Twitterでの出会いはリスク大!裏垢女子は狙わず出会いサイトを使おう

Twitterなら無料で出会える&年下のカワイイ女の子とオフパコ(=オフでパコる)できる!そんな風に勘違いしている男性は少なくないですよね。

出会い&恋活アプリの場合、男性はほとんど有料。

無料で登録できたとしても、お相手の女性とやりとりする際にはポイント消費を含めて課金が発生します。それを考えれば、無料で女の子と出会えて、さらにおいしい思いができるとなれば、Twitterに飛びつきたくなる気持ちも分かります。

でも、ちょっと待って!世の中、タダほど怖いものはありません。

ここでは、Twitterを出会い&恋活アプリ代わりに利用する危険性とリスクについて、詳しく解説していくことにします。

裏垢界隈にはエッチな出会いを求めるツイートがいっぱい

Twitterで出会いを探す場合、メインで利用している本垢とは別に裏垢を取得するのが一般的。本垢はリアルの友達や会社の同僚などに繋がっていたりするので、出会い厨まがいのツイートやエロ垢ばかりフォローするわけにもいかないですから。

裏垢を持っている人は、男女問わず誰の遠慮もなく、本垢では言えないような過激&欲望にまみれたツイートを投稿します。すべての裏垢がエロ目的ではないにしろ、現状は裏垢=エロと言いたくなってしまうような状況ではあります。

ところで、そもそもTwitterは純粋なコミュニケーションを目的としたツールです。出会い&恋活アプリのように、異性との出会いに特化したサービスではないので、当然プロフィール検索はありません。

では、どうやって出会いを探すかというと、ハッシュタグを使って同じ目的を持つ相手を見つけ、繋がるというわけ。

代表的なハッシュタグとしては

#裏垢
#裏垢女子
#裏垢男子
#裏アカ男子とつながりたい
#裏アカ女子とつながりたい
#オフパコ

あたりでしょうか。

これ以外にも「#セフレ募集」など、そのものズバリのハッシュタグも多く目にしますし、ここに掲載するのが憚られるようなハッシュタグも相当数見かけます。これらのハッシュタグで検索して、好みのタイプの裏垢女子を見つけたらフォローして、DMで声をかけて……が、出会うまでの流れですね。

ちなみに、裏垢界隈の人たちのツイートを見ると、アダルトサイトと見紛うエロ画像だらけだったり、オフパコの実況も珍しくないので「もしかして簡単に出会えちゃう?」と錯覚してしまうかも知れません。

Twitterにもいた!裏垢女子を装う援デリ業者

裏垢女子の中には、援デリ業者も潜んでいます。

援デリ業者とは、素人女性を装って援助交際をさせる買春斡旋業者のこと。あらゆる出会い&恋活サービスに会員登録をして客引き行為をしているのですが、もちろん無料で利用できるTwitterでも絶賛営業活動中。出会いあるところに、援デリ業者あり!ですね。

援デリ業者の場合、男性を誘導するためにエロ画像を掲載して

「セフレ募集中♪」
「イチャイチャしてくれる人いないかな(〃▽〃)」

などと投稿します。実際は、こんな生ぬるい投稿に留まりませんが……。

何しろ商売ですから、ツイートの数もハンパない。頻繁にエロツイートをして、多くの見込み客を集めようとします。また、プロフィールには顔写真を掲載しているので、Twitterで出会いを探している男性たちは「こんなカワイイ子とオフパコ(*゚∀゚)=3ハァハァ」と妄想が膨らんでしまうというわけです。

援デリ業者の詳細は「その女の子は援デリ業者かも?甘くてエロいメッセージに要注意!」を参照してください。出会いサービス、Twitterとツールの違いはあれど、やっていること&見分け方はまったく同じです。

ある意味狡猾。先払いを要求するアマギフ援交詐欺

Twitterで援助交際相手を求める裏垢女子の中には、料金先払いを条件とする人もいます。

「待ち合わせをしても、ドタキャンされることが多かったからちょっと心配」
「安心して会えるように、保険として先払いして欲しいな」などなど。

この場合の料金先払い方法は、Amazonギフトカード(アマギフ)をはじめiTunesカード、Google play、楽天などのギフトカードです。コンビニでギフトカードを購入したら、コード部分の写メをDMで送信すれば受け渡し完了ですが、その後、なぜかブロックされて音信不通になってしまいます。

この手口を使っているのは、主にJC、JKを名乗るアカウント。

女子高生が好条件で援助交際を持ちかけていることもあって、騙される男性が後を絶ちません。ところが、被害に遭った男性側も「女子高生を買春しようとした」との罪悪感もあるので、泣き寝入りしかないという状況。

そこに付け込んだ詐欺なので、ある意味狡猾というわけです。

Twitterは18歳未満と出会ってしまう大きなリスクが

ラブサーチをはじめとする出会いサービスや婚活&恋活アプリは、異性紹介事業者としての届出が必要で、利用者全員に18歳以上かどうかの年齢確認が法律で義務付けられています。高校生を含む18歳未満の人たちがサービスを利用できないよう、制限をかけているというわけですね。

利用する側は、運営会社に対して運転免許証など身分証のコピーを提示する煩わしさがありますが、しっかり管理されているので安心して出会い探しができるとも言えます。

一方でTwitter。本来はコミュニケーションツールであって、いわゆる異性との出会いを目的としたものではないので、年齢確認が義務付けられているわけではありません。

年齢制限はないので、18歳未満……高校生はもちろんのこと、中学生、小学生あたりもアカウントを持っていたりします。複数アカウントが取得できるので、前述したように裏垢を取得して出会い探しをすることだってできちゃいます。

最近、Twitterで18歳未満の女子と知り合い、みだらな行為をしたとして逮捕される事件をニュースで良く見かけませんか?Twitterで出会う怖さはコレなんです。

Twitterで出会い探しをする最大のリスクは、年齢確認がなされていないこと。もちろん、出会いサイト恋活アプリと比べれば、年齢確認の必要がないので手軽に利用できるメリットはあります。ただし、裏垢でエロいツイートをしてセフレを募集している子が18歳以上なのか、18歳未満なのかは分かりません。

18歳未満の女子を相手に援助交際をしてしまえば、児童買春や児童ポルノ処罰法に触れる恐れがあります。相手には罰則はなく、買った側の大人が100%加害者。5年以下の懲役または300万円以下の罰金という重い罪が課せられます。

また、金銭のやりとりがなくても、18歳未満の女子と性行為をすることは青少年保護育成条例違反となります。各都道府県によって量刑は異なりますが、最も厳しい東京都の場合は懲役2年、罰金100万円以下。18歳未満と知らなかった場合はこの限りではないようですが……。

こうしたリスクを鑑みると、会費の支払いがあったとしても、年齢確認然り、管理体制がしっかりしている出会い&恋活アプリを使った方が安全&安心ではありますね。会費をけちったばかりに、18歳未満の女子に手を出してしまった……なんてことになったら、目もあてられないですから。