バツありや子持ちは恋愛対象外?ワケありカップルが良い恋愛をするための秘訣とは?

現代では離婚は珍しくいことではなくなり、母子家庭や父子家庭もよくある家族の形となりました。
過去に離婚歴がある人が恋愛するのも再婚するのも難しい時代ではなくなりましたが、マッチングサービスでは離婚歴があると不利になるのではないか?と気にして、新たな一歩が踏み出せてない人も少なくないのが現状です。

そこでラブサーチで恋活・婚活中の男女に、婚姻歴のあるお相手が恋愛対象になるのか、アンケートを実施しました。
アンケート回答者の婚姻歴の分布は下記の通りで、男女とも約半数が離婚歴のある構成となっています。

離婚歴があっても恋愛対象になると考えている人が大多数


男女ともに婚姻歴があるお相手でも恋愛対象になると考えている人が80%以上という結果になりました。
「YES(なる)」と解答した人の意見を紹介していきます。

●自分がバツありなのでお相手に初婚は求めません。(40代・男性)
●今どきバツイチくらいなら気にしない。(30代・男性)
●離婚原因によるけど、その人が有責の不倫や金銭トラブルでなければ気にならない!(30代・女性)
●同じ年代で初婚の相手を探すのは難しそうなので。(40代・女性)
●バツイチ同士で気楽な関係の恋愛がしたい。(40代・女性)

前述の通り今回アンケートの参加者も離婚歴がある人が半数以上なので、自分と同じように離婚歴があっても恋愛対象になると答えた人の割合が高くなったと考えられます。

一言で離婚歴ありといっても、人それぞれ理由や状況が違うので簡単にYESとNOだけで分けることは出来ませんが、今時バツイチだからという理由で恋愛まで諦める必要はないということになります。

そもそも、30代半ばを過ぎると異性と新しく出会う機会が年々減っていきます。離婚歴があるからという理由だけでお相手を恋愛対象から外していると、良い出会いのチャンスを失ってしまうことになりかねません。

むしろ離婚の経験をしているからこそ、次の恋愛では幸せになりたい、幸せにしたいという思いでお互いを大切にすることが出来るかもしれません。

また、過去の境遇に共感できるバツあり同士で恋愛をしたいと考えている人も非常に多く、デメリットだと思われがちな離婚歴が逆にメリットになることもあります。
最近では再婚活をメインに支援している婚活サービスも増えてきており、特にマッチングサービスにその傾向が見られます。

マッチングサービスは結婚相談所やお見合いパーティーより気軽に始めることが可能で、利用者の年代や利用目的ごとに選択肢が広がります。
ラブサーチにも、双方に離婚歴のあるカップルが意気投合し再婚にいたるまでの体験談が掲載されています。

ただし、離婚理由が不貞行為や借金などお相手本人によるものの場合は、恋愛相手としてリスクが高いので十分にお相手とコミュニケーションをとる必要があります。
恋愛に夢中になり始めた頃は「自分だけは大丈夫!」と舞い上がってしまいがちですが、人間はそう簡単に変われる生き物ではありませんので注意が必要でしょう。

シンママ・シンパパとの恋愛は難しい?

次に、「婚姻歴のある人でも恋愛になる」と答えた人に、お相手に子供がいても恋愛の対象になりますか?という質問をしたところYES(なる)と回答した割合がかなり下がってしまいました。

<「YES(なる)」と答えた方>
●恋愛対象にはなるが、お子さんの年齢やタイプによる。(40代・男性)
●自分も前妻との間に子供がいるので気にしないけど相手の事情に合わせます。(40代・男性)
●自分にも子供がいるので相手に子供がいても気にしないが結婚となると難しそう。(30代・女性)

<「NO(ならない)」と答えた方>
●好きになった人に子供がいたら考えるけどマッチングサービスで希望条件が絞れる状態であえて子持ちの方は選ばないというのが本音。(30代・男性)
●既に1度離婚しているので面倒くさいことを増やしたくない。家族って意外と大変。(30代・女性)
●お相手とお子さんの関係によるが積極的にしたいとは思わない。(40代・女性)

詳細を見ると単純にYESかNOかというよりも、どちらも自分とお相手の状況によっては恋愛対象になりえるし、無理なら恋愛関係に発展しないという選択をしたいと考えている人が多く、女性で「その他」を選んだ方も、「成人していればOK」「同居していなければ」などお相手の状況によると解答している人がほとんどです。

子供が既に自立している場合は子供の生活に親の恋愛が影響をすることはなく、再婚も好意的に受け入れられる可能性が高いですが、未成年の場合は自分たち親の恋愛より何よりも子供が優先になることは間違いありません。

同居をするのに引越しが必要な場合は学校が変わるかもしれないし、再婚をする場合には苗字が変わってしまう可能性もあります。
そして、親の恋愛が子供にあまり良い影響を及ぼさない可能性があることも考慮すべきでしょう。

既に自分にも子供がいる、または将来的に自分の子供が欲しいと考えている人にとって、子持ちのお相手との恋愛は、心情的または経済的に難しいと考えている人が少なくないのが現状です。

結婚という形にとらわれすぎず恋愛を始めよう

お互い、またはどちらかに離婚歴があるカップルやお互いに子持ちのカップルだと、結婚したことで発生するリスクや家族間のトラブルを恐れて関係を進めることに二の足を踏んでしまいがちです。

パートナーとして信頼し寄り添っていきたい相手が見つかったときは、「事実婚」という選択肢もあることを忘れないでください。日本でも法整備が進んできており正式に結婚をしている夫婦と同等の権利が一部認められています。

ただし、事実婚の状態であるが故に家族と認められず悲しい思いや苦労するこがないとはいえないのが現状なので、予め家族間で話し合っておくことが必要です。

お互いの状況や家庭の事情を考慮して、事実婚でいるメリットとデメリットのどちらが大きいのかを考えて、生活に合ったライフスタイルを送ることが長くパートナーでいられる秘訣なのではないでしょうか。

×