男友達から彼氏になるには?仲の良い女友達と付き合うためには

男友達から彼氏になるには?仲の良い女友達と付き合うためには

友人として仲良くなったあとに、やはり彼女のことが好きかもしれないと気付いたときは、どのようにアプローチしたら良いのでしょうか?

相手は自分のことを友人としてしか見れないかもしれませんし、今まで友人として接してきた分、あなたも接し方をどう切り替えていいかわからないということもあるでしょう。

男友達から彼氏になるにはどうしたら良いのかを紹介していきます。

男友達から彼氏になれる?

何となく良く話す男性、グループで仲良くしている間柄、といった場合は、親密になっていくことで相手に「いい人だな」と思ってもらえることもあるでしょう。

しかし、男友達と括られてしまっていて、男性として全く意識してもらえない場合も少なくはありません。

特に、仲良くなりすぎて、何でも言い合えるような間柄になっている場合、「大事な男友達」という認識を変えるのには、それなりの努力が必要となっていきます。

相手に好きになってもらうためには、まず、自分を恋愛対象としてみてもらう必要がありますよね。男友達としてとても仲良くしていても、男友達と彼氏は違うものです。

少しずつ相手に異性として意識してもらって、友達ではなく、男と女としての距離を縮めなくては行けません。

突然告白しても上手くはいかない

突然告白しても上手くはいかない - 女友達を彼女にすることはできる?

友達から急に告白されると、相手は戸惑ったり困ったりしてしまいます。

上手く事を運ばなければ「そんなつもりはなかったのに」とショックを受けてしまったり、避けられてしまうこともあるかもしれません。

もちろん、告白された瞬間にドキッとして、男性として意識し始めるということもあるでしょう。しかし、失敗する可能性が大きいのも間違いありません。

恋人になれないどころか、友達として付き合っていくこともできなくなってしまうかもしれませんね。

告白しても上手くいくように、相手に恋愛対象として意識してもらえるようにしていきましょう。

女性が感じる男友達と彼氏の違いは?

そもそも男友達と彼氏はどういった違いがあるのでしょうか?どういったことを感じるようになれば、友達ではなく、恋愛対象として見ていることになるのでしょうか?

女性が感じる、男友達と彼氏の違いについて、紹介していきます。

キスできるかできないか

キスできるかどうかは、相手のことを好きかどうかを考えるときにも良く言われますよね。

確かに、キスは好きな人としかしないものです。

ときめきを感じるかどうか

ときめきを感じるかどうか - 彼氏と男友達の違いは?

ときめきを感じるかどうかも相手のことを好きかどうか判断するのに基準にしますよね。

一緒にいてドキドキしたり、幸せを感じたり、ふとした仕草や言葉にドキッとしたりする。そういう風に思える相手が彼氏ですね。

友達相手にはドキドキしないですし、一緒にいてもただ「楽しいな」と感じるだけです。

ドキッとした瞬間から、相手を恋愛対象として意識することは少なくはないでしょう。

女性としてみて欲しいと感じる

友達相手には思わないけれど、彼氏には女性としてみて欲しいと考えます。可愛いとか、綺麗とか、そういった風に見て欲しいから、女性は好きな人の前では頑張ります。

ファッションに気をつけたり、思わせぶりなスキンシップをしてみたり、ちょっとぶりっこしてしまったり。そういったことは男友達相手にはしません。

男友達には別に可愛いと思ってもらう必要はありませんし、女性としてみてもらうよりも対等な友達として接して欲しいと考えるでしょう。

相手のためを考えられるか

「相手のために何かしてあげたい」そんな風に思うのは、恋愛対象として見ている相手にだけでしょう。

自分のことではなく、相手を優先したいと思うのは、相手のことを愛しているからですよね。特に女性は好きな人には尽くしたいという人が多いです。

男友達はただの友達ですから、何かしてもらったときだとか、何となく気が向いて何かしてあげるということはあるでしょう。しかし、何もないのに「この人のために何かしてあげよう」ということはないですよね。

甘えられるか

甘えられるか - 男友達と彼氏の違いは?

