アラフォーの婚活で専業主婦希望は諦めるべき?

アラフォーが婚活する上で専業主婦希望は諦めるしかないのでしょうか?共働きも当たり前のな現代でも専業主婦になりたいという女性は少なくありません。婚活において、アラフォーで専業主婦希望は希望があるのか、また専業主婦希望を通すにはどうしたらいいのかご紹介します。

婚活で専業主婦希望の男性は少ない

共働き世帯が増えているとはいえ、婚活で専業主婦希望の女性は少なくありません。特にアラフォーは「母親専業主婦だった」という人が多いギリギリの世代でもあります。そんな理由から自分も専業主婦になりたいというアラフォー女性も多いのです。
残念なことに、婚活で相手に専業主婦を希望する男性は少ないです。専業主婦希望とは、男性にとって結婚後は働きません宣言をされているも同じです。そう考えれば、婚活の段階で働きません宣言を受け入れられる男性は少ないのも当然です。
アラフォー女性の婚活で、専業主婦希望を貫き通すのであれば、かなり厳しくなると覚悟してください。

専業主婦希望のアラフォー女性が婚活で男性に受け入れられない理由

専業主婦希望のアラフォー女性が婚活で男性に受け入れられない理由は何なのでしょうか?婚活では専業主婦を希望するアラフォー女性が一定数いるのに対し、男性が受け入れられないのには次のような理由があるからです。

ただ仕事をしたくないだけと思われがち

専業主婦希望のアラフォー女性が婚活で男性に受け入れられないのは、ただ仕事をしたくないだけなのでは?と思われてしまうからです。
子供のためだったり、さまざまな理由で専業主婦を希望する女性はいます。しかし、男性からすると、ただ働きたくないのではないか?仕事をしたくないだけではないか?と思ってしまいます。
アラフォーとなるとそれなりに社会人経験を積んでいる年齢だと思います。もういい加減仕事したくない!楽になりたい!と愚痴をこぼした経験がありませんか?女性からすると冗談半分だったとしても、男性はその言葉を真面目に受け取ってしまっているのかもしれません。耳年増なのは女性だけではないということです。

お金目的かもしれない

専業主婦でいられる大前提として、夫にそれなりの収入があることが条件になります。婚活の時点で専業主婦希望を出してくるアラフォー女性は、お金が目的なのではないかと男性は疑心暗鬼になります。
収入で相手を選んでいるのではないか、自分のことを好きになってくれたわけではないのかもしれないと不安になり、相手に好印象を抱けません。
もちろん結婚を前提とした婚活ですから、収入も相手を選ぶポイントになることは確かです。けれど、お金がすべてでは幸せな結婚生活は送れませんよね。女性が婚活で相手を選ぶように、男性だって女性を選んでいます。

楽な生活がしたいのでは?

専業主婦に対して夫を送り出した後は自分の時間、女友達と一緒に優雅にランチタイム・・・といったようなイメージを持つ男性も少なくありません。専業主婦の女性からしたら「そんな楽なものではない」と怒られそうですが、実際問題そういったイメージを持っている男性はいます。
そんな中、婚活で専業主婦希望をする女性は、楽な生活がしたいだけではないか?と敬遠されてしまいます。もちろんそんなアラフォー女性だけでなく、きちんとした理由や考えがあって専業主婦を希望している人もたくさんいます。
たくらんいるにも関わらず、残念なことに始めから専業主婦希望をしてしまうと男性は引いてしまって、出会いにすらつながらないのが現状です。

結婚後の将来が不安

婚活は結婚がゴールかもしれませんが、人生は結婚がゴールではありません。結婚後はどんなことが起こっても、夫婦2人で乗り越えていかなければなりません。
これから先、何らかの事情で男性が働けなくなるという事態も起こるかもしれません。そんなときに、結婚前から専業主婦希望をする女性が自分を助けてくれるか男性は不安に思います。
何かあったときは自分が代わりに働くから、といってくれるような女性を男性は求めているのです。女性が男性に守って欲しいと思うように、男性も自分を支えてくれる女性に魅力を感じます。
婚活市場には多くの男女がひしめきあっていて、当然ライバルも多い状態です。そんな中で、専業主婦希望のアラフォー女性を選ぶ理由が男性にはありません。

