メニュー

よくあるご質問

年齢確認が却下された

提出された年齢確認書類に不備がある場合、年齢確認が完了できません。却下された理由はメールで届きますので、ご確認の上、再度お手続きをお願いいたします。

下記、年齢確認が却下される例です。

年齢確認に必要な項目が写っていない

画像が不鮮明
焦点が合っていなかったり、光が反射している等、内容が読み取れない場合があります。
内容がはっきりと写っている画像を提出してください。

書類の有効期限が切れている
有効期限内のものを提出してください。

年齢確認書類として認められていない書類の提出
年齢確認書類として認められていない書類を一部紹介します。

  • マイナンバーカード
  • 住民票
  • 顔写真
  • 診察券
  • 賞状
  • 外国人登録証明書、在留カード
  • 偽造した書類

ご登録情報と年齢確認書類の情報が乖離している
ご本人の年齢確認書類であっても、ラブサーチに登録している情報から著しく乖離している場合、年齢確認ができません。
場合によっては、退会いただくことがございます。

書類が添付されていない、壊れている
なんらかの理由により、提出された年齢確認書類のファイルが閲覧できない場合があります。
改めてお写真を撮りなおしてご送付ください。

各種お問い合わせ先

×