出会いを求める40・50代女性必見!出会い系でライバルに差をつける方法

出会いを求める40・50代女性必見!出会い系でライバルに差をつける方法

「食事はいつも同じ店」「休日に遊ぶメンバーもいつも同じ」「体力が落ちて外に出るのもメンドくさい・・・」と日常の生活は遊びも食事もパターン化されがち。このようにパターン化された生活の中では、新しい出会いも減ってしまいますよね。

そんな40代以降の恋愛をサポートしてくれるのが出会い系サイト。パソコンやスマホを利用して、いつでもどこでもパートナーを探せる手軽さが魅力です。

最近では40代以上の女性の恋活・婚活のツールとしても、定着しはじめた出会い系サイトですが、利用者が多いということは、それだけライバルも多いということ。40・50代の女性がステキな男性にアプローチするための方法を知って、ライバルに差をつけましょう!

経験こそ最大の武器!40・50代だからこそアピールできる強みを活かそう

経験こそ最大の武器!40・50代だからこそアピールできる強みを活かそう

「もう若くないし、恋愛なんて・・・」と年齢を重ねるごとに恋愛にネガティブになってしまう方は多いのではないでしょうか?

体の衰えを感じると心も弱くなり、「自分にはもう魅力はないのでは」と思ってしまうかもしれませんが、恋愛をするのに遅すぎるということはありません。
なぜなら「経験」という、若い女性がどうやっても手に入れることのできない、恋愛における最大の武器をすでに身につけているからです。

これまでの人生で多くの人に出会い、色々な経験をしてきたはずです。そして、その経験があれば、恋愛でパートナーに求めるものは外見的な魅力だけではなく、「精神的なやすらぎ」であることに気づくはず。

40・50代で幸せな恋をしている女性には共通のポイントがあります。

それは周りの意見に流されることなく、自分自身の心と体を使って活き活きと生活を楽しんでいる点です。心がポジティブになればファッションやメイクも楽しくなり、その前向きなエネルギーはきっとステキな恋を引き寄せますよ!

40・50代の男性が恋愛に求めるものは?

40・50代の男性が恋愛に求めるものは?

女性だけでなく男性も、経験を積むにつれ恋愛に求めるものが変化していくもの。社会に出て多くの経験を積んだ40代以降の男性は恋愛にどのようなことを求めているの?

単調な毎日に刺激がほしい

「お酒も食事もいつも同じ店」「休日は部屋でゴロゴロ」女性だけでなく、男性の生活もパターン化されがち。新しい出会いも減り、退屈な日常に変化を与えてくれる刺激を求めています。

そんな男性にとって、恋愛のドキドキは平凡な毎日にエネルギーを与えてくれるスパイス。きっかけさえあれば新しい恋をはじめたいと考えている男性は多いんです。

自分の居場所を求めている

40代以降の男性は会社での出世争いや、上司と部下の間で板挟みになりストレスを抱えるなど、社会的立場があるからこその悩みによって、体だけでなく心も疲れてしまっている方が多いですよね。

そんな社会的な競争やしがらみに疲れてしまった男性が恋愛に求めるのは「癒し」です。毎日バリバリ仕事をこなすビジネスパーソンであっても、プライベートではひとりの男性。大人の包容力でやさしく受け入れてくれる女性を求めているんです。

いくつになっても男でいたい

男性にとっていちばん幸せを感じる瞬間に、「好きな女性を幸せにできた時」と答える方は多いのですが、このことから「女性に愛されなくなったら男として終わり」とマイナスに考えてしまう男性も多いんです。

年齢を重ねると恋愛にネガティブになってしまうのは女性と同じですが、男性の生き方はシンプルで一直線であるため、「恋愛以外の生き方もあるさ」と意識を変えることが難しく、いくつになっても女性に愛されたいと願うんです。

40・50代女性が好かれるための5つのポイント

40・50代女性が好かれるための5つのポイント

出会い系サイトで気になる男性を見つけたら、さっそくメールやチャットでやり取りしましょう!ここからは40・50代の男性と交流する際にチェックしておきたい、モテる女性のタイプをご紹介します。

40代以降の男性には「社会経験の豊富なオトナの男性」のイメージがありますが、実は年齢を重ねたからこそ抱えるナイーブな部分も多いんです。何気ないひと言で傷つけてしまわないように、敬意とマナーをもって接しましょう!

適度に甘えて癒し上手に

男性は女性に頼られることに幸せを感じるものです。それは40・50代になっても変わることはありません。だからといって、無理にキャラを作ったり、ブリっ子のフリをして甘えるのはNGです。

40代以降の男性は同年代の恋人に対して、「オトナの女性として、広い心と豊かな知性、そして深い母性を持っていてほしい」と考えています。

そんなオトナでステキな女性の甘える姿に男性は心を動かされるため、甘え上手になるには見た目だけでなく、中身を磨くことも必要なんです!

聞き上手になって男性を立てよう

先程もご紹介した通り、会社でのしがらみや出世争いなど、40代以降の男性は心も体も疲れていることが多いです。そしてストレスを抱えていても、年齢を重ねるごとに誰かに甘えたり弱音を吐くことが難しくなり、孤独を抱えがちです。

そんな40代以降の疲れた男性にとって、駆け引きや打算がなく、ただ優しく話を聞いてくれる恋人の存在は何よりのやすらぎになります。弱音を吐くのはあなたのことを信頼しているからこそ。大人の包容力で、やさしく彼を受け入れてあげましょう!

料理が得意な女性は年上男性からモテる

料理が得意な女性は年上男性からモテる

最近は自炊をする男性も増えましたが、「やっぱり料理はメンドくさい!」と外食で済ます方が多いようです。ひとり暮らしが長い40・50代の男性もその傾向が強く、「そろそろ健康に気を使わないといけないけど、料理はイヤだ」との声も。

そんな「健康に不安があるけど自炊はNO!」な40代以降の男性にとって、料理上手な女性はやっぱり魅力的。味覚の近い同年代の女性なら料理の味付けの濃さでもめることも少なく、料理上手な女性は年齢を重ねるほどにモテるんです!

他人の悪口を言わない

40代以降の男性はその社会経験の中で、心ない暴言を受けて自信やプライドが傷ついた経験も多く、限界ギリギリの心情を抱えて生活していることもしばしばです。

そんな中、せっかく「いい関係になれそうだ」と期待していたあなたの口から悪口を聞いてしまっては(例え男性自身のことを言ったのではなくても)、「影では自分のことも悪く言われているのでは・・・」と不安を与えてしまいます。

男性の趣味や価値観を否定しない

「男性は女性に比べ精神的に幼い」といわれますが、同様に男性の方がメンタルにダメージを受けやすい傾向があります。40才を越えれば性格や趣味がキッチリと固まっていることも多く、例え女性が「それはおかしい」と感じてもストレートに伝えるのは避けましょう。

もしあなたが趣味や価値観をハッキリ否定してしまった場合、男性はまるでそれまでの生き方を否定されたようなショックを受け、心がポッキリ折れてしまうことも。「男性はいつまでたっても子どもの部分を抱えているんだな」と相手の価値観を受け入れてあげましょう!

40・50代の恋愛では内側から輝こう!

今回は40・50代の女性がステキな男性にアプローチするための方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?この年代の男性が同世代の恋人に求めるのは「オトナの女性としての、広い心と豊かな知性、そして深い母性」です。

40・50代の恋愛では自分磨きを大切に。内側から輝くあなたになって恋愛を楽しみましょう!