10歳差の年上彼氏を作ろう!年上男性へのアプローチ方法

10歳差の年上彼氏を作ろう!年上男性へのアプローチ方法

落ち着きを持った年上の男性に引かれる女性も少なくはないでしょう。

大人の魅力あふれる男性と付き合うにはどうすれば良いのか、どんな女性になら恋愛対象としてみてもらえるのかをお話ししていきたいと思います。

恋愛対象として見ていることをアピールする

5歳ぐらいの差のある男性なら、恋愛対象としてみてもらえるでしょうが、10歳差にもなると、恋愛対象としてみてもらえないという問題が出てきます。

「恋愛対象としてみてもらえない」というと子供っぽくて興味を持ってもらえない、子供としてしか見ていないと言う問題だと思えますが、10歳差の男性との問題はそれだけではありません。

10歳差の男性との問題は、相手から子供扱いをされるというよりは、「自分はおじさんで、恋愛対象ではないだろう」と男性側が自身が相手の恋愛対象ではないと思い込んでいるパターン。

歳が10も離れた女性が自分を好きになるわけがない、と自ら壁を作ってしまうんです。

その為、10歳差の年上男性を好きになったのならば、自分から積極的にアプローチしていく必要があります。恋愛対象としてみてもらう為のアピールの他に、「恋愛対象としてみています」というアピールをする必要があるんです。

「年上男性が好きなんです」とはっきり言ってしまっても良いですし、「頼りになる優しい人がいい」「甘えさせてくれる人がいい」と言った風に年上を連想させる言葉でのアピールも良いでしょう。

ガツガツするのは良くないですが、素直で可愛らしいのは年下の魅力です。正直に相手に好意を見せていけば、相手も恋愛対象としてきちんと見てくれる様になるでしょう。

年上男性へのアプローチ方法

年上男性へのアプローチ方法

ここからは、10歳以上年齢差のある年上の男性へのアプローチ方法を一緒に考えてみましょう!

気になる年上男性がいる場合は、その方と会話をしているところなどをイメージしながらアピール方法を考えれば、きっと彼もあなたの方を振り向いてくれるはず。

相談事をする

男性にとって、頼りにされるのは嬉しいことです。悩み事などがあるのならば、相談をして、相手を頼りにしているということを見せましょう。年下だからこそ、相手に少し甘えても「助けてあげないと!」と思ってもらえます。相手の庇護欲を刺激しましょう。

相談に乗ってもらうときは、「○○さんに聞いて欲しいと思った」「○○さんなら頼りになるから」と相手を頼りにしていること、相手が特別だということを伝えましょう。

相手を信頼しているから相談をするということを伝えることで、こちらが相手に心を開いているということも伝わります。

もちろん、相手のアドバイスは素直に聞いて、きちんと行動しましょう。

問題が解決したら、相手のおかげで上手くいったということを伝えましょう。感謝の気持ちをしっかりと伝えることで、相手も満足しますし、また相談に乗ってあげようと思ってもらえます。お礼にプレゼントを渡したり、食事を奢ったりするのも良いかもしれませんね。

家事が得意な事をアピールする

家事が得意なことをアピールしよう

家事が得意なことをアピールするのは、相手に恋愛相手として意識させるのにいい方法です。

貴方がまだ歳が若いのならば、年上男性は貴方のことを若いのに家事がしっかりできる真面目で女性らしい素敵な人だと見てくれるでしょう。

年上の男性は、結婚相手を探していることも多いです。そのため、家を任せられる、家事が得意な女性を結婚相手として意識します。「年下なのに意外としっかりしている」「良い奥さんになりそう」と貴方に対する認識も変わリやすいでしょう。

男性を落とすときには胃袋をつかめと言いますが、体に気を使ったおいしい食事を作ることができるのはとても好印象です。歳が多い男性なら、健康に気を使っていることも多いです。「お弁当を毎日作っている」「休日は料理やお菓子作りを楽しんでいる」など、会話の中で料理好きをアピールしてみましょう。

