結婚してもときめきたい・・・。セカンドパートナーって何?そのルールとは

セカンドパートナーという言葉を聞いたことはありますか?

いまいちよくわからない、結局不倫じゃないの?など、今回は巷で増えているセカンドパートナーについて、ご紹介したいと思います。

セカンドパートナーってそもそも何?

セカンドパートナーとは、その名の通り2番目のパートナー。つまり旦那さんや奥さん、彼女、彼氏がいる人が、本命のパートナー以外のパートナーという状態です。

結婚していて、奥さんや旦那さんを愛しているし離婚は考えていないけれど、ときめきや恋人気分をもう一度味わいたい!とか心を許せる異性が欲しいという方が肉体関係なしの異性と交流をもつ相手のことをセカンドパートナーといいます。

セカンドパートナーのルール

セカンドパートナーには、
いくつかルールがあります。

まず一つ目は「身体的な接触はしない」こと。

法律的に「不貞行為」は、肉体関係の有無で判断されます。そのため、セカンドパートナーを求める人達は、手はつなぐけれど、キス以上の関係は持たないことで、不倫と線引きをしています。

二つ目は、「お互いのパートナーとの関係は壊さない」です。

セカンドパートナーはあくまで「セカンド」。
いくら好きだったり精神的につながりがあったとしても、優先すべきは家族だったり恋人です。

そのため、会いたくても相手が家族との約束があれば会えないし、離婚してほしい、別れてほしいなど、セカンドパートナー以上の関係を望んではいけないのです。

セカンドパートナーを求める理由

結婚していたり、恋人がいるにも関わらず、セカンドパートナーを求める理由はなんなのでしょうか。

相手に不満があるのなら、正式に別れてから次を探せば?と思う人もいますよね。
しかし、セカンドパートナーにはそんな一筋縄ではいかない理由や目的があります。

ときめきや刺激が欲しい

一人の相手と長い時間過ごしていると、嫌いになったわけではないけれど、異性としてドキっとしたり、刺激は無くなっていきます。

また、恋人や夫婦ではなく家族のようになってしまって、異性として見てもらえていない・・・と感じたときに、異性として扱ってくれるのがうれしくて、セカンドパートナーを求めてしまうようです。

気軽に話せる異性が欲しい

学生時代は、性別など関係なくフランクに遊んだり出かけたりできても、結婚すると、生活のリズムも変わりなかなか旦那さんや恋人以外の異性と話す機会ってなくなりませんか?職場が女性のみの場合は、コンビニの店員さんや、宅配便の人くらいしかいないという人も多いと思います。

同性の友達とのおしゃべりも楽しいですが、男性と女性では意見が異なることも多いので同性からは得られない違う意見をもらえたり、特に女性の場合は、友達との間でも変な気遣いなど、気にしながら話すこともあります。

そのため、まったく利害関係もない異性の方が、何も考えずにフラットに話すことができていいのです。

心の拠り所を作りたい

結婚生活が長くなると、お互いがなあなあな関係になり、気遣いが少なくなってきませんか?

大人になればなるほど、褒められることもなくなってきますよね。
そんな時、さらっと愚痴を聞いてくれたり褒めてくれたり、そんな人がいたらいいなぁと思う気持ちもわかります。

妻や夫、母や父ではない一人の人間としての時間を欲している人は多いです。

男(女)としての自信がつく

やはり、いくつになっても男性として女性として自信は持っていたい!
でもパートナーからは男扱い、女扱いされない・・・。という人もいるのではないでしょうか。

そんな時に、「かわいいよ、かっこいいよ」など、褒めてもらえる人がいれば、それだけで「まだ自分は捨てたものじゃない!」と自信を持つことが出来ます。

生活に余裕が持てる

家や職場で、いつもならイライラしてしまうような言動をされても、自分に自信を持てたり、セカンドパートナーとのデートが楽しみになれば許せてしまう。

心が寛容になれば、ストレスが減って周りに優しくできたり、生活に余裕が持てるようになります。

セカンドパートナーって許されるの?

