「結婚相談所にろくな女がいない」は本当?結婚相談所で理想の相手と出会うには

「結婚相談所で相談したけど、ろくな女がいなかった」。
結婚相談所を利用した男性の中で、そう言う人が時たま見受けられます。
なぜそう言われてしまうのか、そして結婚相談所にいい女性は本当にいないのでしょうか?

今回は、結婚相談所に良い女性がいないと思ってしまう理由、そして結婚相談所で理想の相手と出会う方法について紹介していきます。

この記事を読んで、結婚相談所の上手な利用方法を知り、婚活の成功に結びつけましょう!

「結婚相談所にろくな女がいない」と思ってしまう理由3つ

「結婚相談所に行ったのに、いい女の人がいなかった」と感じてしまうと、モチベーションも下がってしまうことでしょう。
しっかりとした結婚相手を探したいと思っているのであれば、それは当然のことと言えます。
しかし、なぜ「結婚相談所にろくな女がいない」と感じてしまう人がいるのでしょうか?
まずはそう思ってしまう理由について、紹介していきましょう。

結婚相談所に対しての期待が高すぎるから

よくある理由のひとつが、結婚相談所に対する期待の高さにあります。

結婚したいと思っている人にとって、結婚相談所はかなり大きな砦となっていることが多いです。
というのも、結婚相談所は合コンやマッチングアプリといった気軽な婚活ツールを使っても上手く行かなかった人たちが向かう「最後の希望」のような場所なのです。

それまでの婚活ではほとんどお金をかけることはなかったと思いますが、結婚相談所に入るとなると、入会料や斡旋料などそれなりの費用がかかってきます。
ただしお金がかかる分、相手の真剣度も高いですし、プロの相談員が親身に相談に乗ってくれて、フォロー体制も完璧です。

しかし「時間やお金をかけているんだから、いい人を紹介してもらえて当然」と思う人も多く、少しでも違うと感じると批判的になってしまう人も少なくありません。

期待値が高いが故に完璧なサービスを求めてしまい、知らず知らずのうちに理想が高くなってしまっているのです。

結婚相談所で失敗した経験があるから

一度結婚相談所で失敗してしまい、トラウマになってしまった…というケースも見受けられます。
アドバイザーの人におすすめしてもらった女性に会ってみたけど理想と違った、もしくは嫌な思いをさせられたという声も挙げられています。

どちらが悪いというのは一概には言えませんが、たまたまその人と合っていなかっただけかもしれません。
しかしその1回の失敗をズルズルと引きずり、「結婚相談所=いい女がいない」と自分の中で位置付けてしまう人がいます。

いい女性と出会うには、出会いの数もそれなりに増やさないといけません。
しかし1回の失敗だけで結婚相談所の印象を決めつけてしまうのは、非常にもったいないと言えるではないでしょうか。

理想と現実のギャップがありすぎるから

自分の中にある理想に現実が追いついていなさすぎる、というのも理由のひとつに挙げられます。

結婚相談所に来る人は「相手の身長はこれくらいが理想」「料理ができる子がいい」など、自分の中にそれなりの理想を持っている人が多いです。
自分の中で条件を挙げることは悪いことではありませんが、その理想が高すぎると、現実とのギャップに苦しむことになります。

前述した通り、結婚相談所に来る人は相談所にそれなりの期待を込めているわけですから、高めの理想を持って行く人がほとんどです。
しかしその理想を少しでも下回ると「いい女がいない」とマイナスに感じてしまうのです。

しかし婚活にはある程度の妥協が必要になってくるというのも事実です。
本当に結婚したいのであれば、自分の中の理想と現実を少しでも埋める気持ちが必要ですよ。

結婚相談所で理想の相手と出会う方法3選


せっかく時間とお金をかけて結婚相談所を利用するのであれば、必要最大限に活用することをおすすめします。
結婚相談所は、いわば婚活のプロがそろう場所。
そのサービスをしっかりと受けて相手を探せば、理想の結婚相手と出会うことも夢ではありませんよ。
では結婚相談所で理想の結婚相手と出会うには、どうすれば良いのでしょうか?

理想を高く持ちすぎない

結婚相談所での婚活を成功させたいのであれば、高い理想を持たない心構えをしましょう。

「せっかく相談所を使うなら、理想を高く持ってもいいのでは?」と言う人もいるかと思います。
しかし、結婚相談所ではまず条件を絞ってから相手を探すシステムになっています。
理想が高すぎて、この最初の段階で条件を絞りすぎてしまうと、その分出会える女性の数が限られてしまいます。

出会う女性の数が少ないということは、その分結婚のチャンスも減ってしまうということ。
それでは意味がありませんので、最初は「こんな感じの人もいいな」というくらいの軽い気持ちで会ってみるのも良いと思いますよ。

妥協したくない点は最大でも3つまで

理想を高く持ちすぎないと言っても、必要最低限の条件はあって当然かと思います。
その場合は、譲れない条件を3つまでに絞るようにしましょう。

絞り方としては、まず頭に浮かんだ条件をひたすら紙に書き出してみてください。
考えうる限りの条件を出せたら、「これはなくてもいいかな」と思えるものから1つずつ消していきましょう。そして最終的に残った3つの条件を、結婚相談所に提示してみてください。

自分の中で絶対条件を挙げることで目標も定まりますし、結婚相談所としても必要最低限の条件を出してもらえれば相手も紹介しやすくなるので、お互いにメリットになりますよ。

いろんな相手と積極的に会う

理想の相手と出会いたいというのであれば、出会いの数も必要になってきます。
そのためには、自分から積極的にいろんな女性と会うようにしましょう。

その際には、くれぐれもプロフィール写真や内容だけで相手を決めつけるということだけはないようにしましょう。
「写真ではなんとも思わなかったけど、実際に会うとフィーリングがとても合った」「最初は気乗りしなかったけど、会ったらとてもいい相手だった」という人が、実は結構多いのです。
食わず嫌いで相手を選んでいては、いつまで経っても良い相手と巡り合うことはできませんし、時間がもったいなさすぎます。
「1回会ってみようかな」くらいの軽い気持ちで動いてみると、意外と良い出会いになるかもしれませんよ。

現実を見据えて、積極的に結婚相談所を活用しよう

結婚相談所にいい女性がいないと思ってしまう理由や、理想の相手との出会い方を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

結婚相談所に登録する人は真剣に結婚を望んでいるので、いい相手と出会えればすぐに結婚することも夢ではありません。
さらにプロのアドバイザーが自分に合う異性をピックアップして紹介してくれるので、悩みがちな人でも安心して相談できるというメリットもあります。

このように、結婚相手を探すには最高の環境である結婚相談所は、ぜひとも最大限に活用してほしいところです。
そのためには、自分の中で目標や結婚相手に求めるものをしっかりと定めておくことが大事になります。
「結婚相談所なら願いを叶えてくれるだろう」とあぐらをかいて任せているだけでは、理想の相手と出会えず、ズルズルと婚期だけが伸びてしまいますよ。
自分を見つめ直した上で条件を絞り出し、結婚相談所と二人三脚で挑む気持ちで婚活に励みましょう。
結婚相談所も真剣度の高い人には、しっかりとしたサポートをしてくれます。
その恩恵をしっかりと受けながら、理想の結婚相手と出会えるように頑張りましょう。

×