尊敬していることを伝える

男性はプライドが高いです。特に年下に尊敬されていると言われれば、とても喜びます。

仕事や性格の面など、尊敬していること、憧れていることを言葉にして伝えましょう。

特に相手が真剣に取り組んできたことの話などをしっかりと聞き、そこを褒めると良いでしょう。自分が努力してきたことを理解し、尊敬してくれる女性は男性にとって特別な存在になります。

10歳差の年上男性は、人生経験が豊富で大人の魅力を持っています。尊敬している部分、素敵だと感じている部分がたくさんあるはずです。貴方が感じている相手の魅力を素直にしっかりと相手に伝えていきましょう。

人として尊敬しているということを伝えることで、年齢差を気にしがちな年上男性に、「貴方だから好き」ということを理解してもらうことができます。

それが相手の自信に繋がり、「自分を尊敬してくれる大切な存在」を相手は自分に必要な存在としてみてくれます。

礼儀正しい所を見せる

10歳の差がある年上男性と付き合うのなら、丁寧な言葉遣いや態度など、礼儀正しいことは重要です。

彼と同じくらいの歳の女性は、年相応の落ち着きと上品さがあり、礼儀もしっかりとわかっている人が多いでしょうから、そういった女性に負けない様にしっかりと礼儀正しさを身につけなければいけません。

年上の男性に好きになってもらいたいのなら、外見の若さや可愛らしさだけでなく、礼儀正しい言葉遣いやマナーなど、振る舞いの美しさが必要になります。

一緒にいて、相手に恥をかかせるようなことがないように気をつけましょう。

年相応の可愛らしさや素直さがありながらも、彼につり合うような言葉遣いやマナーがしっかりした大人の女性なら、あなたは彼にとって歳の近いの女性たちよりもそばにいて欲しい存在になれるでしょう。

仕事に理解を示す

仕事への理解を示す - 10歳差の男性へのアピール方法

10歳差の年上男性は仕事で役職についていたりなど、多忙な人が多いです。彼の仕事に対して理解を示すことで、面倒な女性でないことをアピールしましょう。

仕事で忙しい男性は、女性ばかりをかまっていられないので、仕事に対して理解のある、自分を支えてくれる女性と付き合いたい、結婚したいと考えています。

自分よりずっと若い女性に対し、「遊びたい年頃だろう」、「仕事ばかりの男ではつまらないだろう」、「いつも一緒にいたがるかもしれない」そんな風に考えている可能性もあります。

仕事を頑張っている相手を尊敬していることを伝えて、仕事に対して理解があるという所をみせましょう。

相手が忙しいときや連絡があまりないときも、頻繁に連絡するのではなく、相手からの連絡を待つ様にしましょう。相手と会えない時間は自分磨きの時間と考えて、一人の時間を思う存分楽しみましょう。

仕事に対して理解を示し、連絡がなくても文句も言わずに待ってくれ、自分一人の時間も楽しんでいる女性なら、男性も安心してお付き合いすることができます。

もちろん、一緒にいられるときには、一緒にいられることが嬉しいことを伝えて、思い切り甘えてみましょう。

共通の話題をもつ

年上男性と付き合うときに相手が一番気になるのが、ジェネレーションギャップです。若い相手と話が合わないかもしれない、つまらないかもしれないということは付き合えるかどうかに関わってきます。10歳も歳が違えば、流行の物に触れた年代も違い、価値観も違ってきます。

相手が話が合わないなと感じることが少ない様に、共通の話題を増やしていきましょう。

彼に趣味があるのなら、自分も興味を持って見たり、相手に話をしてもらったりすると良いでしょう。自分も興味が持てる分野なら自分も趣味として始めて見るのも良いかもしれません。

彼の立場に立って、彼の年代なら気になるであろう問題や話題を探してみるのも良いでしょう。

人は共感してもらうことで相手に心を開きやすくなります。彼の興味があることを調べて、彼の話題に共感できる様にしましょう。

まとめ

10歳差の年上男性と付き合う方法を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

若さは魅力にもなりますが、10歳も歳が違うとなると、恋愛対象としてみてもらうことが難しくなってきます。相手に対する気持ちをしっかりと伝えつつ、自分の良さをアピールすることが大事ですよ。

若さや可愛らしさを売りにするのではなく、若い良さは残しつつも、きちんとした大人の女性として見てもらえる様に頑張ることが大事です。