借り無しの関係でいたいからという場合もあります。

ただ、「今後はないな」と思われていることも少なからずありますので、脈ありな態度かどうかをしっかりと見極めるようにしましょう。

初デート後も連絡がマメだったりデートのお礼のメッセージが来たりするならば、たとえデート代の会計が割り勘だったとしても期待度は高まりますので、気に入った相手ならば大切に関係を築いていきましょう。

女性が払う選択肢もアリ

意外に思われるかもしれませんが、女性側がデート代の会計を持つという選択肢もあります。

例えば、年下の男性相手であったり、経済力が明らかに女性の方が上だったりという状況です。

特に、経済力が目に見えて女性の方が上なのに無理をして男性に初デートの会計を支払ってもらうというのも気が引けますよね。

そういう状況においては、男性のメンツを保ちつつも「今回は私が」と、ずっと奢るわけではないけれど相手を気遣うところを見せてあげるのも今後の関係に影響するものです。

奢ってもらったときの対処法

男女問わずデート相手に奢ってもらったら、体を相手の方に向けてしっかり目を見てお礼の言葉を述べましょう。

照れくさいからといってそっぽを向いてお礼をしたのでは気持ちは伝わりません。

誠意ある態度が恋愛成就には必要不可欠だからです。

そして、「次は自分が良いところに連れていきますね」等の言葉をかけて、フォローをしておきましょう。奢ってもらってばかりでは、どんなに相手の経済力があったとしてもいい印象は持たれません。

対等な関係は成婚率があがる

さて、マッチングアプリで知り合った人との初デートでの会計について見てきましたが、
一概に「男性が支払うべきで女性は奢られるべき」という図式ではないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

たとえ出会い元がマッチングアプリであったとしても、対等な関係作りが恋愛成就、ないしは成婚への近道となるのです。

良い関係を築いて、素敵な恋愛をしてくださいね。

×