独身コンプレックスを感じている人は意外と多い! その原因と抜け出す方法をご紹介!

独身コンプレックスという言葉を聞いたことはありますか?

独身コンプレックスとは、独身の女性が結婚していないことに対してコンプレックスを抱いていること。

本来、結婚していようがしていなかろうが、コンプレックスや劣等感を感じる必要はありません。

しかし、実際には独身であるということにコンプレックスを抱いている人が多いのです。その理由はどこにあるのでしょうか?

周囲のプレッシャー

大きな要因の一つとして、周囲から「まだ結婚してないの?」とか、「結婚しないの?」と聞かれてプレッシャーを感じてしまうこと。

昔よりはそういったプレッシャーをかけてくる人は減っていると思いますが、親や兄弟、親戚などの身内や、一部の人の中ではまだ古い考えの人も多いです。

また、相手はプレッシャーをかけるつもりではなく、ただの会話のつもりで聞いていたとしても、聞かれた方からすると「またか・・・」と感じてしまうこともあります。

既婚者への憧れ

今の生活に不満や不安があるわけでなくても、家族で旅行にいっただとか、子供との楽しそうな話題だったり、自分にはないものを持っている人をみると、羨ましく感じてしまいます。結婚に限らず、隣の芝生は青く見えますよね。

また、年齢が上がると既婚率もあがり、周りとの会話がかみ合わなくなってきます。
そういった場面で、普段は気にしていなくても周りとの違いを感じて独身でいることにコンプレックスを感じてしまう人も。

自分には何か欠陥があるのではないか

結婚願望の有無にもよりますが、結婚したいのにしていない場合、「誰にも選ばれない自分は何か欠陥があるのではないか?」と感じてしまうようです。

もちろん結婚していようが独身であろうが、人間性は関係ありません。

しかし、頑張っても上手くいかなかったり、この人よりは早く結婚できると思っていた人に先を越されたりすると、「どうして自分だけ?」とネガティブになってしまいがち。

独身コンプレックスを減らすには?

現在、独身コンプレックスを感じている人が少しでも減らすにはどうしたらいいのでしょうか。

結婚=幸せではないと再認識する

まわりが結婚していると、結婚しなければいけないのではないかとか、結婚していることが幸せと感じてしまうこともあります。

しかし、結婚=幸せでもゴールでもありません。

一度結婚や恋愛から離れて、仕事に打ち込んでみたり、趣味を探したりあらためて自分の周りの環境を楽しんでみるといいですよ!

結婚以外で自分の魅力や強みを作る

何かひとつでも、他の人には負けないところや、これなら自身が持てるというものを探してみましょう。

そういわれると難しく聞こえるかもしれませんが、ちょっとしたことで大丈夫!

たとえば料理のレパートリーを増やしてみる、毎日早起きする、誰にでも笑顔であいさつするなど。

それ以外にも、現在コンプレックスに感じている部分で自分で解消できることがないかを探してみるのもおすすめ。

服のセンスに自身がなかったら雑誌や店員さんなどをマネしてオシャレセンスを磨いてみたり、体形にコンプレックスがあればダイエットを頑張ってみるなど、ちょっとしたことを頑張るだけでも人は魅力的に見えるはず!

そして一見恋愛や結婚に関係がないと思うことでも自分の魅力を磨いているうちに、知らず知らずに結婚への近道になっているということも。

自分に悲観的になっていると、どんどん出会いから遠ざかってしまいますが、魅力的な人間になることで出会いのチャンスにつなげることも。

また、人間としての魅力というのは恋愛以外でも生かせます。
仕事仲間や友人から逆に羨ましがられるようにもなるかも!

まとめ

いかがでしたか?

コンプレックスに感じる部分は人それぞれありますが、そのままネガティブになっていっては、どんどん負のループに陥ってしまいます。

まずは、すぐに始められることから小さな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

×