人見知りって恋活に不利なの?人見知りのあなたにもおすすめ!3つの恋活方法とは

大人になっても人見知りという人は
結構多いですよね?

「人見知りだから恋活(婚活)には向いていない・・・」

そう思ってる方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ人見知りをウリにすることだってできますよ!

今回は、人見知りの方向けに、恋活のおすすめ方法や、恋活をするためのポイントをご紹介したいと思います。

人見知りの人が恋活が苦手な理由

苦手意識を持ってしまう原因がわかればその対処法もわかります。

そのため、恋活を成功させるために、人見知りの方がなぜ恋活に苦手意識を持ってしまうのか、その原因を見ていきましょう。

初対面が苦手

初対面の人と会う時は誰でも緊張しますが、人見知りでしかも異性となると、より緊張してしまいます。

どんな人なんだろう、何を話そう、どんなテンションで話せばいいんだろう、など不安なポイントがたくさん・・・。

また、少しでも自分をよく見せたいと思うとどんどん空回りしてしまいます。

会話が苦手

がんばって話しかけられたとしても、会話を続けるのはなかなか困難。

質問はできてもその返答から話を広げていくのはテクニックが必要です。

人見知りの場合、質問でいっぱいいっぱいになってしまって、その先の会話を考えるのが難しくなってしまうのです。

仲良くなるのに時間がかかる

慣れてしまえば普通に話せるけど、仲良くなるまでに他の人より時間がかかってしまいます。

また、無意識に壁を作ってしまう人も多いので、仲良くなる前にこの人とは合わないかもと離れていってしまうことも。

壁を感じると相手も話しにくくなりますので、より距離が近づきにくくなってしまいます。

ネガティブになりがち

相手から褒められても、返しがうまくできずに「いえいえ・・・」だけで終わってしまったり、必要以上に否定したりして場を盛り下げてしまうこともしばしば。
自分がうまく話せないから盛り下げてしまったと自己嫌悪に陥ってしまうことも。

また、プライベートや職場では色んな人がいるので、中には冷たい人もいるでしょう。
その人から何か否定的なことを言われた時に、流すことが出来ずに引きずってしまい、よりネガティブになってしまう人も。

自己評価が低い

人見知りの人は、自己評価が低い方が多く、自分をアピールすることが苦手です。

合コンなどの出会いの場では、緊張も重なってよりアピールできないだけでなく、うまく自分を表現できなかった失敗をひきずり、
よりマイナス思考になるという負のループに陥ってしまいます。

また、自分から話しかけたりすることもできず常に受け身のため、良いなと思う人が出来ても、遠くから見てるだけ・・・ということも。

人見知りの方におすすめ出会い方法

出会いが無いけど、人見知りでどうやって探したらいいかわからない・・・。
そんなあなたへおすすめの婚活、恋活方法をご紹介いたします。

趣味のオフ会

ネットには、同じ趣味の人たちが集まったコミュニティーってたくさんありますよね。
その中にはオフ会を開催しているコミュニティーも。

オフ会というと人見知りにはハードルが高そうですが、事前にコミュニティー内でやりとりがあったり、共通の話題や趣味など、自分の好きなことであれば話やすいので、実は人見知りの方にもおすすめなんです。

仮にいい人にめぐりあえなかったとしても、お友達ができたり知らなかった情報が手に入ったり、自分にとってマイナスになることは少ないです。

また、例えば同じアーティストが好きだった場合、付き合ってから一緒にライブに行くなど楽しみも増えますよ!

婚活パーティー

婚活パーティーと言えば、フリースタイルで誰とでも好きなように話せるタイプや、1対1で全員と話すタイプなど、種類はさまざま。

大勢で話すのは苦手だけど、一人ずつなら話せるという方には、1対1で全員と話すタイプがおすすめです。

こういったタイプのパーティーであれば、自分から話しかけにいく必要はないし、一人ずつの時間も短いので、プロフィールカードの中から質問すれば、話題に困って沈黙・・・ということにもなりにくいです。

また、「料理婚活」とか「婚活バスツアー」など、男女で何かに参加したり、アクティビティを一緒にやるというものもあるので、1対1もちょっと・・・という人は、こういったものに友達と参加すれば自然体で過ごせますよ!

今は、婚活パーティーには本当にたくさん種類があり、人見知りやオタク向けのパーティーなんかもあるようです。

「年上がいい」「高身長がいい」など、自分の希望に合ったパーティーを探して参加してみてください!

マッチングアプリ

人見知りの方に一番おすすめの方法は、マッチングアプリやサイトでのネット恋活です。

ネット恋活の場合、一度にたくさんの人と出会えるので効率がいい、プロフィールの検索で好みの相手を探せる、ネット環境があれば外出先でも家でもできるので、仕事が忙しくても隙間時間にできるなど、メリットがたくさん!