セカンドパートナーの印象を聞くと、「結局浮気(不倫)でしょ」とか「浮気を体のいい言葉に変えただけ」など、圧倒的に悪印象の方が多いです。

やはりいくらプラトニックだからといって、デメリットがないわけではありません。次はそんなデメリットについてもご紹介したいと思います。

離婚リスク

自分のパートナーもセカンドパートナーの存在を知っていて容認しているという人以外は、体の関係がなくても、相手が好意的に捉える可能性は低く、離婚原因にもなりかねません。

法律的には「不貞行為」と認められなかったとしても、夫や妻が自分以外の相手に恋愛感情や好意を持っているという状況を「嬉しい!」と思う人はいないでしょう。

そうなると、セカンドパートナーの存在がバレれば夫婦間の関係が悪化していき、最終的に離婚となる可能性も大いにあります。
むしろ、体だけの関係より精神的につながっている関係の方がつらいという人も多いです。

セカンドパートナーとの関係がうまくいかない

体の関係と違い、プラトニックな関係は、よりお互いの精神的な信頼や繋がりが大切です。

特に、セカンドパートナーの場合は、どちらかが本気になってもダメ、冷めてもダメ、お互いが同じレベルの気持ちを保たなくてはうまくいきません。

普通の夫婦や恋人同士でも、関係を築いていくのは大変ですが、セカンドパートナーという特殊な関係性の場合はより複雑で難しいのです。

セカンドパートナーに向かない相手

そんな複雑な関係性なゆえ、セカンドパートナーには向いている人と向いていない人がいます。次は、セカンドパートナーには向かない特徴の人についてご紹介します。

嫉妬深い、依存体質

あくまでもセカンドパートナーは「セカンド」でなくてはなりません。また、セカンドパートナーになっている相手も、既婚者や恋人がいる人の場合がほとんど。

そのため、依存体質の場合、本当のパートナーよりもセカンドパートナーに依存してしまったり、ストーカーのように執着してしまい関係性がこじれる可能性もあります。そのため、依存体質の人はセカンドパートナーにしない、作らない方がいいでしょう。

惚れやすい、恋愛体質

依存体質と同様に、熱しやすく冷めやすい人、惚れやすい恋愛体質の方もセカンドパートナーには向いていないでしょう。

一般的にセカンドパートナーは長期的な付き合いになることが多いです。
コロコロ相手を変えるのもさまざまなリスクが生じる可能性が高く、あまりおすすめできません。

また、依存体質と同様に惚れやすいということは本気になりやすいということでもあるので、セカンドパートナーの域を超えてしまう可能性も高くなります。

セカンドパートナーの作り方

セカンドパートナーが欲しいと思った時、みなさんはどのように探しているのでしょうか。

同窓会

ドラマにありそうなシチュエーションですが、同窓会はわりと定番の出会いの場となっているようです。

久しぶりの再会ってドキドキワクワクしますよね。

同窓会であれば、身元もしっかりしていてある程度お互いを知っている状態なので、結婚しているということも事前に知れるし、どちらかが意図的に関係を壊すという状況にもなりにくいです。

ただし、お互いの共通の知人も多いので、二人の関係が分かった場合、理解されなかったり、自分のパートナーにバレてしまう可能性もあるので注意が必要です。

マッチングアプリやサイト

一番相手を見つけやすい方法は、マッチングアプリやサイトがおすすめです。

マッチングアプリやサイトであれば、相手も同様の相手を探しているので事前に既婚か否か、どんな相手を探しているのか意思疎通が取れますし、共通の知り合いがいるという可能性もとても低いです。

ただ、やはりネットでの出会いなので、身分を偽っていたり、プラトニックではなく、セフレや不倫相手を探していたということもありますので事前にしっかりと見極めましょう。

習い事

同窓会のように知り合い同士は嫌だけど、マッチングアプリのようなネットの出会いには抵抗があるという方に、習い事はおすすめの出会いの場です。

習い事であれば、内容やクラスを選べば同世代の方と知り合うこともできますし、週に1回など、定期的に同じメンバーに会うので仲良くもなりやすいです。

ただし、あくまでも相手は恋愛ではなく学びに来ていて、1回に関りがある人数も少ないので、セカンドパートナーを求めている人に出会えるかどうかは、他の方法に比べるとなかなか難しいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

セカンドパートナーは肉体関係がないとしても、世間的には非常にグレーな関係と捉えられることが多いです。

また、本文内にも記載したように、家庭を壊してしまうリスクも大いになりますので、セカンドパートナー作りは慎重に!

セカンドパートナーは憧れるけど、リスクが怖い・・・という方は、まずは異性の友達作りを始めてみませんか?

ラブサーチでは、コミュニティやブログなど、コミュニケーション重視のサイトなので、気軽にいろんな話ができる異性の友達が欲しい!という方も多数登録されています。ぜひ試してみてくださいね!