アラフォー必見!年下彼女を作るコツ

世間年の差カップルが増えていますよね!
アラフォー男性のみなさん、一度は年下彼女に憧れを抱いたことはありませんか?

同世代の女性や年上の女性もとても魅力的ですが、年下女性には同世代や年上女性にはない魅力もたくさん!

そんなあなたのために、年下彼女を作るコツやメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

年下にはモテないのでは?

年下彼女が欲しいと思っても、「もうアラフォーだから若い子にはモテないでしょ・・・」と思っていませんか?

いえいえ、そんなことはありません。

一般的に、女性の方が男性よりも精神年齢が高いため、同世代は子供っぽく見えてしまい年上の男性がいいという女性も多いです。

また、年上の方が人生経験を積んでいるため、包容力があって頼れるイメージがあり若い女性からすると、アラフォーの大人な男性は魅力的に映ります。
なので、最初から「どうせ無理」とあきらめずに、気になる女性が出来たらアタックしてみてください!

モテるアラフォーとは?

残念ながらアラフォー男性に魅力があるからと言って、誰でもモテるわけではありません。年下女性からモテるためには、いくつかのポイントがあります。

以下のことに気を付けていきましょう。

上から目線にならない

一番大切なポイントといっても過言ではない大切なポイントは、上から目線にならないことです。

「それはこうだよ」「こうしないとダメだよ」など、自分はアドバイスのつもりで言っていたとしても、相手からするとあれこれ指図されているような気分になっているかも。

また、昔は亭主関白が当たり前な時代もありましたが、今は亭主関白ではモテません。年上だからと意気込まずにフラットな関係を心がけましょう。

必死にならない

若い子に追いつかないと!とか、振り向いてもらわないと!と思うと、情報を調べたり知ったかぶりをしてみたり必死になりがち。
そんな姿をかわいいと思う人もいますが、あまりに必死すぎると引いてしまうということもありえます。

知らないことは相手に教えてもらうことでコミュニケーションもとれるので、あまり気取らずに肩の力を抜いて接した方がきっと素敵に見えますよ!

年下女性の魅力

次に、同世代とは違う、年下女性特有の魅力をご紹介したいと思います。

素直さ

女性・男性関係なく、年齢を重ねると自分のスタイルやプライドがあり、素直になれないという時ありませんか?

また、たとえばテーマパークやライブに行った時に、思い切りはしゃぎたくても人目が気になり、恥ずかしくてできない・・・ということもありますよね?
その点、年下女性は、楽しいときは楽しい、嫌な時は嫌と自分に素直に一喜一憂できます。

また、人生経験も浅いので、周りの人からの意見に柔軟であったり素直に謝れたりと、アラフォー男性からするとそういったところも可愛く感じるようです。

フレッシュ感

やはり、年下彼女の一番の売りは、フレッシュ感ではないでしょうか。

普段、同世代の落ち着いた大人の女性と接していると年下女性のハツラツとした明るさが新鮮に感じます。
明るい笑顔を見ていると、こちらもなんだか明るい気分になれますね!

頼ってくれる・尊敬してくれる

人生経験の多い分、年下女性からするとアラフォー男性は頼れる存在です。

同世代の男性よりも落ち着いていて、大人の魅力を感じるので、同世代の男性からアドバイスされるよりも素直に聞けるのかもしれませんね!

男性からすれば、そんな頼ってくれる年下女性は可愛く見えて当然。
自分への自信にもつながります。

自分に自信を持つことで、恋愛以外の私生活や仕事でもポジティブになれて、自分の株もUPするかも。

時折見せる大人っぽさのギャップ

普段は子供っぽく見えることが多くても、そんな子供っぽさとは逆に、仕事中など、大人な一面を見ると、そのギャップにやられてしまう男性も多数。
料理上手、家族を大切にしている、金銭面など将来のことをきちんと考えているなどもポイント高め。

年齢や性別に関係なく、ギャップはいつの時代も惹かれるポイントですよね!

守ってあげたくなる

年下女性は甘え上手な方も多いです。
年齢が違う分、女性からしても甘えやすいのかも。

年下女性から可愛く甘えられたら、思わず「俺が守ってあげないと!」という気持ちになってしまいますよね。

メリット・デメリット

年下女性と付き合うことで、同世代の女性からは得られない自分にとってのメリットがあります。しかし、メリットがあるということは当然デメリットも。

次はそんな年下女性ならではのメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

自分も若くいられる

同世代同士では得られない、最近の流行だったり若い感覚を身近に感じられるので、自分にとってもいい刺激になるでしょう。
また、一緒に歩いていて恥ずかしくないように、体形や服装、髪形に気を付けることで、見た目から若さを保つこともできます。

ケンカが少ない、イライラしにくい

年の差がある場合、同世代だとイライラしてしまうことでも、「年下だからまあいいか」と許せてしまうこと、ありませんか?