また、婚活パーティーや合コンなどと異なり、事前に顔やプロフィールを確認できるし、メールでのやりとりをしてから直接会うので、いきなり2人きりで会うよりも話やすくなるし、ハードルも下がります。

ただし、ネットでのやりとりだからこそ注意が必要なところも。

ネットなので、別人の顔写真を載せたり年をごまかしたりすることも簡単です。
なんなら性別だってごまかせてしまいます。

だからこそ、Twiiterなど誰でも登録可能なSNSではなく、セキュリティが整っていて、身分証の提出が必要なアプリやサイトを使用するようにしましょう。

人見知りに向かない恋活方法

今までは、おすすめの恋活方法をご紹介しましたが、次は人見知りの方にはあまりおすすめできない恋活方法をご紹介してきたいと思います。

フリースタイルの婚活パーティー

1つ目は、完全フリータイム制の
婚活パーティーです。

こういったパーティーは、自分から話しかけられる人であれば1対1のパーティーよりも興味のない人と話す必要がないし、お目当ての人と長く話すこともできるのでおすすめです。

しかし、人見知りの場合は、自分からアタックするなんてかなりハードルが高め・・・。
また、一人では勇気が出ないからと友達と参加した場合、せっかく婚活パーティーに行ったのに、結局女子同士で一番話していたなんてことも。

そのため、人見知りの方が婚活パーティーに行かれる際は、おすすめの項目で記載したように、1対1で全員と話す時間が設けられているタイプの方がおすすめです。

街コンや合コン

こちらも、フリースタイルのパーティーと同様に、自分からアピールできる人にはおすすめですが、アピールが苦手な人には向きません。

特に街コンは、一か所に大勢の人がいるため、良いなと思う人がいても一言も話さずに終わってしまうということもザラ・・・。
また、何店舗かで開催している場合、移動に時間がかかってしまい話す時間が少なくなってしまいます。

合コンも話すのが得意でないと、輪の中に入って自分をアピールするのはなかなか難しいです。
また、相手がイマイチだった場合も2時間程度はそのメンバーで過ごさなければならず効率的ではないので、おすすめできません。

恋活が成功するためのポイント術

次に、人見知りのあなたに向けて、恋活を成功させるためのポイントをご紹介したいと思います。

人見知りだとはじめから伝える

思い切ってはじめから「人見知りだからうまく話せないかも」ということを伝えておきましょう。

そうすることで、たとえ会話が弾まなかったとしても「つまらないからではなく、緊張しているからなんだ」とわかってもらえます。
また、自分が引っ張ろうと、相手も多少リードして話やすくしてくれるかも!

ただし、人見知りと伝えさえすれば、あとは何もせずムスっとしていてもいいというわけではありません。ちゃんと自分からも会話をする努力や姿勢は必要なので、間違えないようにしてください!

笑顔でいる

どんなに会話が苦手だとしても、笑顔だけは忘れないようにしましょう。

会話が弾まなくて笑顔もないと、とても不愛想に見えてしまいます。

逆に、笑顔を絶やさなければ会話が止まってしまっても不愛想に見えることはないですし、一生懸命さが伝わり、きっとプラスにとらえてくれますよ!

聞き役にまわる

人見知りを克服しようと思ってもなかなか難しい・・・。そういう場合は聞き役に徹するようにしましょう。

しっかり目を見ながら相槌をうち、相手から質問があった場合は、それに答えるようにするだけでも以外と会話は続きます。

でも適当に受け流すような相槌はNG!相手の話は真剣に聞くようにしましょう。
また、できればこちらからもいくつか質問できるといいですね。

初対面の場合では難しいですが、事前にプロフィールなどを確認できるのであれば、会う前にいくつか質問や話題を考えていくとスムーズですよ。

相手を褒める

褒められて嫌な人っていないですよね?

メールを送る際や会話に困ったときは、なんでもいいので相手を褒めてみましょう。
さりげなく「その服おしゃれですね」とか、料理の話題が出たら「料理得意なんてすごいですね」など、ちょっとしたことで大丈夫です。

大げさに褒めたり、なんでもかんでも褒めたりすると逆効果になってしまうので、やりすぎには注意しましょう。

プロフィールはしっかり埋める

婚活パーティーやマッチングアプリでは、プロフィールの記入が必要です。
その際、言葉ではうまく伝えられない分、文章でしっかり伝えましょう。

しっかりプロフィールを埋めていけば、相手も話しかけやすいし、自分のことを知ってもらいやすいです。

逆に、話も苦手でプロフィールも書いていないと、相手には自分に興味がないのかなとか冷やかしで来ているのかなと思われてしまいますよ。

共通点を見つける

話しかけたいけど、なんて声掛けたらいいかわからない・・・。

そんな時は、再度プロフィールや持ち物など、何か共通点を探してみましょう。同郷だったとか、同じ趣味があるとか服の好みが同じとか。

共通点があると「僕もそれ好きです」など、話しかけるきっかけになりやすいです。

また、共通の話題を見つけられれば、お互いに話しやすくなるだけでなく、この人とは話が合うなと印象アップできるかも!

今後デートに発展した際にもその共通点を利用して誘いやすくもなりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

人見知りの人は、一歩を踏み出すのにとても勇気がいりますよね。
でもそれは短所ではなく個性ととらえて、前向きに進んでいきましょう。

また、ラブサーチではメッセージ以外にブログやコミュニティーなどもあるので、
人見知りの場合でも、少しずつ自分を知ってもらったり、相手を知っていくことができ、徐々に仲良くなることも可能です。

ぜひラブサーチも活用してみてください!