ハイスペックな男性と付き合う・結婚するデメリットとは?

ハイスペックな男性と付き合う・結婚するデメリットとは?

誰もが憧れるような職業に就き、頭も良くて、収入もある、そんなハイスペックな
男性と付き合いたい、結婚したいと考える女性は少なくはないでしょう。

しかし、そんな素敵なハイスペック男性と付き合うのにもデメリットがあるんです。

今回はハイスペック男性と付き合う・結婚する際の
デメリットについて紹介していきたいと思います。

会える時間が少ない

ハイスペックな男性は仕事でとても忙しいです。
付き合えてもなかなか会えない、結婚したけれど家にいる時間が少ないといった
悩みを持つ女性も少なくはありません。

付き合っているのにデートの時間が全くなければ、お互いをよく知ることもできず、関係を進められないままになってしまいます。

仕事で忙しく、とりあえず適齢期なので結婚したいと考える男性も多くいる
ようですが、そんな状態で付き合って結婚しても幸せな結婚生活は難しいですよね。

愛のない結婚や家政婦のような扱いになってしまう可能性もあります。
相手ときちんと恋愛がしたいという女性は、
そういった男性と付き合うのは難しいでしょう。

せっかく結婚していても、夜遅くまで帰ってこず、
休日も忙しくて話をする時間もあまりないという夫婦もいるようです。
家のことは全て任せきりで相談もできなかったり、子供が欲しいのに
夜の時間が持てないということもあるよう。

仕事で忙しいのですから仕方のないことですが、
これでは、付き合ったり結婚した意味がないようなものですよね。

結婚さえできればそれで良く、趣味や友人関係などで一人の時間を
満喫できるような女性ならば問題ないかもしれませんが、
普通の結婚生活がしたい人や子育てを夫婦でしたい人にとっては
忙しすぎるハイスペックな男性と結婚するのはデメリットになるでしょう。

浮気の心配が多い

浮気の心配が多い - ハイスペック男性と付き合うデメリット

モテるハイスペック男性だからこそ、恋人同士になっても結婚しても、
他の女性からのアプローチが多く、浮気をしてしまう人も多いようです。

男性側にその気がなかったとしても、浮気されてしまうのではないかと
不安になってしまうのも辛いですよね。

相手をしっかりと信頼できる、自分に自信がある、そんな女性ならば
問題もないかもしれませんが、なかなかそうは割り切れないものです。

相手の浮気にいつも不安になってピリピリしてしまい、
逆に相手の気持ちが離れてしまうということもあるでしょうから、
ハイスペックな男性と付き合うには、相手をしっかりと受け入れられる
芯の強い女性であることが必要です。

人付き合いが大変

ハイスペックな男性は仕事でもプライベートでも交友関係が広いです。
そんなハイスペックな男性と付き合ったり結婚すると、
一緒にパーティなどに出席する必要が出てきます。

彼のためとはいえ、人付き合いをしなければいけないのは、
苦手な人にはとても苦痛でしょう。

そういった場ではただ参加するだけでなく、
マナー良く礼儀正しい態度が必要になります。

彼と同じ様にハイスペックなお金持ちや上品な人たちばかりですから、
話す話題にもついていけなければなりません。

彼に恥をかかせない様にしなければいけませんし、
ときには彼を立てるような気遣いも必要になってきます。

また、結婚すれば、そういった場への参加だけでなく、
季節の贈り物や年賀状など、様々な面倒ごとも増えます。

話を合わせるのが難しい

話を合わせるのが難しい - ハイスペック男性と付き合うデメリット

ハイスペックな男性と付き合うと話の内容も難しいものになってくることが
多くなり、教養や政治などの知識が必要になってくることもあります。

ある程度の教養がないと相手との話が合わずに
お互い気まずい思いをすることもあるかもしれません。
そういったことが何度もあると、相手にあきれられてしまうこともあります。

ハイスペックな男性と一緒にいるためには、自分もハイスペックな男性の話に
ついていけるほどの教養や知識、頭の回転の速さが必要になってきます。

また、生きてきた世界が違うと価値観の違いもあるでしょうし、
ノリも違うでしょう。

忙しいハイスペックな男性はテレビなどを見る時間もあまりありませんし、
見てもニュースなどでドラマやバラエティに興味がない人も多いです。

そのため、話題のものの話や有名人の話をしても
上手く話が合わないこともあるかもしれません。

自分たちの感覚では面白いと思うことも
彼には通じないということもあり得ますし、その逆もあります。
あまりそういったことが続くとお互いつまらなくなってくるかもしれません。

恋人への理想が高い

ハイスペックな男性は、自分への理想も高く、それをきちんとこなしている分、
付き合う相手にも同じようなものを求めることがあります。
自分につり合う女性である必要があるのです。

そのため、見た目や身につけるものにも気をつけなくてはいけませんし、
彼に秀でていると認めてもらえるようなところがなくてはいけません。
自立した完璧な女性である必要が出てきます。

自分自身も完璧を求める性分だったり、自分に自信が十分にあれば問題ないかもしれませんが、相手の求めるものについていけずに苦しいこともあるかもしれません。

結婚すれば、家事や育児にも完璧を求めてくるかもしれません。
家にいる時間はあまりないし、子供の面倒もほとんど見ることはないけれど、
完璧であることは求められて、息が詰まる思いをすることもあるかもしれませんね。

プライドが高い

プライドが高い - ハイスペック男性と付き合うデメリット

ハイスペックな男性は自分に自信を持っているため、プライドが高いのも特徴です。
自分のことをきちんと尊敬してくれる女性を好みます。

常に尊敬していることを前提に接しなければいけないことがあります。
プライドを折るようなことをしてしまうと
すぐに嫌われてしまうこともあるでしょう。

自分に自信が合ってナルシスト気味なところがある人もいるので、そういったところも含めて好きでいなければ、相手をするのが大変に思うかもしれません。

盲目的に相手のことを好きでいられれば、尊敬できるところばかりで
問題ないでしょうが、ちょっと気になるところや直して欲しいところがあっても、
はっきり言うことができなかったり、言っても機嫌を悪くしてしまったり
することもあるかもしれません。

相手を立てるべきときにはきちんと立て、
人前でも彼が恥をかかない様に気をつけなければいけません。
そんな相手と一緒にいてつかれることもあるでしょう。

また、プライドが高いため、甘えたり、弱みを見せたりすることはしません。
相手の前でも常に強くできる自分であろうとするため、
寂しさを感じることもあるかもしれませんね。

まとめ

ハイスペックな男性と付き合う、結婚するデメリットについて
お話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ハイスペックな男性と一緒になると、それだけで幸せになる様な
気がしてしまいますし、良いところばかり見てしまうこともあるでしょう。

ですが、やはり付き合うためには彼を支えられる、受け入れられる、
彼につり合う女性になる必要があるのかもしれません。

もちろん、ここで紹介したデメリットが必ずしも全てのハイスペック男性に
当てはまるわけではないですが、良いところばかり見ずに相手の中身を
しっかりと見て、一緒にいて幸せになれそうな相手かどうか、自分につり合う
相手であるかどうかを見極めることも必要です。