気になる相手と初デート! 付き合う前だからこそ、抑えておきたい大切なポイントは4つ

初デートってお互いドキドキ!
付き合いが長ければお互いの好きなことや性格、
ちょうどいい距離感などもわかりますが、付き合う前では何もわからない・・・。

初デートって本当に気をつかってしまいます。

さらに初デートでの失敗は、
もう二度と会えなくなるかも・・・。

今回は、付き合う前の初デートだからこその注意点やおすすめのデート場所など、ご紹介していきます。

初デートの時間帯

初デートの時間帯としては、お昼がおすすめ。

どんなに素敵な相手でも初めてのデートで丸一日の長時間デートはお互い疲れてしまいます。

疲労が強くなってくると、本当は楽しいはずなのに印象がイマイチになってしまう危険もあります。

そのため、お昼とはいえランチやカフェでお茶など2時間程度で終わるとちょうどいいですよ。

お昼のデートだと切り上げ方が難しいという人であれば、仕事終わりもおすすめ。仕事終わりであれば、最終の時間が限られているし、つまらなくて早く帰りたい・・・なんて場合も明日が早いからと切り上げやすいのもメリットです。

おすすめデート場所

次は大人世代におすすめのデート場所・プランをご紹介していきましょう。

ランチ・カフェデート

お昼の時間帯は、
ランチやカフェでお茶デートがお手軽でおすすめ。

楽しい時間になるかどうかわからないのに長時間のデートは大変!ランチやカフェであれば、ディナーや飲みにいくよりも時間だけではなく金銭的負担も減らすことができます。

また、最近はお酒が苦手な人も多いし、初対面でお酒が入るのがいやだなと感じる人も多いので、そういった点でもランチデートはおすすめです。

映画

ランチだけではちょっと物足りないかも?と感じる人は映画デートはいかがでしょう。

映画であれば、上映時間は会話は必要ないし終わった後にご飯やカフェに行った時も共通の話題があるので会話もスムーズです。

映画館はショッピングモールやその他のショップがある場所に併設されていることも多いので、映画が終わった後に移動する必要もなく、暇つぶしもしやすいのが魅力です。

お互い興味が持てる場所

たとえばお互い運動が好きだったらちょっとしたハイキングコースに行ってみたり、動物が好きであれば水族館や動物園、お酒が好きであればいくつかオシャレなバーをめぐってみたり。音楽が好きであれば、コンサートに行ってみるのもいいですね。

お互いが好きなこと、興味があることであれば初デートの緊張も少しやわらぎますよね。

その一方であまりおすすめしないのが
遊園地などのテーマパーク。

会話が盛り上がりそうなイメージがありますが、大人世代には少し若すぎるし、待ち時間が長い場合、その間の会話も困りがち。

どちらかが絶叫系が好きでどちらかが嫌いな場合、乗りたいとか苦手だとか言いにくくお互いに気を使ってしまい、せっかくのテーマパークが楽しめないことが多いです。

また、カラオケも避けた方がいいデートスポット。

初デートの人と密室に二人きりというのに抵抗がある人もいるでしょうし、自分の好きな曲と相手の好きな曲が一致するとも限りません。

盛り上げなければ!と空回りしてしまう可能性もあり、初デートの場所としてはハードルが高いため、避けた方がいいでしょう。

ただ、お互いカラオケが好き!ということであれば問題ありませんよ。

目的がある買い物

どちらかに欲しいもの、見たいものがあればそれを目的としたショッピングもいいですね。

たとえば、こういうインテリアが見たいとか食器が欲しいとかデート相手が好きだったり得意分野なら一緒に選んだりするもの〇。

何も決めないウインドウショッピングだと、目的もなくただダラダラ歩くだけで無駄に時間を過ごしてしまうこともあるため、ショッピングに行く場合は、ある程度、目的を決めた方がいいでしょう。

ただし、相手がまったく興味がない、
見るものがない店は避けましょう。

たとえば、ワンピースが欲しいからとレディースしかないお店だけを回っても男性は楽しめませんよね。

服を見たいのなら、せめて男女どちらの服もあるお店にしたり、自分を見たら今度は相手の好きなお店を見るなど、相手にも配慮しましょう。

決め方はどうする?

