不倫をしているアナタは大丈夫?修羅場を迎えないためにできること

不倫をしているアナタは大丈夫?修羅場を迎えないためにできること

「あのひとに限って不倫なんて・・・」悲劇とは本来起こるはずのないできごと。それは不倫も同じです。

不倫がどれだけ甘い夢でも、夢はいつか終わりを迎えます。そして夢の終わりは悲しみのはじまり。待ち受ける修羅場はあなたの人生を大きく狂わせることになってしまいます。

今回は、現在不倫をしてしまっている方や、魅力的な既婚者に出会ってしまって心が動いている方に向けて、不倫や浮気をして修羅場を迎えないためにすべきこと・できることをいくつかピックアップしてご紹介をさせて頂きたいと思います。

修羅場を避けるために注意したいポイント

不倫に必要なのは最後までウソをつき通す覚悟や、不倫によっての大きなリスクを最初に知っておくことです。

不倫はバレてしまうと修羅場になるケースも多く、最悪の場合、あなたはすべてを失ってしまうことも。そんな事態を避けるため、不倫で注意したいポイントをご紹介します。

既婚者であることを隠さない

既婚者であることを隠さない

将来の修羅場を避けるためにも、不倫では結婚していることをオープンにしましょう。最初から既婚者であることを明かせば、相手もあなたが本気ではなく割り切った遊びなのだと思うでしょう。

ですが既婚者であることを隠して不倫した場合、「結婚を知られたくないということは、もしかして本気なのかも・・・」と相手に期待を持たせてしまい、関係がこじれてしまうこともあるんです。

不倫相手を自宅に呼ばない

あなたの家はパートナーにとっての家でもあります。そんな勝手知ったる我が家に不倫相手を招くのは絶対にNGです!毎日自分が暮らしている場所で起きたことは、ほんのわずかな変化も見逃しません。

ベッドのズレや落ちている髪の毛、バスルームの使用跡・・・はじめは気づかなくても不倫を続けていれば、小さな違和感はやがて疑いに、ついには確信となって破滅の日が訪れます。

子どもの目を意識する

子どもの目を意識する

子どもの前で不倫相手と電話やメールでやり取りするのは避けましょう!まだ小さいからわからないだろうなどと考えてはいけません。子どもは親の行動をよく観察しており、見たもの聞いたものを何でも話します。

もしあなたのパートナーに「今日パパ(ママ)、いっぱい電話でお話してたよ!」などと話されてしまっては、その時点で疑惑が生まれます。そしてパートナーが「ちょっとスマホ見せてくれない?」と言おうものなら、その時点であなたはゲームセットです。

連絡にLINEを使わない

いまやほとんどのスマホユーザーが利用しているLINE。スムーズにコミュニケーションが取れる手軽さが魅力ですが、その反面、LINEから不倫がバレてしまうケースは後を絶ちません。

急にスタンプの種類が増える、不倫相手へのメッセージをうっかりパートナーに送ってしまう、LINEを使っている時にパートナーから隠れて操作するなど、イージーミスや不自然な仕草からバレてしまうケースが多発。ほかにもパスワードを知られていることに気づかず、こっそりパートナーにスマホを見られて発覚というパターンも。

不倫に本気にならない

不倫に本気にならない

「不倫は目的ではなく、恋愛を楽しむための手段」どんなに不倫が楽しくてもこのことを忘れないようにしましょう。別宅を用意して二人だけの生活をはじめるなど、不倫にハマってしまえばどこかでウソがバレてしまいます。

不倫の恋は期限付きの恋。不倫相手とは恋人以上でも以下でもない関係を維持し、それ以上の進展を求めないようにしましょう。例え別れてしまっても、これを機にパートナーや家族の幸せを改めて考えるなど、自分を振り返るチャンスを得たのだと捉えましょう!

気持ちに余裕を持つ

仕事がうまくいかず、パートナーと最後に話した日は覚えていない・・・家にも職場にも自分の居場所がなく、常に孤独を抱えている。そんな限界ギリギリの状況での不倫には要注意です。

自分から進んでプレゼントを用意したり、豪華な旅行に連れていったり、さびしさと孤独からはじまった不倫は相手に依存し、いまの関係を維持するためなら何でもしてしまいます。既婚者であることを隠し、ウソを重ね、不倫に疲れきってボロボロになった時、はじめて自分がしていたのは恋愛ではなく現実逃避だと気づくのです。

急にパートナーへの態度を変えない

人は後ろめたいことがあると、罪悪感を隠すために普段とは違うアクションを起こしがち。急にプレゼントを渡したり、ディナーに誘ったり、滅多にしない家族サービスをはじめたり・・・

素直に喜んでくれるパートナーなら問題ありませんが、勘のいいパートナーの場合は注意が必要です。理由のない愛想のよさは不自然さのカタマリであり、不倫を疑われるリスクを高めます。不倫でときめいても、後ろめたさがあっても、急にパートナーへの態度を変えることなく普段と同じ態度を心がけましょう。

周りの不倫経験者の声を聞く

周りの不倫経験者の声を聞く

不倫を続ければ、いずれあなたは立ち止まり、このまま秘密の恋を続けていいのかと悩む日が来るでしょう。それは例えば、自分を信じ、愛してくれるパートナーや子どもの笑顔を見た時に・・・

そんな時、周りに不倫経験者がいれば彼らの体験談を聞いてみるのもいいかもしれません。

不倫の果てに何が待ち、どんな結末を迎えることになるのか、それは経験者にしかわかりません。彼らの話を聞き、パートナーや家族、そしてあなた自身が後悔しない道を選びましょう。

あなた自身のためにも後悔のない選択を

どんなに不倫が楽しくても、その楽しさはパートナーや家族への裏切りと引き換えに得たものです。そしてあなたの大切なひとを悲しませないためにも、不倫のウソは絶対につき通さなければなりません。

ですが、もしあなたに不倫への後悔や罪悪感があるのなら、そしてパートナーや家族の顔が思い浮かんでしまうのであれば、一度立ち止まり、今までの過去とこれからの未来を考えてみるのもいいかもしれません。

不倫をするなら常に最悪の状況をイメージし、あなた自身が後悔することのない道を選びましょう。