男友達には甘えようとは思いませんし、そんな自分を見せられないですが、彼氏には甘えた態度も見せられます。

普段しっかりしていても、彼の前なら安心して甘えることができます。そういった態度をとっても、彼なら可愛いと思ってくれるという気持ちがあるからでしょう。

友達相手にはいつもの自分でいなければ行けないですし、甘えたら「どうしたの?」なんて不審がられますから、そんなことはできません。それに友達相手にそういったことをしたいとはまず思いませんよね。

嫉妬する

嫉妬も好きな人にしかしないことですよね。相手が好きだからこそ、自分を優先して欲しかったり、他人と仲良くして欲しくなかったりするわけです。

好きでもない男友達に他の女性と仲良くして欲しくないと考えるのはまずないでしょう。

もちろん、友達同士でも特別に仲がいいと、「一番の友達は自分なのに」といったように独占欲のようなものを感じるときもあるかもしれません。

しかし、そのように思うのなら、既に相手に対して特別でありたいという思いがあるわけですから、友達ではなく恋人という形をとるのも難しくないかもしれませんね。

男友達を恋愛対象として意識する瞬間

それでは、女友達に恋愛対象としてみてもらうためにはどうしたら良いのでしょうか?

友達同士でも、相手の優しさに触れたときや相手を異性だと意識して、ドキッとする瞬間があります。そういった瞬間を感じてもらって、自分の印象を変えていくことが大事ですよ。

女性が知り合いや友達である男性を恋愛対象として意識する瞬間について、紹介していきます。

女性扱いしてくれたとき

女性扱いしてくれたとき - 男友達を恋愛対象として意識する瞬間

女性扱いしてくれたときから相手を意識し出すということも多いです。男友達には対等に見て欲しい、接して欲しいと思うものですが、ふとした瞬間に女性としての扱いを受けて、思わずどきっとしてしまうということはあるものです。

例えば「重い荷物を持ってくれた」「道路の外側を歩いてくれた」「みんなで遊んで帰るときに危ないからと家まで送ってくれた」「ファッションを可愛いと褒めてくれた」といったとき。そんなときには相手の男性の優しさと自分を女扱いしてくれたことで、ドキッとするものです。

ただし「女性はこういうもの」といった決めつけをするのは、嫌われる可能性が高いのでやめた方がいいですよ。

自分のことをわかってくれていると感じたとき

この人は私のことをわかってくれているんだなと感じたときには、人は相手に好意を持つものです。それは男友達に対しても同じです。

例えば「○○っていつも頑張ってるよね」「さっきの気にしてるだろ?大丈夫かなって思ってた」「○○ってもしかして□□好きじゃない?」なんていわれたら、見ていてくれてるんだなと思って好きになってしまう人も多いでしょう。

勝手にわかっている振りをされるのは嫌なものですが、優しさや心配から声をかけてもらえたら、誰でも嬉しいですよね。

真剣な顔を見たとき

真剣な顔を見たとき - 男友達を恋愛対象として見る瞬間は?

男性の真面目な顔にドキッとする女性は多いです。男性のきりっとした真剣な顔は、女性にはカッコ良く見えるんです。

それが、普段は馬鹿なことを言い合っているような男友達ならなおさら。普段とのギャップにどきっとして「○○ってそんな顔できたんだな」と意識してしまいやすいです。もう一度あの顔が見たいなと思ったり、どんなことであの顔をするんだろうと考えたりして、そこに引かれていく女性は少なくはありません。

助けてくれたとき

男友達に助けてもらうことで、相手のことを意識し出すことも少なくはありません。

優しさや気遣いに触れると嬉しくなりますし、友達と思っている以上に心配されると異性として意識してしまうものです。

「大丈夫手伝うよ」「困ってるときは声をかけて」そんな風に言われれば、頼ってもいいんだなと女性は感じます。頼りになるところを見せれば、男として意識させることも難しくはないでしょう。

真面目な話を聞いてくれたとき

友達同士だと、普段は楽しい話をしたり馬鹿みたいに笑い合っている間柄かもしれません。でも、そんな関係だったのに、真面目な話をちゃかしたりせずに真剣に聞いてくれたことで意識をし出すということもあるでしょう。

男友達の良さは女友達にはできない話もできるところにもあります。真剣な話を真面目に聞くことで、相談されることが増えて、そこから相手の意識を変えていくことも難しくないでしょう。

悩み事とかがあるときに「良かったら聞くよ」と言ってみると良いかもしれません。話を聞くときはただ静かに相手の言葉を聞いて、気持ちに寄り添うようにすると良いですよ。

まとめ

今回は男友達と思われている女性を彼女にするにはどのようにすればいいか?を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

男友達でも、男らしさや優しさ、相手への思いやりなどを見せていくことで、少しずつ自分の印象を変えていくことはできます。

まずは、「友達」から「気になる異性」になるために頑張ってみて下さい。

また、ラブサーチマガジンでは恋愛や恋活でお悩み中の方に向けて、そのお悩みを解決するのに役立つ情報をたくさんご紹介していますので、関連記事などから気になる情報をチェックしてみてくださいね!