デートの行き先って決め方迷いませんか?
自分の意見を言いすぎても言わなさすぎてもダメなので加減が難しい。

おすすめとしては、男性に主導権を持ってもらい女性側は大まかな希望を伝える決め方です。

たとえば、ランチであれば「パスタがいい」とか「中華がいい」とジャンルを伝えたり、場所はこのあたりがいいと伝えて具体的な店は男性に決めてもらうというのはいかがでしょうか?

また、デート相手がまたデートしたいなと思う相手ならば、「今回は決めてもらったから今度は私が決めるね」と次回のデートの口実にも!

男性の場合も女性の場合も、相手に丸投げしたり、逆に自分で全部決めるというのは絶対NGなので気を付けて!

初デート成功へのポイント

デート場所が決まったところで、最後に初デートのポイントをご紹介。

お金はできるだけ割り勘がベター

初デートの場合、相手の年齢や行き先にもよりますが、なるべくお金は割り勘にしておくといいでしょう。

とはいえ、男性ならば初デートの時くらいは払いたいという方もいますよね。

そういう場合は、1軒目は自分が払い、2軒目にカフェなどの少額のお店に行くというのはいかがでしょう。
そうすれば、1軒目は自分で2軒目は相手と分けることで、女性側の罪悪感も減らすことができます。

また、女性側も「本当はお金を出してほしい」と思っていても、「せめて小銭は出すよ」とか7割3割程度で割り勘するなど、おごってもらって当然という態度は絶対NG!

よくも悪くも今後が見えない相手だからこそ、初デートでは借りを作らない方がいいでしょう。

デート前に一言連絡する

可能であれば、デート前日に一言連絡しておきましょう。

初デートは、自分も緊張しているように相手も緊張や不安を感じています。
そのため、一言連絡があるだけで相手も安心するし、楽しみにしてくれているんだなと感じると嬉しいですよね。

連絡する内容は、待ち合わせの場所や時間を確認したり、明日楽しみにしてるねという一言だけでもOKです。

パーソナルスペースは守る

パーソナルスペースは、
一般的に下記のように分類されています。

●密接距離
45センチまでの距離で家族や恋人との距離

●個人距離
1.2mまでの距離で友人や親しい人との距離

●社会的距離
3.5mまでの距離で仕事の打ち合わせなどのビジネス場面での距離

●公衆距離
3.5m以上の距離で他人との距離

初対面の場合は、近くても個人距離の1mほどは保っておくのがベター。

いくら相手が素敵な人でも、
初デートからガンガン距離を詰めていくのはNG。

初デートで大切なのは悪いイメージをつけないことです。
悪いイメージがついてしまったらもう次はありません。

また、快適に感じる距離感は個人によってさまざまです。
相手が嫌がっていると感じたり、近づいた時に自然と距離を取られたりする場合は、距離が近すぎる証拠。

精神的にも身体的にもお互いに適切な距離を保って
接するようにしましょう。

待ち合わせと別れ際が大切

初デートの中でもっとも大切なポイントは、
「待ち合わせの時」と「別れ際」です。

待ち合わせの時は、お互い緊張しているし、本当に来てくれるのかなと不安に思っている人もいるでしょう。

そんなときに笑顔で明るく挨拶してくれたら
一気に印象もUP!この後のデートが楽しみになります。

反対に遅刻してきたり、不愛想に挨拶してすぐ移動するような対応は絶対NGです。真摯な対応を心がけましょう。

また、「終わり良ければすべて良し」という言葉があるように、別れ際もとても大切です。
いくらそれまでが楽しくても、別れ際の印象が悪いと、悪い印象のままデートが終わってしまいます。

別れ際がそっけないと、自分ではそのつもりがなくても「何か悪いことしたのかな?」とか「デートがつまらなかったのかも」と相手を不安にさせてしまいますよね。
そうなるとなかなか次には繋がることが出来ません。

何事も最初と最後はとても重要!いい印象を持ってもらえる言動を心がけてください。

いかがでしたか?

初デートって不安もありますが、
とてもドキドキして楽しみですよね!

この記事を参考に
ぜひ気になる人をデートに誘ってみてください。

×