告白が失敗した理由って?振られた原因を知るのが告白成功のカギ

告白が失敗した理由って?振られた原因を知るのが告白成功のカギ

告白がうまくいかなかった時、どうすればいいのか悩んでしまいますよね。

振られたことで落ち込んでしまい、新しい恋をしても気持ちを伝える勇気が持てなくなってしまうことも。また、告白した相手に気まずさを感じてしまい、これからどうやって接すればいいのか不安になってしまうこともあります。

今回は、告白に失敗した理由とその対処法、そして振られてしまった相手との接し方についての情報をまとめました。告白のお悩みを一緒に解決していきましょう!

振られてしまった原因を見直そう

告白を成功させるためには、なぜ振られてしまったのかについて、その理由をしっかりと見直すことがカギになります。

告白に失敗してもただ落ち込むのではなく、その経験を次に活かすことができれば、次の告白では成功する確率グッとアップしますよ。ここからは、振られてしまう主な理由と、その対処法について見ていきましょう!

告白するのが早すぎた

告白するのが早すぎた - 告白が失敗してしまう理由

振られてしまう原因のひとつに、自分の気持ちを早く伝えようとして、告白を急ぎすぎてしまうパターンがあります。

気になる異性と一緒に食事をしたり、職場で差し入れをしてもらうなどの経験があると、自分に好意を持ってくれているのではと期待してしまいますよね。ですが、自分と相手で、お互いを異性として意識するまでのスピードに差があると、告白に失敗してしまうことも。

一緒に食事をしたり、差し入れをしてくれるのは、もちろん好意を持っていてくれるからこそ。ですが、それは仲のいい友達や同僚としてのものであって、恋愛相手として意識されるようになるには時間がかかることも。

もう少し告白のタイミングが遅ければ、お互いの人柄や魅力が今よりもよく分かって、異性としてお付き合いするイメージが相手にも湧いたかもしれませんよね。まだ相手の心の準備ができていないのに告白してしまうことのないように、タイミングには注意しましょう!

告白するのが遅すぎた

相手に好意を持たれていても、告白するタイミングが遅くて失敗してしまうことも。

気になる異性と出会っても、自分に自信がなかったり、失敗したらどうしようと考えて、告白しようか迷ってしまうことってありますよね。ですが、もし告白を考えている場合、あまり相手と知り合ってからの期間が経ちすぎないように注意しましょう。

お互いに友達や知り合いとして過ごした時間が長くなるほど、相手からは気の合う異性の友達というイメージを持たれてしまい、せっかく告白しても、友達として見れないから・・・とお断りされてしまうケースも。

告白は早すぎてもいけませんが、遅すぎるのもNGです。告白するのに適したタイミングは、お互いが知り合ってから3ヶ月以内がベスト。半年から1年以上経ってしまうと、だんだん恋愛相手として意識されなくなってしまうので注意しましょう!

相手に好きな人がいた

相手に好きな人がいた - 告白が失敗してしまった理由は?

告白して振られてしまった理由には、相手に好きな人がいたり、恋人がいたというケースもあるんです。

ステキな恋をしている男女って、なんだか輝いて見えますよね。いつも残業していたあの人がデートのためにテキパキ仕事を片付け始めるなど、そのあまりの変身ぶりに、いい恋には人を変える力があるのかも!と周りがびっくりすることも。

そんな魅力にあふれる男女がモテないはずもなく、すでに好きな人がいたり、恋人がいることを知らずに告白してしまうこともありますよね。ですが、好きな人がいる相手に振られてしまっても落ち込むことはありません。

告白が失敗したのは、その人が真剣なお付き合いをしていて浮気をする気がなかったから。こんなにステキな人を好きなった自分には見る目があったんだなと、自分に自信を持って、次の恋に前向きな気持ちになりましょう!

相手が恋愛する気分ではなかった

失恋した直後など、相手が恋愛する状況ではなかった時も告白が失敗してしまいます。

振られた理由が相手の失恋によるものだった場合には、自分の気持ちを伝えた後で、相手が新しい恋を始めたいと思うまで待ち続けることを伝えてみましょう。

今は恋愛する気がなくても、自分のことを大切に思ってくれる人がいることは、きっと失恋から立ち直るための力になるはず。また、相手が落ち込んでいるようだったら、何か相談に乗れることがないか聞いてみたり、気分転換に付き合ってあげるのもいいかもしれません。

失恋の辛さはすぐに解決することはできませんが、誰かに話を聞いてもらえれば少し気持ちが楽になりますよね。側にいてくれる人がいれば失恋からの立ち直りも早くなり、辛い状況を支えてくれた相手には、きっと好意を持ってくれますよ!

