年下女性へのアプローチ方法!大人な魅力を使って口説き落とすコツ

年下女性へのアプローチ方法

年下女性への気持ちの伝え方で悩んでいませんか?気になる女性に振り向いてもらうには、相手に合わせたアプローチの仕方を考える必要がありますよね。

特に今まで年下の女性と付き合った経験がなかったりすると、思いを伝えたくても年下女性の考えていることや好きな男性のタイプが分からず、声をかける勇気が持てないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は年下女性へ上手にアプローチするための方法をご紹介します。年下女性のことをしっかり理解して、自信を持ってあなたの気持ちを伝えましょう!

年下女性から好かれる男性のタイプってどんな人?

年下女性がどのようなタイプの男性を求めているか分かれば、より効果的なアプローチの方法を知ることができるはず。

ですので、効果的なアプローチの方法を考えていく前に、どんなタイプの男性が年下の女性から好かれるのかをチェックしておきましょう。

大人の魅力や包容力が感じられる

女性は年上の男性に対しては、同い年や年下の男性にはないオトナな魅力を求めています。

年下女性と同年代の男性は、デートの時にも女性を楽しませようという気持ちを忘れ、仕事の忙しさや成功談など自分のことばかり話してしまいがち。こんな時、女性は年上の男性が持つ魅力に憧れます。

オトナの男性なら自分の話をちゃんと聞いてくれて、グチをこぼしてもやさしく受け入れてくれるはず・・・一緒にいるとリラックスした気持ちにさせてくれる包容力。女性が年上の男性に求めるのはオトナの落ち着きなんです。

自分から動いて女性をリードできる

自分から動いて女性をリードできる

女性が困っているのを見かけたら、自分から進んで助けてくれる・・・そんな頼もしさも年上の男性の魅力です。

年上の男性は今まで多くの人と出会い、さまざまな成功や失敗を経験しています。女性にアドバイスする時も自分の経験を活かしていることが多いので、決断に迷いがなく説得力が感じられますよね。

デートの時も自分からプランを立てて女性をリードしてくれるので、年上の男性とお付き合いを始めてからスケジュール帳を見るのが楽しみになったという女性も多いんです。

子ども扱いせず対等な立場で接してくれる

女性はオトナの男性に対して、年下だからと子ども扱いせずに、対等な関係でいてほしいと思っています。

年上の男性とお付き合いしていると、女性は自分が子どもっぽく思われていないか気になってしまうことも。デートの時にごちそうしてもらうなど、男性にやさしくされるだけではなく、自分からも何かしてあげたい、対等なお付き合いがしたいと考えているんです。

年下でも自分を子ども扱いせず、同じ目線で接してくれる男性なら、お互いのいい所を見つけて一緒に成長することができそうだと思えますよね。オトナの男性が自分を大切にしてくれていることが分かって、女性は安心できるんです。

一緒にいると自分の知らない世界を体験できる

一緒にいると自分の知らない世界を体験できる

今度のデートでは、どんな新しい体験ができるかな?そんなドキドキも女性が年上の男性に期待する魅力のひとつ。

夜景の見えるラウンジでデートしたり、同じ映画を見てもまったく感想が違ってビックリしたり。年上の男性と一緒に過ごす時間は、いつも新鮮な楽しさでいっぱい。女性は自分の世界が大きく広がったように感じることができるんです。

うまくいく年下女性へのアプローチ方法

年下女性に好かれる男性のタイプが分かったら、具体的なアプローチの方法を考えていきましょう。

あなたの気持ちを上手に伝えるには、同い年・年上の女性とは違った接し方が必要になってきます。年下女性が喜ぶポイントをしっかり押さえておきましょう。

年下女性が喜ぶ場所に誘ってみよう

年下女性が喜ぶ場所に誘ってみよう

夕陽のキレイな海や星がよく見える高原など、普段はなかなか行くことのできない場所に年下女性を誘ってみましょう。

年下女性はオトナの男性と過ごす時間に、普段とは違ったサプライズを期待しています。そのため、ロマンチックな場所で過ごす時間は男性のイメージを大きくアップしてくれるんです。

