スポーツジムでの出会い!トレーニング&出会いを両立するには?

運動不足解消やダイエットを効率的に行えるスポーツジム。運動を目的にジム通いをする人は多いですが、なかには素敵な人も通っていて、「この人と出会いたい!」と思うときもあるでしょう。

とはいえジムは運動目的で通っているものなので、仲良くなれるきっかけはなかなかありません。

この記事では、ジム通いでトレーニングをしつつ、出会いも両立できる方法をご紹介します。

ジムでの出会いはなかなかない?

スポーツジムは運動する場所のため、恋愛関係を築くのはなかなか難しいという印象があります。

実際、ジムですることと言えば運動以外にあまりありません。黙々とプログラムをこなしトレーニングをするだけだと、ジムでは誰とも話さずに終わることだってあるでしょう。

しかし、きっかけさえあれば出会いを得るチャンスはあります。トレーニングをしつつも、出会いを探してみるといいですね。

きっかけはある!

「女性限定」のスポーツジムなど性別が限定されていないのなら、異性と出会う可能性はゼロではありません。異性はその場にいるのです。あとは、出会いのきっかけを探るだけ。

例えば、スタジオではヨガやダンスプログラムなど、何かのレッスンがあると思います。こういったレッスンは雰囲気もよく、メンバー同士で雑談をすることもあるものです。

レッスン終了後、スタジオからでる前に「さっきのポーズは難しかったですね」「他におすすめのレッスンはありますか?」など、勇気を出して話しかければ少しは話せるでしょう。

また、同じ器具を使ってトレーニングしている人がいれば、その器具の使い方を聞いたり、あるいはアドバイスをしたりする機会もでてきます。初めて使う器具のときは特に質問してみるといいですね。

ジムは運動しているときのみならず、休憩中も絶好の出会いのチャンスです。相手がリラックスしているときなら、いつ話しかけてもOK。特に相手がプロテインを飲んでいるときなら、プロテインの効率的な飲み方やおすすめのプロテインを聞いてみるのもいいですよ。きっと、喜んで話してくれると思います。

出会いのある時間帯や曜日って?

スポーツジムに通う人は、いつも同じ時間帯や曜日に通うことが多いです。特に平日の夜や土日が多いですね。あなたも毎回同じ時間帯や曜日に通うようにすれば、自然と顔見知りができてくるもの。

もしも顔見知りと目が合うときがあれば、「いつもこの時間帯にいらっしゃいますね」「お仕事帰りですか?」などと声をかけてみるのもおすすめ。

とはいえ、トレーニング中に話しかけるのは相手の邪魔になってしまいます。声をかけるときは区切りがついたときを狙ってください。

自宅、あるいは職場から近い場所にあればそれだけ通いやすくなります。営業時間が長いジムも思いついたときにさっと行けるのでおすすめです。「銭湯代わりにジム!」という気持ちでトレーニングに行くのも、トレーニング後の楽しみがあってジム通いが続きやすくなりますよ。

ジムのプログラムに出会いあり

スポーツジムでは、ヨガや体操などのプログラムが組まれています。これらのプログラムは複数人で参加するため、気になる異性が参加していることもあるでしょう。

共通のレッスンをしているからこそ、話題作りはしやすくなります。まずは初めてレッスンを受けるときに、「私はこのレッスンは初めてなのですが、どんな感じかご存知ですか?」「同じく初めての方ですか? 緊張しますね」などと話しかけるといいですよ。

初めて同士だと、お互いに仲間意識が生まれるきっかけを作れます。レッスン終了後に「難しかったですねー!」などと話しかけてみると、共感してもらえるかもしれません。共感を得られれば、それだけ仲も深めやすくなります。

プログラムはこなせばこなすほど上達していくものです。2回通うだけで違いを実感できるときも。そうなると、続けるのが楽しくなりますよ。顔見知りもできて、出会いのチャンスもアップ。プログラムを軽々とこなせるようになれば、トレーニングの成果もしっかり感じられると思います。そうすれば、通う意欲もより湧くでしょう。

インストラクターと仲良くなるには

スポーツジムで一番親しく接する相手といえば、インストラクターです。せっかく運動をするなら、インストラクターに指導してもらったほうが効率はかなりいいです。

ダイエットと同じく、運動も停滞期を起こすかもしれません。そんなとき、インストラクターから適切な指導を受ければモチベーションも上がるもの。トレーニングを続けるためには、サポートしてくれる存在が重要となります。いいジム通いにするためにも、インストラクターはつけるほうがいいですね。

インストラクターに運動のことを教えてもらうのはもちろん、慣れてくればプライベートの話もたくさんできるようになります。

例えば、運動終了後に「しっかり教えてもらえて助かりました。このお仕事、長いんですか?」「以前はどんなお仕事をされていたんですか?」と話を振れば、プライベートの話も聞き出せると思います。

プライベートの話題ができるようになれば、二人の仲が一歩進んだ証拠。あなたから積極的に攻めたいときは「ダイエットして婚活に励みたいんです!」と、恋の相手を探していることをほのめかしてもいいですよ。相手はあなたを意識してくれるかもしれません。

ただ、「仕事は仕事」と割り切るタイプのインストラクターにはなかなか通用しない技です。そういう相手のときは、無理にプライベートの話題は振らないようにしましょう。「雑談の多い面倒な客」と思われてしまったら、今後の進展が望めなくなります。

スポーツジムはあくまで運動をする場所。もしも出会いが見つからなくても、モテボディにはなれます。そうすれば、別の場所で出会いをゲットできるかもしれません。頑張ってくださいね。