恋人は欲しいけど結婚は嫌!そんなあなたへの恋活ポイントとは?

一昔前は、ある程度の年齢になると、男性は奥さんと子供を養い、女性は子供を産み家庭を支えるという考えが当たり前の時代でした。

最近はどんどん晩婚化が進んでおり、それだけでなく、恋人は欲しいけれど結婚にはこだわらない、もしくはしたくないという人も増え、生涯未婚率も上がっています。

そこにはそれぞれいろんな理由があるようです。

恋人は欲しいけど結婚したくない理由

まずは、結婚したくない・結婚願望がないという方の意見をご紹介します。

時間とお金を自由に使いたい

まず、お金に関してですが、最近では共働きの家庭も増え、夫婦で別の財布というところも多いです。

以前は、奥さんが財布を握りお小遣い制という家庭が多かったため、窮屈さを感じる方も多いですが、以前よりは多少解消されつつあります。

しかし、結婚式や旅行のために貯金をしたり、家のローンをどうするか、生活費の割合をどうするかなど、いくら財布が別といっても独身とまったく変わらないということはありません。

そのため、稼いだお金はすべて自分で使いたいという人には結婚は向いていません。

時間についても、たとえば今までは何も気にせず飲み歩いていたのに、「何時に帰るの?」「ご飯はいるの?」など、必要最低限の連絡は必要になります。

飲み会が何日も続けば文句を言われることだってあるでしょう。また、結婚をすると、休日に家族の時間だって必要です。

このようにすべて自分勝手に動けるわけではないので、自分のペースを崩したくない人は、結婚したくないと思う方が多いようです。

1人が気楽

結婚をすると、別居婚や週末婚を除き、旦那さんや奥さんと一緒に住むという方が大半ですよね?

今まではひとりなので、片付けや掃除、食事の時間など、すべて自分のタイミングで動くことが出来ました。

しかし、誰かと一緒に住むということは、お互いの起床や出社時間などの生活リズムが違ったり、お皿はすぐに洗いたい・あとから洗いたいなどの生活のちょっとした価値観のずれが積み重なっていきます。

あとは、例えば何かコレクションをしている場合、勝手に触れられたくない、荷物が増えて収納場所がなくなったなど、今までになかった問題が発生することもあります。

仕事が大切

次に、お仕事が好き、もしくは忙しくて結婚まで考えられないという人です。

もちろん結婚していても子供がいても仕事をすることは可能です。

しかし、独身とまったく同じように打ち込めるかと言われると微妙なところ・・・。

小さい子供がいれば熱を出すこともしょっちゅうあります。仕事を早退したり、欠勤したり、予定が狂うことも多々。

特に女性の場合、妊娠をしたら、どれだけやる気があっても産休や育休で休む期間が生じるため、全く同じというわけにもいきません。

また、起業したい・転職したいという場合も、独身の時と同じように自分だけで判断することはできず、家族と相談が必要になります。
そういったことを踏まえて結婚は必要ないと考える方も多いようです。

子供を持つつもりがない

子供が欲しいと思わないから結婚もしなくていい。という方も増えています。

結婚となると子供についても考えますよね。
恋人と意見が合わない場合もあるし、2人では意思疎通が取れていても、周りから「子供は?」と聞かれる度に説明するのもめんどくさい・・・。

大人だけで過ごすのであれば、別に入籍にこだわる必要もないので、特に結婚は考えないという人もいるようです。

人間関係が煩わしい

結婚は2人だけのことではありません。
お互いの両親や兄弟など、親戚もたくさん増えます。

そのため、気がのらなくても親戚の集まりに出席しなければならないなど、めんどうなことも増えていきます。

また、仕事関係や友人関係であれば、うまく関わらないようにすることもできますが、義母や義父とそりが合わない場合は、まったく関わらないわけにもいきません。

そういったことも
結婚へのハードルを上げているようです。

収入が少ないから

特に男性に多いのが、自分の収入が少なく、家族を養っていけないからという人です。

現在は共働きも多いですが、やはり家族を養えるだけの収入は欲しい。でも自分の生活でいっぱいいっぱいで結婚まではちょっと・・・。という方も多いのではないでしょうか?

1人でももちろん生活費がかかりますが、結婚をすると家を買うならローンもあるし、子供ができたら養育費もかかります。

万が一、職を失っても自分ひとりならなんとかできても家族を巻き込むわけにはいきません。

そのため、金銭面に余裕ができるまでは結婚はできないと感じるようです。

他の人と恋愛できない

結婚をすると、当たり前ですがその相手と別れるまでは、他の人と恋愛することはできません。
また、もし離婚したいと思っても、カップルのように簡単に別れることもできません。

そのため、一人に縛られたくない、まだまだ遊びたいという人は、言うまでもなく結婚には向きません。

結婚=幸せと思えない

たとえば、自分の両親がケンカばかりしていたり、知人が家庭の愚痴ばかり言っていたりと、周りに幸せそうな人がいないため、結婚に良いイメージが持てないという人です。

確かに、TVでも毎日のように不倫報道や離婚報道などが流れてくるし、周りにも幸せな人がいなければ、なかなか結婚したいとは思えないですよね・・・。

結婚しなかった場合のデメリット

もしこのまま結婚をしなかった場合、何かデメリットはあるのでしょうか。
いくつかご紹介していきたいと思います。

周りからのプレッシャー

今は結婚しない人も多く、以前に比べれば独身生活が長くても珍しくなくなりました。

しかし、「結婚はまだ?」「いい人はいないの?」などと聞かれることもあります。
年齢を重ねるほど、親や親戚から口うるさく言われるなんてことも多いのでは?