相手のタイプではなかった

相手のタイプではなかった - 告白に失敗してしまった原因は?

告白しても、見た目や性格が相手の好みではないからと断られてしまう場合も。

そんな時は、ファッションや髪型、性格を相手の好みに合わせて変えてみましょう。ただし、自分と相手の好みや性格があまりにも違いすぎている場合には注意が必要です。

カップルが長続きするためには、お互いの性格や価値観が合うことが大切ですが、自分の性格は簡単には変えられず、また、ファッションは自分の個性をアピールするための大事なアイテムですよね。

そのため、告白に成功した場合でも、恋人の好みの性格でいるために無理をしてしまったり、自分の好みではない髪型や服装をしているとストレスに感じてしまうことも。お互いにリラックスしてお付き合いできるのか、告白する前によく考えてみましょう!

振られた相手との接し方を考えよう

告白が失敗した後、振られてしまった相手とはどう接すればいいのでしょうか?

今までの様に仲のいい友達や知り合いとして2人の関係を続けたいと思っても、まだ相手のことがあきらめられなかったり、失恋を意識してしまい、お互いの仲がうまくいかなくなってまうことも。

失恋の後で、新しい恋を始めるのか、それともあきらめらずにもう一度告白を考えてみるのか。自分にあった方法を考えていきましょう!

無理に連絡しようとしない

無理に連絡しようとしない - 振られてしまった相手との接し方

告白が失敗してしまっても、相手に電話やLINE・メールなどを繰り返し、返事を求めるのはNGですよ。

失恋の後は、振られてしまった理由に納得できなかったり、もう一度考え直して欲しいといった気持ちから、なんとか相手と話をしたいと思いますよね。

この時、こちらからの連絡への返事がスグに返ってこなかったとしても、焦らずに冷静になることが大切です。相手から連絡がないのは、嫌われてしまったからではなく、突然の告白への驚きと、それを断ってしまったことへの気まずさがあるから。

相手も冷静になって自分の気持ちを整理するための時間が必要なのだと納得し、無理に連絡することは控えましょう。

失恋を意識しすぎない

告白に失敗した後も今まで通りの関係を続けたいと思うなら、失恋を意識しすぎない様に振る舞うことがポイントです。失恋後は今まで通りの態度で相手に接しようと考えても、どうしても行動が不自然になってしまいがち。

落ち込んでいないことをアピールしようと無理にはしゃいだり、相手の顔を見る度にソワソワしてしまうなど、相手が告白を断ったことへの申し訳なさを感じてしまうことも。

失恋は忘れようとするほど強く意識してしまうので、失恋の辛さは忘れるのではなく、少しずつ時間をかけて慣れるようにしていくのがコツです。

告白した相手に対して、少しずつ、自然に振る舞うことができるようになっていけば、きっと今までのように楽しく過ごすことができますよ。

もう一度告白を考えてみる

もう一度告白を考えてみる - 振られた相手との接し方

告白に失敗しても、どうしても相手のことが諦められない!という時は、もう一度告白を考えてみるのもいいかもしれません。

今回の記事では、告白が失敗してしまう原因とその対処法についてご紹介してきましたが、告白がうまくいかなくても失敗したポイントを見直せば、振られてしまった相手からOKをもらうことができるかもしれませんよね。

また、告白して振られてしまったのに、それでも諦めずに自分のことを好きでいてくれるのは、相手にとってとても嬉しいことです。そのため、自分を磨いて今度はうまく告白できそうという自信が持てたら、もう一度相手に気持ちを伝えてみましょう。

その時は、前回の告白から少し時間を置くのがオススメ。次の告白までの期間が短すぎると、相手に軽い気持ちではないかと思われてしまうこともあるので注意しましょう!

まとめ

今回は、告白に失敗した理由とその対処法、そして振られてしまった相手との接し方についての記事をご紹介しましたが、いかがでしたか?

告白に失敗してしまっても、大切なのはその経験を次に活かすこと。うまくいかなった原因と対処法が分かれば、きっと次の告白では気持ちを受け入れてもらうことができるはず。ステキな相手へのアプローチを成功させて、2人で楽しい時間を過ごしましょう!

この他にも、ラブサーチマガジンでは、恋愛でお悩みの男女のための記事を掲載していますので、ぜひ合わせてご覧ください。