大切なのは愛?それともお金?

結婚は何かとお金がかかる

結婚を意識したときに切っても切り離せないもの。それは「お金」です。 男女関係なく、結婚を意識した際に相手の年収や貯蓄が全く気にならないという人はいないと思います。それは年収が高い人と結婚したい!!という単純な願望ではなく、結婚をして新しい家庭を築くという将来を設計する上で、必ずお金の話は必要になるのです。

恋愛はお金がなくても楽しいかもしれません。しかし、結婚をして子供ができたときや老後のことを考えたらお金はあった方が良いに決まっています。そこで、現在ラブサーチを利用して恋活、婚活中の男女に結婚とお金についてアンケートを行いました。

恋人の年収は気になりますか?

YESと答えた方

  • 今のご時世、片方の収入だけじゃ辛い(20代・男性)
  • 結婚相手ならば重要度が高くなるけれど、あくまで目安。(40代・女性)
  • 年収に合わせて生活設計する必要があるから(30代・女性)

NOと答えた方

  • 自分が養っていくつもりなので(30代・男性)
  • 収入と収支のバランスが重要だと思う(40代・男性)
  • 贅沢よりも素朴な毎日の幸せが大切(40代・女性)

男性よりも女性の方が、結婚相手を選ぶ上で年収は非常に重要な項目と考えている人が多い結果となりました。子供を望んだ場合に、女性は産休や育休を取得したり時には会社をやめたり、どうしても働けなくなる時があります。その期間の収入は夫の給料だけになるので、家計が成り立つくらいの年収がある人と結婚をしたいというのが女性の本音になります。

結婚相手に望む年収はいくらですか?

女性が結婚相手に求める年収で最も多かったのは「500万円~700万円」という回答でした。自分の年収と合わせると世帯年収が1,000万円ほどになるからという理由が多く見られました。 結婚相手に年収1,000万円以上を望んでいる女性が2割近くいる一方で、世帯収入で1,000万円を結婚の目安にしている女性がその倍以上いる結果となっています。

男性の方も6割近くが「300万円~500万円」を希望しています。年収300万円はフルタイムでの勤務していないと稼ぐのはなかなか難しい金額です。妻に専業主婦を望む男性は今となっては少数派で、経済力のある女性が結婚相手に選ばれやすい結果となりました。

ご利用は計画的に

結婚相手に望む貯金はいくらですか?

男性は「~300万円」を選択しているのが全体の7割と高い結果となりましたが、あまりにも貯金額が低かったり借金がある場合は相手の金銭感覚を疑ってしまうかも…といったコメントがチラホラありました。結婚後も独身時代と同じように無駄遣いが多かったり貯金ができないようでは結婚生活に不安を感じてしまいます。

女性は「300万円~500万円」と回答した人が全体の約3割となりました。次いで多かった「500万円~700万円」と合わせると半数を超える56.8%となります。 婚活市場でメインの20代後半から30代の貯金額として考えると、上記の金額は決して高すぎるという額ではありません。相手に1,000万円以上の貯金額を希望している女性が2割弱いる一方で、過半数の女性が現実的な貯金額を相手に望んでいることが分かります。

現代の女性の多くはお金持ちとの結婚、すなわち玉の輿に乗りたいと考えているわけではありません。堅実に2人でお金を貯めていけるような男性を結婚相手に望んでいるようです。 結婚後も出産やマイホームの購入など人生の節目で具体的な目標金額を決めて、夫婦で計画的に貯金をしていける関係が理想かもしれませんね。

アンケートコラムTOPへ

×