また、いい年齢なのに結婚をしていないのはどこか欠陥があるのでは?と勝手に勘繰られることもあるようです・・・。

経済面や医療面での不便さ

今は不自由なく暮らせていても、今後、病気やケガで働けなくなったり、何らかの理由で失業してしまうことは誰にでも起こりえます。
そんなときに家族がいればどちらかの収入で食いつなぐといったこともできますが、一人だと・・・。

また、入院するときや手術が必要なとき、家族しか書類にサインができない、面会できないといったことも多々あります。
入院中のいろんな手続きや準備なども自分でしなければいけません。
そんなとき、不便さを感じやすいようです。

老後が心配

現在、どんどん年金が少なくなっており、自分たちの時代にはもらえるのかすら危うい状況。
きちんと貯蓄が出来ていないと、一生働くことになります。

病気で倒れてしまった時、誰かと同居していれば早く気付いてもらえますが、一人では・・・?
また、子供や孫がいれば、面倒をみてくれたり手助けをしてくれるかもしれませんが、一人であれば老後もすべて自分で解決しなくてはなりません。

結婚願望がなくてもできる恋人の作り方

次は、結婚願望がない人に向けて、恋人の作り方のポイントをご紹介します。

さまざまな環境を利用する

出会いを探そうとすると、どのようなイメージを持ちますか?合コンや街コン、マッチングアプリなどが思いつきやすいでしょうか。

そういった場には、真剣度の高い婚活パーティーだったり、友達作りのためのカジュアルなパーティーなど、様々な種類があります。

しかし、年齢が上がると、
どんどん結婚要素が高まってきがち。

そのため、「ネットの出会いは嫌!」というように出会いの範囲を限定せず、さまざまな環境で出会う人数を増やすということが重要です。

また、婚活のみを目的としたマッチングサイトやアプリよりも、ラブサーチのように、婚活だけでなく幅広い出会いが見つかるサービスを利用した方が、同じ価値観を持つ相手が見つかりやすいですよ!

こだわりポイントをなくす

環境と同様に、
相手へのこだわりを減らすことをおすすめします。

もちろん絶対に譲れないポイントなどは引き続き大切にして、ルックスが良くないとダメ、収入が〇〇円以上じゃないとダメなど、どんどん範囲を狭めていくことでより見つけにくくなってしまいます。

また、注意的として結婚願望が無い人は、結婚を迫られる可能性が低く不倫したい人にとって、都合のいい相手。

そのため、スペックが高いのに結婚願望がないと言っている人は、既婚者の可能性もあるので注意してください。

いくら居心地がよくても実は不倫だった・・・なんて嫌ですよね?

また、今は結婚したくないと思っていても、出会った相手によって気持ちが変化する場合もあるので、「結婚したくない」という点にあまりこだわりすぎずに出会いを探すことも、素敵なパートナーに出会える秘訣です!

結婚願望がないことをできるだけ早く伝える

一番重要なポイントは、結婚願望がないことをお付き合いする前に必ず伝えておくということです。

自分には願望がなくても相手が結婚を望んでいた場合、伝えていないとトラブルの元になります。
また、相手の時間も無駄にしてしまいますよね。

そのため、できるだけ早く相手に伝え、結婚したいと言われた場合には早めに手を引くようにしましょう。

結婚したくないあなたにおすすめの恋人候補

次に、「結婚はしたくない。でも恋人は欲しい」という方におすすめのタイプの方をご紹介したいと思います。

学生・新社会人

ご自身の年齢や好みにもよりますが、一般的に学生であれば結婚願望が強いという人は少ないです。
また、働き始めたばかりという人も、ゆくゆくはしたいかもしれませんが、今すぐ結婚という人は少ないのではないでしょうか。

若すぎると思うかもしれませんが、学生といっても大学院や専門学校であれば、年齢層も幅広いです。

ただし、学生の場合、何歳であろうとあくまでも学生なので、収入は低い可能性が高いです。
そのため、豪華なデートやプレゼントなどは期待しない方が賢明です。

仕事熱心の人

「結婚したくない理由」でも記載したとおり、仕事に夢中の人は仕事の方にベクトルが向いているので、あまり結婚に興味ない、もしくは固執していないという方が多いです。

また、収入もしっかりあり、精神的にも恋人に依存するという人が少ないのでお互い自立した生活が送れます。

実家暮らしの人

実家暮らしが長ければ長いほど、今の生活が楽だから家から出たくないという人が多いです。
結婚をすれば、家を出なくてはいけないのであまり乗り気ではない・・・と考えているかも。

ただ、こういう人は料理や掃除など、母親がやっている場合が多く、自分ではなにもできない、したくないという人もいるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

最近は、結婚することや子供を持つことが絶対的な幸せという考えは無くなってきました。
しかし、古い考えの方もまだまだたくさんいらっしゃいます。

何かと傷づくことを言われるかもしれませんが、今は多様性の時代ですし、人生は1度しかありません。

周りのことは気にせず、自分が「楽しい」「幸せ」と思える選択をしていってくださいね!
その中の一つの選択肢として結婚を考えていただけると嬉しいです。

お互いに楽しくお付き合いできる相手が見つかるといいですね!