そのため、今までならケンカになっていたことでも、年下だと心に余裕が持てるので、ケンカになったりイライラしたりすることが少なるなるかも。

優越感に浸れる

友達に紹介したときに「こんなに若くて素敵な彼女がいるんだ」と優越感に浸りたいという人もいますよね?

また、ちょっといいお店に連れて行ったりするなど、相手にとって初めてのことをしてあげることで、尊敬されたり褒められたり。

そういった反応を見ることでも優越感を感じますね!

話題・価値観が合わない

年の差があればあるほど、どうしてもジェネレーションギャップが生じます。

また、相手がまだ学生で会った場合、主な話題は大学のことが多くなります。
しかし、社会人からすると、仕事への理解が薄かったり人生を甘く考えていたりと、自分と価値観が合わないと思うこともあります。

最初は、そんなところもかわいいと思えていても、付き合いが長くなればなるほど、だんだん嫌になってしまうことも・・・。

共通の話題が少ないときは、逆に自分の知らない情報が知れるとポジティブに考えて会話を楽しめるといいですね!

浮気が心配

若い世代、特に学生の場合は、社会人よりも出会いも多いです。

そのため、そのうち自分に飽きて同世代の若い男に気移りしてしまうのでは?と心配になってしまいます。

浮気の心配は、年齢や性別問わず生まれる悩みだと思います。
そのため、年下女性に限ったことではないと割り切って、どんと構えているのも大切です。

金銭的負担がかかる

すべてのお金を出さなければいけないというわけではありませんが、やはり年下の場合、おごったり多めにお金を出したりと、同世代よりも金銭的に負担はかかるようです。

付き合っているのであれば、話しにくいとは思いますが、金銭面も含めてお互いに負担が少なくなるよう、付き合い方について2人で話し合うのが大切です。

わがまま

年下女性が年上男性を選ぶ一つの理由として、頼りになったり包容力があるという点です。

「包容力」の中には、多少のわがままは許してくれそうというのも含まれます。
そんなわがままも最初は可愛く思えてもだんだん鬱陶しくなってしまったり、思っていたよりもわがままだったり、理想と異なってしまうかも。

自分の素を出しづらい・甘えられない

女性の前だと、かっこいい自分を見せたくなりますよね。
相手が年下だと余計にかっこつけたくなると思います。

せっかく素敵な彼女と付き合えたのだから、嫌われないように釣り合う男にならなければ!と思うと、どんどん素の自分を見せられなくなってしまいます。

また、ただでさえ彼女には甘えづらいという方が多いですが、年下であればよりしっかりとリードしなければならず、甘えたい時にも強がってしまうという方も多いようです。

いつまでも本当の自分を隠しているのはとても疲れてしまいます。
その結果、お付き合い自体がつらくなり別れてしまうという結果になりかねません。

女性も本性をすべて出しているわけではないので、割り切って徐々に素の自分を出していきましょう。

長続きするポイントとは

上記で紹介したように、年齢が違うと同世代では発生しにくい問題も生じやすいです。

次は、そんな年下彼女とのお付き合いを長続きさせるポイントをご紹介いたします。

子供扱いしすぎない

年が離れれば離れるほど、子供っぽく感じることがありますよね。
そんなところが可愛く思えたり。

しかし、年下といっても相手も大人なので、あまり子ども扱いしすぎず、大人の女性として接しましょう。

年齢を言い訳にしない

年の差があると、彼女よりも最新の情報に疎かったり、食の違いや体力の違いなど、ギャップを感じることもあるでしょう。

しかし、「歳だから・・・」というような発言をすると、相手も冷めてしまうし、いちいちフォローするのもめんどくさい。

彼女との違いもあるとは思いますが、一緒に楽しむことが重要です。

コミュニケーションをしっかりとる

年齢に関係なく、男女の考え方の違いはあります。
そのため、心で思っているだけでなく、口に出して伝えることが重要!

年の差があれば、性別の違いに加えて年齢の違いも加わるので、よりコミュニケーションが大切になっていきます。

まとめ

いかがでしたか?

年下彼女は、フレッシュさだけでなく、意外なギャップだったり、さまざまな魅力がたくさんあります。

この記事を参考にしていただき、素敵な年下彼女をゲットしてくださいね!