婚活でアラフォー女性に求められるのは自立


婚活で専業主婦希望をする女性はアラフォーだけではありません。20代の女性でも専業主婦希望の女性はそれなりにいます。20代なら「世間のこと良く分かっていないのだろうな」と思えても、アラフォーになってしまえば「分からない」では済まされません。
アラフォー女性には耳が痛い話かもしれませんが、白馬の王子様の夢見ていられる年齢ではありません。それなりに社会人経験をし、それなりに人生経験をしてきているのがアラフォー世代です。
そんなアラフォー女性に婚活で男性が求めるのは自立です。しっかりと自分の人生を一緒に歩いてくれる自立した女性を男性は求めています。逆に考えれば、20代にはないアラフォー女性の魅力ともいえます。それなのに婚活ではじめから専業主婦希望では、自分の魅力を自分で打ち消してしまっているようなものです。アラフォー女性が婚活で専業集希望をするのは、それくらいもったいないことだと知ってください。

アラフォーで婚活に成功したいなら専業主婦希望を押し出さない

婚活で自分の結婚の条件をはっきりさせるのは大切です。どうしたって譲れない条件を曲げてまで婚活したところで、上手くいくはずがありません。アラフォーで婚活に成功したいなら、専業主婦希望を押し出さないことをおすすめします。
決して専業主婦が悪いわけではありません。さまざまな理由があって、専業主婦をしている女性はいますし、専業主婦だって大変です。ですがそれは「理由があって」が大前提です。婚活の段階で専業主婦希望の女性は、男性から一緒に協力してくれる気がない女性と受け止められてしまいます。
逆に考えてみてください。婚活の段階で、「僕は給料がもらえればいいので出世する気はありません」といわれたらどうでしょう?そんなアラフォー男性と将来を共にしたいと思うでしょうか。たぶん、それでもいいと思う女性はかなり少ないと思います。
婚活で専業主婦希望のアラフォー女性は、「仕事にやる気を持てませんが結婚してください」といっている男性と同じです。専業主婦希望を前面に押し出すのは止めましょう。

どうしても専業主婦希望を曲げられないならやんわりと伝える

アラフォーで専業主婦希望は難しいといっても、どうしても専業主婦希望を捨てられないという女性もいます。そしてそれが結婚の条件であれば曲げるのは難しいでしょう。
どうしても専業主婦にこだわるのであれば、やんわりと専業主婦希望であることを伝えるのが得策です。「絶対に専業主婦になりたい」と伝えるのではなく、「将来的に子供ができたら専業主婦になりたい」とやんわり伝えましょう。
自分が共働き家低だったから子供には寂しい思いをさせたくないから、といったように具体的なことを交えて伝えると相手の受け取り方もまったく違ってきます。働くこともやぶさかではないけれど、子供のために専業主婦なりたいといった伝え方をするのがおすすめです。

専業主婦はあくまでも結果

専業主婦をしている女性はいますし、専業主婦が下に見られるようなことはあってはなりません。何度も言いますが、専業主婦が悪いといっているわけではありません。
結婚してから夫婦で話し合い専業主婦になる女性もいますし、子供ができたことで専業主婦になる女性もいます。大切なのは「夫婦2人で話し合った結果」専業主婦になるということです。
2人で話し合った結果であれば、お互い納得済みのことですから何の問題もありません。話し合うという手順を踏まないうちから、専業主婦希望ですというアラフォー女性を男性は敬遠してしまうのです。
専業主婦はあくまでも、結婚して夫婦で話し合った結果になるものと考えてください。そうでないと、アラフォーの婚活はかなり厳しいものになるでしょう。

×