この人と一緒にいれば、これからも楽しいことがありそう!と期待してもらえますよ。

こまめに連絡して好意をアピールしよう

こまめに連絡をする

年下女性からの印象をアップさせるには、こまめに連絡することが大切。あなたの気持ちを積極的にアピールしていきましょう。

男性は普段、あまり電話やメールで連絡せず、必要な要件だけを相手に伝えることが多いですよね。特に年上の男性には毎日忙しくしているイメージがあり、恋人に対してもあまり連絡はしないのかなと年下女性は考えています。

そんなイメージのある年上男性だからこそ、こまめに連絡すればあなたの好感度は大きくアップ。忙しいのに自分のために時間をつくってくれているんだと、女性は嬉しくなりますよね。

相手のいい所を積極的に褒める

年下女性のいい所を見つけたら、恥ずかしがらずに積極的にほめていきましょう。

あなたの好きな人が、同い年・年下の相手としかお付き合いしたことがなかった場合、年上の男性が考えていることがわからず、アプローチされても不安になってしまうことも。

年下女性にあなたの気持ちを受け入れてもらうためには、性格やファッションなど、相手のいい所を積極的にほめていくことが大切。こんなに私のことを分かってくれる人なら年上でも楽しくお付き合いできそうと、女性に安心してもらえますよ。

相手を必要とする気持ちを態度で示そう

年下女性にアプローチする時は、相手を必要とする気持ちをハッキリ態度で示しましょう。言葉にしなくても気持ちは伝わるはず・・・そんな考えはNGですよ。

女性を好きになった理由を伝えずに自分の魅力ばかりアピールしていたら、こんなにスゴいオトナな男性に私は必要なのかなと、女性がとまどってしまいますよね。

男性は自分の気持ちを素直に伝えることに照れてしまいますが、相手のことを大切に思うなら、勇気を出して女性への思いをシッカリ伝えましょう。

大人の余裕が感じられる態度を心がけよう

大人の余裕が感じられる態度を心がけよう

女性が年上の男性に求めるのは、落ち着きのあるオトナな魅力です。

気になる女性にアプローチする時に、絵文字だらけのLINEやメールを送るなど、子どもっぽい姿を見せたらガッカリされてしまいますよね。

食事に誘う時もあらかじめ店の予約を済ませておくなど、オトナの男性らしいスマートな態度を心がけましょう。

年下女性へのアプローチで注意するポイント

年下女性へアプローチする時は、オトナの余裕と相手を思いやる気持ちを忘れずに。ここではアプローチでのNGな態度や注意点をご紹介します。

年下扱いをしない

年下女性へのアプローチでは、相手が年下であることを意識しすぎないようにしましょう。

女性は年上の男性に対して、自分のことを子ども扱いせず、対等な関係でいてほしいと思っています。そのため、オトナの余裕を見せようとして高価なプレゼントなどのアプローチをした場合、女性を怒らせてしまうこともあるんです。

ハードルをあげすぎない

年下女性にアピールする時は、相手のハードルをあげすぎないように注意が必要です。

年下女性へのアプローチでは、オトナの魅力を見せて自分を好きになってもらおうと、高級な施設やお店をよく利用しているなどのウソをついてしまうことも。

あまりハードルをあげすぎてしまうと、アプローチが成功してお付き合いが始まった時に、女性からの期待がプレッシャーになってしまいますよね。

まとめ

今回は、年下女性へ上手にアプローチするための方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

年下女性に気持ちを伝える方法は分かったけれど、どういう場所に行けば出会えるのか?そんなお悩みを抱えた方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、年下女性と出会うための場所についても今後の記事でご紹介する予定ですので、今回の記事と合わせてチェックしてみてくださいね!

この他にもラブサーチマガジンでは、年下女性へのお悩み以外にも、さまざまなジャンルの恋愛をテーマにした記事をご紹介しています。ステキな恋を楽しみたい方は、ぜひご覧になってみてくださいね。